女子日本代表チーム リオデジャネイロオリンピック競技大会出場権獲得祝賀会


9月21日(月・祝)、17:00から都内某ホテルにて、「女子バスケットボール日本代表チーム リオデジャネイロオリンピック競技大会出場権獲得祝賀会」が行われました。

レッドウェーブからも日本代表4選手、レイ(#1三谷)・ウィル(#15山本)・ルイ(#10町田)・シィ(#11篠崎)が参加させていただきました。

祝勝会では、川淵三郎JBA会長からお祝いのメッセージをいただき、賓客の橋本聖子さん(JOC常務理事)からも祝辞をいただきました。選手たちも改めて、オリンピックへの意識を強く持ち、より努力していこうと感じたことでしょう。

そんなみんなのインタビュー記事を、近日中に公開する予定なので、是非お楽しみに!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


リオ五輪出場権獲得!


やりました!女子バスケットボール日本代表チーム“ハヤブサジャパン”が、FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会(兼 2016年リオデジャネイロオリンピック アジア地区予選) で、見事に優勝!3大会ぶり(2004年アテネ大会以来)にオリンピック出場権を獲得しました!

レッドウェーブから参加したレイ(#1三谷)・ウィル(#15山本)・シィ(#11篠崎)・ルイ(#10町田)も大活躍!

何より嬉しいのは、それぞれが成長を見せて、この大会で自分たちの役割を果たしてくれたことです。

昨シーズンの新人王に輝き、ユニバーシアード日本代表を経て、フル代表でも貴重な戦力となったシィ。

昨シーズンの激闘を戦い抜いてファイナルに進出し、まさに日本を代表するガードになったルイ。

「昨年の世界選手権では、ほとんどコートに立つことさえできなかった。日本代表である意味を見つけたい」と話していたウィル。

そして、2011年長崎でのアジア選手権以来の日本代表候補入り。「自分に求められる役割を徹底する」と語り、決勝戦でも3Pを決めたレイ。

みんな、それぞれが成長し、自分たちの力を発揮した末に掴んだリオ行きの切符。嬉しくないはずがありません。この勢いをレッドウェーブにも持ち込んでもらって、もうすぐ開幕するWリーグも、もっと盛り上がることを期待しましょう!(photo by 三上太)

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


人間万事塞翁が馬!


先日、新しいシーズン開幕に向けて、BTテーブスHCにお話を伺いました。詳しくは後日チームサイトにアップしますが、少しだけ内容をご紹介しましょう。

BTテーブスHCは昨年の手応えと反省、今シーズンの状況や女子日本代表組のこと、新人や移籍選手のこと、キャプテンのことなどをしっかりと話してくれました。

そのなかでもやはりファンの方が気になるのは、チームの現状でしょう。

チームを陰で支えてくれていた中堅以上のメンバーが引退。さらに今シーズンは女子日本代表に5人の候補選手が選ばれ(←これは嬉しいことです)、練習などにおいてただでさえ少ない人数がさらに少なくなりました。

「昨シーズンはベンチ組がスタメン組に勝つことが何度もありました。若いスタメン組があれだけ成長できたのは、ベンチメンバーのおかげでもあったわけです」

BTテーブスHCは、そう言います。

レッドウェーブのモットーは、「練習は、試合よりも厳しい環境でおこなう」です。それを出すことが現時点では難しくなってしまいました。

しかし、考え方を180度変えてみると、人数が少なくゲーム形式の練習ができないときにこそ、個人のスキルを磨き上げることができます。

大人数のチーム練習では疎かになりがちな個人スキルを、今のうちにしっかりと磨いておく。
個人スキルは一朝一夕でできあがるものではありませんから、開幕直後は結果が出ないこともあるでしょう。
しかし、それを磨き続けることで、シーズン終盤の大事なゲームで力を発揮することもあるのです。

人間万事塞翁が馬、と言います。悪いことばかりは続きません。
今の苦しい時期を乗り越えれば、その先にはきっと光り輝く瞬間がやってくるのです。

苦しい時期を乗り越えようと必死にもがいている若いレッドウェーブを、今シーズンもよろしくお願いいたします<(_ _)>
そして今シーズンこそ、みんなで頂点に立ちましょう。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP