まだ下を向くときではない!


負けました…10月11日の三菱電機戦以来の敗戦です。

富士通レッドウェーブ 46-50 トヨタ自動車アンテロープス

今日は第1Qの2得点に始まり、終始、オフェンスで波に乗りきれませんでした。
悔しいっ。

しかし、まだ下を向く必要はないと思っています。
なぜかって?

レッドウェーブの根幹であるディフェンスが崩れていなかったから。

得点の46は確かにこれまでと比べると少ないですが、失点の50も少ない。
失点が少ないとは、つまり、いいってことです。

ボールマンへのプレッシャーもしっかりかけていたし、ポジショニングも悪くない。
相手の走り込みに対しても、しっかりと対応していました。
…第1Qを除く。

終盤、レッドウェーブが追いかけたい場面、裏を返せばトヨタ自動車にとっては突き放したい場面。
そんなときに指先まで神経を研ぎ澄ませてシュートチェックをしていたことで、トヨタ自動車のシュートは何本も外れていました。

終盤のディフェンスへの意識の高さは、あっぱれです。

もちろん、最終盤にそうして外れたシュートのリバウンドを取れなかったことは、オフェンスとは別の反省ですが……。

反省点のほうが多い試合でしたが、よかったところも忘れずに、それを継続し、さらに伸ばすことも長いリーグ戦では大事なことだと思います。

下ばかりを見ていても、そこには何も落ちていません。
負けを受け止め、明日からまた前を向いて、突き進むのみ。
ゴールは今日のゲームではない。

本日はみなさんの熱い声援に応えられませんでしたが、レッドウェーブはこの敗戦を糧に、さらに強くなってきます。
引き続き、熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


昨日より今日を大切に!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

昨日の快勝を経て、今日もトヨタ自動車アンテロープスとの連戦になります。

当然、相手は敗因を追究し、修正してくるでしょう。
1日でそれをやってのけるからこそ、リーグでも屈指の強豪チームなのです。

しかし、それはレッドウェーブだって同じこと。
昨日快勝したからといって、今日も楽勝。

……なんて思っている選手、スタッフは誰一人いません。

よりよいバスケットを展開するために、

昨日より今日

の姿勢で臨みます。

14時ティップオフ
海老名運動公園総合体育館は、小田急線厚木駅から徒歩15分ほどです。
ぜひレッドウェーブに力を。

🔗 試合速報はコチラ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


オフェンスだけ……じゃない!


今週から、これまで以上に厳しい戦いとなる、リーグ屈指の強豪との星のつぶし合い。

まずはトヨタ自動車アンテロープス戦。

勝ちました。

富士通レッドウェーブ 63-45 トヨタ自動車アンテロープス

苦しい場面もありましたが、相手の実力を思えば勝ち切ったことに意味があります。

得点面でいえば#11シィ(篠崎)が21得点でチームを勝利に引っ張りましたが、今日、陰でいい仕事をしたのは

#0モエコ(長岡)です。

得点こそ12得点と、シィ、#10ルイ(町田:14得点)に次ぐ、3番目の数字でしたが、リバウンドは両チームトップの11本

しかも、内10本がディフェンスリバウンド。

ディフェンスから速い展開の攻撃に持ち込むことを得意とするレッドウェーブにとって、ディフェンスリバウンドはその根幹ともいうべきプレー。

それをしっかりと見せてくれたのです。

しかも、写真こそありませんが(…すいません)、今日はモエコのブロックショットからゲームが始まっていて、ディフェンスでもいい仕事をしてくれました。

昨シーズンまでは、どちらかといえば常に得点ばかりを意識していたところがありました。
今シーズンも、得点への意識は高く持っています。
だって、レッドウェーブのエースですから。

それはそれでいい。

でも、今シーズンはオフェンスだけじゃなく、ディフェンスやリバウンドといった、泥臭いところへの意識も高めて、チームの勝利に貢献しています。

そしてチームメイトが倒されれば、いち早く駆け付け、抱き起すのもモエコ。
そんな優しさも兼ね備えたレッドウェーブのエース。

レッドウェーブファンのみなさん、選手として、また人として、モエコはまだまだ進化の真っ最中にいます。

明日も海老名運動公園総合体育館で、14時から、トヨタ自動車と対戦します。

エースの進化をぜひみなさんの目で見てください。

明日も激しく、華麗に勝~つ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


新旧対決!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

レッドウェーブは本日

トヨタ自動車アンテロープス海老名運動公園総合体育館でゲームをおこないます。

現在11勝1敗でリーグ3位のレッドウェーブに対して、トヨタ自動車は10勝2敗で4位

そう、星の差はたったのなのです。

負けるわけにはいきません。

え、相手には元WNBA選手やら、日本代表歴のある選手がゴロゴロいるって?

いやいや、こちらだってアジアを制した今年度の日本代表が4人もいますし、

WNBAに行ってもおかしくない若きエースだっています。

新旧対決を、若さを武器に圧倒してみせましょう。

ティップオフは14時です。

今日もファンのみなさんと一緒に勝~つ。

🔗 試合速報はコチラ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


さぁ、ここから全員で!


多くの方に応援していただいたホーム・とどろきアリーナでのゲーム。

そんななかで密かに(?)、今シーズンの開幕を迎えた選手がいます。

#13ユキ(加藤)です。
1人だけ開幕が遅れ、ファンのみなさんにもご心配をおかけしましたが、無事に

完全復帰

しました。

本人曰く、

以前より体が動いている

というほどの復調ぶり。

金曜日のナイトゲームは約3分間の出場で無得点でしたが、

土曜日のゲームでは10分の出場で得点。

これが今シーズンの初得点のシーンです。
相手のブロックにも冷静なボールコントロールでシュートを決めていました。

178センチの高さを生かしたリバウンドも、これからドンドン取ってくれるでしょう。

これで少数精鋭の12名全員がそろいました。

ここから年内は

トヨタ自動車アンテロープス
デンソーアイリス
JX-ENEOSサンフラワーズ
シャンソン化粧品シャンソンVマジック

と、強豪チームとのゲームになります。

文字どおり、全員が一丸となって戦わなければなりません。
その意味でもユキの復帰は大きい。

さぁ、レッドウェーブの勢いはここからさらに加速しますよ。

みなさん、応援の準備はOKですか?

行くぞ、頂点。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP