つなぐ


週末のデンソーアイリス戦は1勝1敗で終わったレッドウェーブ。
初戦はいいところを出して勝ったのですが、続く2戦目に悪いところを出して終わったために、なぜかスッキリしないところです。

ですが、よくよく考えてみると、悪い内容だった2戦目にも、今後につながる光明は見えていました。

その1つがフリースロー。

アウトサイドのシュートは決まっていませんでしたが、チームが課題の1つにしていたドライブが功を奏して、16本のフリースローを得ています。
しかも、そのうち14本を沈めています。
成功率87.5%です。

モエコ(#0長岡)は4本打って4本とも決めていますし。

唯一2本落としたウィル(#15山本)だって、6本中4本は沈めているのですから、最低限の仕事は果たしています。

2つ目はリバウンドです。
デンソーの33本に対して、レッドウェーブは46本を取っています。

しかもチームの46リバウンドのうち、17本がオフェンスリバウンドでした。
レイ(#1三谷)も積極的に手を伸ばしていきます。

オフェンスリバウンドが多いということは、攻撃の回数が多かったということにもなります。だからこそ、シュート確率が悔やまれるのですが…。

おっと脱線するところでした。

つまり苦しいゲーム展開であっても、ゴールにアタックすることでフリースローを得て、そのフリースローをきっちり決める。

そしてリバウンドには積極的に参加し、チャンスの輪を広げいていく。

この2つがあれば、内容はともあれ、点数的にはついていけるものです。
つまりは
つなぎ
ですね。

流れが悪いときでも点数をつないでおけば、いつかビッグチャンスが訪れる。
悪い結果のなかに見つけた、これら優れた面を次からのゲームでも続けていきましょう。

次戦は2月7日、8日に秋田県でシャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦します。
引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


自戒の念と、感謝を込めて


昨日の流れを引き継いで連勝、と思ったのですが、今日のデンソーアイリス戦は
60-67
で敗れてしまいました。
今シーズン3敗目で、昨年12月6日にデンソーに敗れて以来の敗戦です。
リーグ戦の連勝も「8」でストップしてしまいました。

今日はシュートがことごとく外れました。特に3P。
昨日は3Pをたくさん入れなくても勝てるゲームを披露したわけですが、それでもドライブなどでしっかりと得点を取れていたからよかったんです。
ただ今日のようにデンソーがディフェンスを強めてきたとき、やはり3Pはレッドウェーブにとって、大きな武器になる…はずでした。

自戒の念を込めて、主だったところをご紹介しましょう。

モエコ(#0長岡)、7本中1本。

ルイ(#10町田)、9本中3本。

レイ(#1三谷)さえも2本中0本ですから…

モエコ(#0長岡)が試合後のコメントで言っていた「富士通らしいバスケットができなかった」という言葉も頷けます。

確かに「シュートは水物」などと言われますが、それでもレッドウェーブが勝ち上がっていくためには、3Pは欠かせない武器です。
その精度を上げることは今後も必要不可欠な要素です。
明日からもう一度、シュート練習のし直しです。

ただ、それでも嬉しかったのは、そんなチーム状態であってもファンの方々が最後まで熱く応援してくださったこと。

なんと心強かったことか…。
いや、もちろん今日に限らず、毎試合、本当に力になっています。

ファンだけでなく、そのファンの方々をリードしてくださるブースタークラブのみなさんにも感謝ですm(_ _)m
北海道までリードしに来てくださって、本当にありがとうございます。

今日はいいところを見せられませんでしたが、次回は必ず。
ファンとブースタークラブのみなさんとともに、次回@秋田では連勝を目指します。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


踏ん張りどころ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

快晴の札幌です。
今日のデンソーアイリスとのゲーム。

昨日は見事なゲームで勝利をあげたレッドウェーブですが、今日も簡単に勝てるほど甘くはありません。
疲労はお互いさまですが、それを乗り越えて、連勝と参りましょう。

今週頑張れば、来週末はゲームがないのですから(もちろん練習はあると思いますが)。
というわけで、札幌の雪を溶かすくらいの熱い応援を、本日もよろしくお願いいたします。

[E:clip]試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


夢を与える人


負ければリーグ首位陥落もありえた強豪デンソーアイリスとのゲームは
69-56
でレッドウェーブが勝ちました。
これで首位をガッチリキープです。

さて、今日のゲームがおこなわれた旭川といえば、この人の地元。

そう、ルイ(#10町田)です。
これはルイ(#10町田)のお父さんが現在コーチをしているミニバスチームが作ってくださった横断幕。緑が丘ミニバスのみんな、ありがとう!
ルイ(#10町田)も「うれしい! でもちょっと恥ずかしいです」
と、はにかんでいました。
でも、うれしくて、恥ずかしいのは、北海道が生んだミュージシャンの歌になぞらえれば、大好きってことです。

そんなルイ(#10町田)ですが、ゲームになれば表情も戦闘モードの変わります。

スイッチして守ってきたのはリーグ屈指のセンター、デンソーアイリスの#8髙田真希選手。身長差は約20センチですが、果敢にゴールに向かいます。
まぁ、高さでは勝てませんが、スピードだったら負けません。

もちろんルイ(#10町田)の代名詞、ノールックパスもご覧のとおり。

一体、ルイ(#10町田)はどこに目をつけているのでしょう?

今日は多くの子どもたちがコートを囲むように、ゲームを見ていました。

ルイ(#10町田)は地元開催で緊張したそうですが、それでも多くの人に集まって、見てもらえることは「すごく嬉しい」と言います。

さらに「懐かしい」とも。
その本意を聞くと、やはりルイ(#10町田)も小学5年生くらいのときに、同じ旭川市総合体育館でWリーグの試合を見たことがあるそうです。

「センターラインの横で、一番前に座って見ていました。そのときから『いつか自分もWリーグのコートに立ちたい』って思っていましたね」

その夢を、ルイ(#10町田)は叶えたわけです。
そしてこう付け加えます。

「だから今日見に来てくれた子が、いつかWリーグにコートに立ってくれたら嬉しいです。背が小さくてもできるんだよ、ってところは見せられたと思います」

今よりも背が小さかったルイ(#10町田)が夢を叶えて、そして今度は夢を与える選手になっている。なんて素敵なことなんでしょう。つづけ、未来のスターたち!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


北海道シリーズ、開幕!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

レッドウェーブ@旭川です。

先週は快勝のあとに苦しんだレッドウェーブですが、今週はどうでしょうか?
相手はデンソーアイリス。
言わずと知れた、リーグ屈指のセンター、髙田真希選手を擁するチームです。
先週のゲームで痛い負けを喫しているデンソーだけに、首位奪還に向けて猛然と向かってくるでしょう。

しかしその勢いをしっかりと受け止めつつ、勝ち切る。
これがリーグ制覇に向けて欠かせない要素だと思います。

準備万端。
旭川総合体育館も多くのファン、ちびっこたちでいっぱいです。
地元ファンと合わせて、本日も熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP