ファイナルは総力戦!


プレーオフ・セミファイナル勝利の興奮から、まだ覚めません。
7年ぶりのファイナル進出です。

7年前…当時、まだJOMOサンフラワーズだった、現在のJX-ENEOSサンフラワーズを破って、頂点に立ったファイナル。リーグ戦を2位で通過し(1位はJOMO)、セミファイナルでトヨタ自動車アンテロープスに連勝。

ファイナルは
勝ち
負け
勝ち
負け
そして最終第5戦までもつれこみながらも、最後は4つのQすべてで勝利し、Wリーグ初優勝を遂げたのでした。

そのときのメンバーを見てみると、今も残っているのは
レイ(#1三谷)
スカイ(#7中畑)
パル(#45名木)
の3人だけ。
しかし、その3人は今も貴重なバックアップとして、若いチームを後押ししてくれました。さすがはV戦士たち。

少し苦い話を付け加えると、その前年、初めてファイナルに勝ち上がったシーズンはJOMOに負けています。
つまり今シーズンの対戦相手JX-ENEOSは、レッドウェーブにとって因縁の相手であり、越えなければいけない相手でもあります。
今シーズンに限っては、リーグ戦は勝ち越しているとはいえ、皇后杯の準決勝 では辛酸を舐めた相手ですから、その悔しさはこの大舞台で返してこそ、リベンジとなるわけです。

前置きが長くなりました。

そんな大勝負だからこそ、選手たちには忘れてほしくないことがあります。

選手の後ろにはいつも仲間や応援してくれている人たちがいることを。

今シーズンからヘッドコーチとなり、レッドウェーブの伝統の上に新しいスタイルを植え付けてくれたBTテーブスヘッドコーチ
その後ろに見える藤田正美顧問福永伸一部長吉田順治チームアドバイザーがチームをしっかりと支えてくださっています。
パル(#45名木)の手が邪魔で見えづらいですが、チームが円滑に動けるように動いてくれている渡邊奈々子チーフマネージャーもチームに欠かせない存在です。

あれ、誰か重要なスタッフを忘れているような……

忘れていませんよ。
今シーズンのチームスローガンである
PRIDE & PASSION
のPASSIONを地で行く男、小滝道仁アシスタントコーチ抜きに今シーズンのレッドウェーブは語れません。

そんな、どんなときでも温かく、ときに厳しく迎えてくれるスタッフいるからこそ、コートの5人は思い切りプレーができるんです。

ベンチだけじゃない。今シーズンから立ち上がったブースタークラブのみなさんが、どの会場でも応援をリードしてくださいました。彼らの熱さがファンにも呼応して、さらに熱い応援になってコートに降り注いでいるのです。

最近しつこいほど言っていますが、今シーズンの応援は今まで以上に熱く、力強く、選手たちの気持ちを高めてくれます。ファイナルも会場をで染めてください。

黄色をで飲み込みましょう。そして選手、スタッフ、ブースタークラブ、チアリーダー、そしてファンが1つになって頂点に立ちましょう。ファイナルは総力戦です。

ファイナルの開幕戦は
4月2日(木) 19時~
福島・郡山総合体育館
です。

獲るぞ、頂点。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


7年ぶりのファイナル進出!


勝ちました。
7年ぶりのファイナル進出です。

プレーオフ・セミファイナル第2戦、デンソーアイリスとのゲームは
69-67
でレッドウェーブが勝利しました。

タフなゲームでした。
前半は最大で12点のリードを得る場面もありましたが、後半は最大で7点のビハインドを背負う場面も…。

それでも誰もが慌てなかった。
全員が自分の仕事に徹しきって、最後は最高のチームケミストリーを発揮してくれたように思います。

なかでも昨日、今日とよかったのは、デンソーアイリスのエース、#8高田真希選手を守り抜いたことです。

同じポジションのリー(#12篠原)はもちろん、

レイ(#1三谷)も体を張って、守りました。
だから、#8高田選手も苦しい姿勢でシュートを打つ場面が多かった。

そのボールをしっかり抑えて、ファストブレイクになれば、両ウイングが走り、司令塔がピンポイントのパスを出せるから、リズムも作りやすくなる。
本当にディフェンスの勝利だと言っていいでしょう。

#8高田選手だけでなく、日本代表にも名を連ねたことのある、鋭い1対1が持ち味の#13伊集南選手もシャットアウト。

このディフェンスを2週間でさらに磨いて、7年ぶりのファイナルに向かいます。
相手は
JX-ENEOSサンフラワーズ
言わずと知れたWリーグの女王です。

女王を倒して、レッドウェーブが新女王に輝こう。

レッドウェーブファンのみなさん、セミファイナルでも熱い声援をありがとうございました。みなさんの声援が苦しい時間帯に、選手たちの力になったのは間違いありません。

さぁ、ファイナルに向けて、みなさんも体調を整えておいてくださいね。
ファイナルも最高のステージにしましょう。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


行くぞ、ファイナル!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

昨日は終盤に本来の力を発揮して勝利したレッドウェーブ。
今日も勝って、ファイナル進出を決めたいところです。

しかしデンソーアイリスは、昨シーズンのセミファイナルでも1敗したあとに2連勝して、ファイナルに進出したチーム。
そう簡単に勝てる相手ではありません。
今日は死にもの狂いで向かってくるでしょう。

だからこそ、今日は40分間
これがレッドウェーブだ!
というプレーを見せ続けてもらいましょう。

今日も熱い声援で選手たちのバックアップをお願いします。

🔗 3月22日(日曜日)13:00~【LIVE】 NHK BS1

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


勝利を呼び込んだボールへの執着心


よし、まず1勝。

本日おこなわれましたプレーオフ・セミファイナル第1戦、デンソーアイリスとのゲームは
68-59
でレッドウェーブが勝利しました。

前半こそ少し重たい展開でしたが。
後半は粘り強いディフェンスと、そこから繰り出すファストブレイクで、富士通らしいバスケットを見せてくれました。

スタメンはリー(#12篠原)以外、全員2ケタ得点。
いや、リー(#12篠原)だって、いいところでポストアップから得点を決めたり、アシストをしたり、、いい仕事をしていました。

ルイ(#10町田)に限っては、チームトップの11リバウンドまで…PGのルイ(#10町田)が、ですよ。
17得点、11リバウンド、7アシスト
あと3つアシストが決まっていれば
トリプルダブル
でした。
*トリプルダブル=個人成績上、3つの部門で2ケタの数字を上げること。

数字を見てもいいところがたくさんあったゲームですが、数字には表れないところでも、今日のレッドウェーブは素晴らしかった。
特にボールに食らいつくスピリッツ。

インサイドに来るギリギリのパスを、長い手で抑えたリー(#12篠原)。

ロングパスに飛びつくウィル(#15山本)。

こうした1つひとつのボールを大切につなごうという気概が、今日の勝利につながったのだと思います。

スカイ(#7中畑)のルーズボールも素晴らしかった。
あまりに必死に追いかけている姿を見て、「ガンバレ!」って思っていたら、カメラを構えるのを忘れていました。
スカイ(#7中畑)、ナイスダイブだったのに、ごめんなさい。

そのボールへの執着心はゲームの最後まで止まりませんでした。

これも少しシャッターを切るのが遅れた写真ですが、試合の最終盤に飛び込みリバウンドを見せてくれたレイ(#1三谷)。

ゲームの最後までボールを追い続けて、けっして気を緩めない。
明日もその姿勢で挑みましょう。

BTヘッドコーチも言っていましたが、今日の勝利でまだ半分です。
もう1つ勝たなければ、ファイナルはない。
今シーズンのデンソーとの対戦成績も、今日の勝利で五分になっただけ。

明日で勝ち越そう。

そのためにもみなさんの、今日以上の熱い声援をお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


プレーオフ開幕!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは!

今日からプレーオフが始まります。
セミファイナルの相手はデンソーアイリス。
レギュラーシーズンでは負け越していますが、プレーオフはそれがすべて帳消しになったところからスタートします。
2勝すれば、ファイナルに進出できるのです。
…2連勝すれば、今シーズンの対戦成績も勝ち越しますしね。

これまでやってきたことを出し切るだけ!

みなさんの熱い応援で、チームの勢いをさらに加速させてください。

Go、Redwave。

🔗 3月21日(土曜日)13:00~【LIVE】 NHK BS1

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


全員で駆け上がろう!


第16回Wリーグのレギュラーシーズンが22日に終わりました。
まずは前回も申し上げましたが、30試合を熱く応援してくださり、感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

おかげさまで、レッドウェーブは
24勝6敗

3位

でプレーオフ進出を果たすことができました。

勝敗数で並んだデンソーアイリスとは、直接対決でレッドウェーブが負け越しているために、デンソーが2位、レッドウェーブが3位になります。

プレーオフ・セミファイナルの相手は、そのデンソーです。

今シーズン、レッドウェーブが負け越しているのは2チームだけで、その1つとの対戦となれば、
分が悪いんじゃ…
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし小滝道仁アシスタントコーチは。
「だからこそ、思い切り向かっていける!」
と力強く言っていました。

その通りだと思います。
負けるつもりは毛頭ありませんが、しかし相手の強さを認めたうえで、思い切りぶつかっていくことはプレーオフを戦う上で重要な要素になります。
だからこそ、これまで以上に気持ちを強く持たなければならないのです。

前回のリーグ制覇を主力として経験しているレイ(#1三谷)も同じことを言っていました。
「より強く『勝ちたい』と思ったチームが勝つ」
と。
そのためには、セミファイナルまでの1週間をどれだけ集中して練習ができるかだとも。

背中に背負った「FUJITSU」の名に懸けて。
彼女たちの可能性は「∞(無限大)」なのです。

とはいえ、苦しい時間帯もあるでしょう。
うまくいかないときも、40分のゲームのなかで必ず訪れる。

そんなときに大切なのが――

古臭い表現をあえて使えば、同じ釜の飯を食べてきた仲間であり、

全国各地の会場を毎試合赤く染めてくださったファンのみなさんの後押しです。

泣いても笑っても、今シーズンは残りが最大で8試合しかありません。
その8試合をチームとファンのみなさんで最高のゲームにしていきましょう。
さらに熱い応援をよろしくお願いいたします。

全員で頂点まで駆け上ろう。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


小さな積み重ねで勝利をゲット!


昨日に引き続き、三菱電機コアラーズとの対戦となった今日のゲームは
59-53
でレッドウェーブが勝利しました。

内容としては
さぁ、プレーオフに向けて勢いに乗っていくぞ!
と勇んで言えるものではありませんでした。

しかし内容が悪いながらも負けなかったことは、チームとして最低限の結果を残せたのかなと思います。

今日の勝利にはいくつかの要因があるのですが、その1つとして挙げられるのがリー(#12篠原)の活躍でしょう。

リーの「腕の長さ」に定評があることは、みなさんもご存知だとも思います。
ええ、リー(#12篠原)は腕が長いんです。
185センチの上背に、さらにあの手の長さは大きな武器です。

しかも、その長い腕を左右どちらもうまく使えるのは、さらに大きな武器です。
特にここ最近、上の写真のように、左手のベビーフックっぽいシュートが素晴らしい。
本人は出場時間と貢献度のバランスがよくないと少し不満顔ですが、今日は10得点ですから、まずまずの結果ではないでしょうか。

特に今日のゲーム最終盤に見せたこのシュート。

フリースローラインより遠く、でも3Pラインの内側のジャンプシュートをビシッと決めてくれました。
リー(#12篠原)にしては結構長めのレンジです。
でも、これが今日の勝利を決定づけたといっても過言ではありません。

そしてもう1人、今日の苦しい展開でいい仕事をしてくれたのが、レイ(#1三谷)でした。

要所で3Pを4本決める活躍。
ベテランにとって、リーグ戦の終盤は体力的にも厳しいとは思いますが、一方で積み重ねてきた経験があります。
その経験をベンチスタートで惜しげもなく見せてくれるレイ(#1三谷)は、やはり素晴らしい。

もちろん2人頑張りだけで勝ったわけではありません。
波に乗りきれないながらも、モエコ(#0長岡)は15得点・9リバウンド、
ルイ(#10町田)は6アシストを決めています。

ウィル(#15山本)は3P1本の3点に終わりましたが、
それでも、最近のウィル(#15山本)を見ていて、いいなと思うのは、ルーズボールに飛び込めるところ。
今日もありました。

昨日も書きましたが、こうした泥臭い姿勢は、数字以上にチームに勢いと活気をもたらすものです。
小さな積み重ねが、結果として勝利につながる。

そうわかっていながら、それでも全体的な内容を問いたくなるのは、彼女たちの目指すところがもっと高いところにあるからです。

反省すべきところは大いに反省をして、来週末から始まるプレーオフでは、結果も内容も最高のものを見せていただきましょう。

まずはレッドウェーブファンのみなさん、今週も熱い応援をありがとうございました。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


レギュラーシーズン最終戦


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

タイトルのとおり、今日がレギュラーシーズンの最終戦になります。

ただいま23勝6敗でリーグ3位のレッドウェーブですが、今日も勝って24勝6敗でレギュラーシーズンを終えましょう。

個々の持ち味を発揮し、チームプレーに徹すれば、おのずと結果はついてくるはず。
あとはみなさんの声援で、さらなる後押しを。

ここまで29試合、本当に応援ありがとうございました。
30試合目と、プレーオフも、引き続き熱い声援をよろしくお願いいたします。

今日も勝つ。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


調子は上々


昨シーズン負け越した三菱電機コアラーズを
78-44
で圧倒しました。

序盤こそフワフワした入り方でしたが、第2Qにしっかりと立て直してからは、さすがの強さを発揮してくれました。

なかでもモエコ(#0長岡)がエースらしい働きを見せてくれました。

21得点

インサイドでは巧みなステップ、巧みなフェイダウェイで得点を重ね――

チャンスがあればアウトサイドに出ていき、3P!
今日は3Pを3本打って、3本とも決めました。

こうなると相手ディフェンスはそう簡単に止めることができません。

でも、今日のモエコ(#0長岡)の何が一番よかったってリバウンド。

15リバウンドを取っています。
ディフェンスリバウンドもしっかり絡んでいたし、オフェンスリバウンドはたとえ取れなくても飛び込んでいく。

そういう姿勢はチームに数字以上の勢いをもたらすものです。
それこそが大黒柱であり、エースの存在意義です。

今日のゲームを終えて、JX-ENEOSサンフラワーズがリーグ1位通過を決めました。
レッドウェーブは明日の結果次第で2位、もしくは3位となり、プレーオフ・セミファイナルの相手は、どちらにせよ、デンソーアイリスとなることが決定しました。
レギュラーシーズンでは負け越した相手ですが、そのときとは違います。
プレーオフに向けて、エースの調子は上々です。

しかし、まずは明日の三菱電機戦にしっかりと向き合い、いくつか挙げられている課題をしっかり克服したいところです。

最後までみなさんの熱い声援を、明日もよろしくお願いいたします。
頂点まで一緒に駆け上がっていきましょう。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


可能性がある限り…


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

さぁ、レギュラーシーズン最終週がやってきました。
現在リーグ2位のレッドウェーブですが、今週の結果次第ではまだ1位通過も可能です。
可能性がある限り、1つでも上位を目指すのがアスリートの魂。

今週の相手は三菱電機コアラーズ。
プレーオフには進めないチームですが、思い起こせば昨シーズンの開幕戦で敗れたチーム。その悔しさは今も忘れていませんよ。

だから勝つ。

しっかり連勝して、プレーオフに臨みたいと思います。

今週も熱い応援をお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP