つなぐ


週末のデンソーアイリス戦は1勝1敗で終わったレッドウェーブ。
初戦はいいところを出して勝ったのですが、続く2戦目に悪いところを出して終わったために、なぜかスッキリしないところです。

ですが、よくよく考えてみると、悪い内容だった2戦目にも、今後につながる光明は見えていました。

その1つがフリースロー。

アウトサイドのシュートは決まっていませんでしたが、チームが課題の1つにしていたドライブが功を奏して、16本のフリースローを得ています。
しかも、そのうち14本を沈めています。
成功率87.5%です。

モエコ(#0長岡)は4本打って4本とも決めていますし。

唯一2本落としたウィル(#15山本)だって、6本中4本は沈めているのですから、最低限の仕事は果たしています。

2つ目はリバウンドです。
デンソーの33本に対して、レッドウェーブは46本を取っています。

しかもチームの46リバウンドのうち、17本がオフェンスリバウンドでした。
レイ(#1三谷)も積極的に手を伸ばしていきます。

オフェンスリバウンドが多いということは、攻撃の回数が多かったということにもなります。だからこそ、シュート確率が悔やまれるのですが…。

おっと脱線するところでした。

つまり苦しいゲーム展開であっても、ゴールにアタックすることでフリースローを得て、そのフリースローをきっちり決める。

そしてリバウンドには積極的に参加し、チャンスの輪を広げいていく。

この2つがあれば、内容はともあれ、点数的にはついていけるものです。
つまりは
つなぎ
ですね。

流れが悪いときでも点数をつないでおけば、いつかビッグチャンスが訪れる。
悪い結果のなかに見つけた、これら優れた面を次からのゲームでも続けていきましょう。

次戦は2月7日、8日に秋田県でシャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦します。
引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


自戒の念と、感謝を込めて


昨日の流れを引き継いで連勝、と思ったのですが、今日のデンソーアイリス戦は
60-67
で敗れてしまいました。
今シーズン3敗目で、昨年12月6日にデンソーに敗れて以来の敗戦です。
リーグ戦の連勝も「8」でストップしてしまいました。

今日はシュートがことごとく外れました。特に3P。
昨日は3Pをたくさん入れなくても勝てるゲームを披露したわけですが、それでもドライブなどでしっかりと得点を取れていたからよかったんです。
ただ今日のようにデンソーがディフェンスを強めてきたとき、やはり3Pはレッドウェーブにとって、大きな武器になる…はずでした。

自戒の念を込めて、主だったところをご紹介しましょう。

モエコ(#0長岡)、7本中1本。

ルイ(#10町田)、9本中3本。

レイ(#1三谷)さえも2本中0本ですから…

モエコ(#0長岡)が試合後のコメントで言っていた「富士通らしいバスケットができなかった」という言葉も頷けます。

確かに「シュートは水物」などと言われますが、それでもレッドウェーブが勝ち上がっていくためには、3Pは欠かせない武器です。
その精度を上げることは今後も必要不可欠な要素です。
明日からもう一度、シュート練習のし直しです。

ただ、それでも嬉しかったのは、そんなチーム状態であってもファンの方々が最後まで熱く応援してくださったこと。

なんと心強かったことか…。
いや、もちろん今日に限らず、毎試合、本当に力になっています。

ファンだけでなく、そのファンの方々をリードしてくださるブースタークラブのみなさんにも感謝ですm(_ _)m
北海道までリードしに来てくださって、本当にありがとうございます。

今日はいいところを見せられませんでしたが、次回は必ず。
ファンとブースタークラブのみなさんとともに、次回@秋田では連勝を目指します。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


踏ん張りどころ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

快晴の札幌です。
今日のデンソーアイリスとのゲーム。

昨日は見事なゲームで勝利をあげたレッドウェーブですが、今日も簡単に勝てるほど甘くはありません。
疲労はお互いさまですが、それを乗り越えて、連勝と参りましょう。

今週頑張れば、来週末はゲームがないのですから(もちろん練習はあると思いますが)。
というわけで、札幌の雪を溶かすくらいの熱い応援を、本日もよろしくお願いいたします。

[E:clip]試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


夢を与える人


負ければリーグ首位陥落もありえた強豪デンソーアイリスとのゲームは
69-56
でレッドウェーブが勝ちました。
これで首位をガッチリキープです。

さて、今日のゲームがおこなわれた旭川といえば、この人の地元。

そう、ルイ(#10町田)です。
これはルイ(#10町田)のお父さんが現在コーチをしているミニバスチームが作ってくださった横断幕。緑が丘ミニバスのみんな、ありがとう!
ルイ(#10町田)も「うれしい! でもちょっと恥ずかしいです」
と、はにかんでいました。
でも、うれしくて、恥ずかしいのは、北海道が生んだミュージシャンの歌になぞらえれば、大好きってことです。

そんなルイ(#10町田)ですが、ゲームになれば表情も戦闘モードの変わります。

スイッチして守ってきたのはリーグ屈指のセンター、デンソーアイリスの#8髙田真希選手。身長差は約20センチですが、果敢にゴールに向かいます。
まぁ、高さでは勝てませんが、スピードだったら負けません。

もちろんルイ(#10町田)の代名詞、ノールックパスもご覧のとおり。

一体、ルイ(#10町田)はどこに目をつけているのでしょう?

今日は多くの子どもたちがコートを囲むように、ゲームを見ていました。

ルイ(#10町田)は地元開催で緊張したそうですが、それでも多くの人に集まって、見てもらえることは「すごく嬉しい」と言います。

さらに「懐かしい」とも。
その本意を聞くと、やはりルイ(#10町田)も小学5年生くらいのときに、同じ旭川市総合体育館でWリーグの試合を見たことがあるそうです。

「センターラインの横で、一番前に座って見ていました。そのときから『いつか自分もWリーグのコートに立ちたい』って思っていましたね」

その夢を、ルイ(#10町田)は叶えたわけです。
そしてこう付け加えます。

「だから今日見に来てくれた子が、いつかWリーグにコートに立ってくれたら嬉しいです。背が小さくてもできるんだよ、ってところは見せられたと思います」

今よりも背が小さかったルイ(#10町田)が夢を叶えて、そして今度は夢を与える選手になっている。なんて素敵なことなんでしょう。つづけ、未来のスターたち!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


北海道シリーズ、開幕!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

レッドウェーブ@旭川です。

先週は快勝のあとに苦しんだレッドウェーブですが、今週はどうでしょうか?
相手はデンソーアイリス。
言わずと知れた、リーグ屈指のセンター、髙田真希選手を擁するチームです。
先週のゲームで痛い負けを喫しているデンソーだけに、首位奪還に向けて猛然と向かってくるでしょう。

しかしその勢いをしっかりと受け止めつつ、勝ち切る。
これがリーグ制覇に向けて欠かせない要素だと思います。

準備万端。
旭川総合体育館も多くのファン、ちびっこたちでいっぱいです。
地元ファンと合わせて、本日も熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


北の国より’15凱旋(予告編)


苦しみながらも、リーグ後半戦を連勝でスタートさせたレッドウェーブ。

今週末は北海道シリーズです。
24日(土)は旭川で、25日(日)は札幌で、デンソーアイリスと対戦します。

北海道のみなさん、レッドウェーブが誇る「道産子3姉妹」が凱旋試合をおこないますよ。ぜひ会場に足を運んでくださいね。

え、3姉妹って誰だって???
ご紹介しましょう。

日曜日のゲームではアイシンAWウィングスのルーキー、#1馬瓜エブリン選手に苦しめられた「道産子3姉妹」の三女・モエコ(#0長岡)。

パスはカットされるわ(↑)、フックシュートは間合いを詰められて、うまく決めきれないわ(↓)、ちょっとリズムがつかみきれませんでした。

エースとして悔しいゲームだったと思いますが、それを吹き払って、エースの存在感を取り戻させるのは、やはり北海道の空気でしょう。

そんな三女を助けようとベンチから飛び出していったのが、長女ダイ(#8鈴木)です。ダイもまた、もうひとつリズムに乗りきれませんでしたが、北海道の冬を体感すれば、必ずいいバックアップをしてくれるはずです。

ならばと、姉と妹を助けたのが次女のルイ(#10町田)です。
チーム2位の16得点、モエコ(#0長岡)と並ぶチームトップの7リバウンド、むろん自らの役割であるアシストもチームトップタイの5つを記録しています。

特にアイシンAW戦の最終盤、モエコ(#0長岡)を苦しめていた#1馬瓜エブリン選手に対するドライブは圧巻でした。

高さでも、ジャンプ力でも分のある#1馬瓜エブリン選手に対して、果敢なドライブをすると

最後は両手でボールを押し込むようにシュートを打つあたり、さすがです。
これで#1馬瓜エブリン選手がブロックに飛んでくれば、ファウルになる可能性が大です。しかもしっかり指先でボールをコントロールしているから、うまくいえばバスケットカウントもあり得ました。

試合後に「自分は意外と落ち着いてプレイできていました」と言うあたり、ルイ(#10町田)の成長も見て取れます。

誰かが調子の出ないとき、ほかの誰かが落ち着いて、自らの力を発揮することで、調子の上がらないチームメイトをフォローする。
それがチームです。チームスポーツの醍醐味です。

日曜日のゲーム、苦しいなかでも最終的に勝てたのは、レッドウェーブがチームとしての力をつけている証拠だと言えるでしょう。

そんなレッドウェーブが北の大地に降り立ちます。
3姉妹とその仲間たちをぜひ応援してください。

北海道の皆さん、会場でお会いしましょう!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


曇りのち晴れ…明日は雷?


苦しいゲームでした。
今日はアイシンAWウィングスに、彼女たちの良さを出させすぎました。
リバウンド、アウトサイドシュート…単純なことですが、前日とは見違えるように、今日はしっかりとプレーされてしまいました。

結果としては、延長線の末にレッドウェーブが【77-69】で勝ちましたが、けっして手放しで喜べる内容ではありません。

BTテーブスヘッドコーチもあの手この手でチームを立て直そうとしていました。


Qの始まりやタイムアウト明けには、年齢的に若いスタメンたちに最後まで声をかけて鼓舞していました。それでもなかなかリズムがつかめません。

すると、徐々にこんな表情にもなります(↓)

き、厳しい表情。
男性誌「LEON」に出てきそうな雰囲気もありますが、ヘッドコーチがこんな表情をするときは、チームがあまりいいときではないですから。

声をかけ続け、指示を出し続け…

それでも第3Qが終わるまでは、アイシンAWペース…もうダメなのか…

そんな最終第4Qが始まる前に

「内容としては負けたと認めて、それでも試合は終わっていないのだから、最後まで力を出し切ろう。後悔のないプレイをしよう」

そう発破をかけて、逆転勝利に導いた手腕はさすがです。

これ(↑)は、最後にシィ(#11篠崎)がダメ押しの3ポイントシュートを沈めたときのポーズです。
「シィさまさま」という感謝なのやら、「ここで決められるんなら、延長の前までに決めてくれ」という哀願なのやら。

BTヘッドコーチにとっては、感情の天気図が第3Qまでは「曇り」、第4Qで光が差し込んできて、延長で快晴になった、そんな感じでしょうか。

そして、明日からの練習ではたぶん雷が落ちるでしょう。

今日の苦しい展開を反省材料に、改めて気持ちを引き締め、来週のデンソーアイリス戦に臨みます。
引き続き、熱い声援を送ってください。

今週もありがとうございました。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


前進あるのみ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

昨日の快勝の裏側で、リーグの首位を争っていたデンソーアイリスが敗れていました。
だから、というわけではありませんが、現在、レッドウェーブが

首位

昨日の反省からもわかるように、課題は山積みです。
暫定的な結果に惑わされず、チャレンジあるのみ、前進あるのみです。

リーグが終わったときに、最高の笑顔でいられるように。

今日も平塚でアイシンAWウィングスとのゲームです。
みなさんの熱い声援をレッドウェーブに送ってくださいね。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


復活への第一歩


オールジャパンで悔しい敗戦をしてから1週間と少し。
今日からリーグが再開します。
その初戦、レッドウェーブはアイシンAWと対戦し、【83-40】で快勝しました。

とはいえ、BTヘッドコーチ、選手ともに反省のコメントのほうが多いのは、

こんなことではリーグ優勝などできない

という危機感を持っているからでしょう。

勝って兜の緒を締めよ、ではありませんが、ダブルスコア以上での勝利に慢心することなく、レッドウェーブはさらなる高みを目指します。

そんなレッドウェーブに彼女が帰ってきました。

パル(#45名木)です。
昨年11月の三菱電機戦で手首を負傷し、それ以来戦線を離れていましたが、ついに今日、コートに戻ってきてくれたのです。

上の写真はコートに入ってすぐのパル(#45名木)ですが、その直後、いきなりの3P。

決まりはしませんでしたが、やはりパル(#45名木)にはシュートが似合う。

とはいえ、今日のパルはいつものパル(#45名木)とは少し違っていました。

「緊張はしていなかったのですが、(復帰が)嬉しくて、でも嬉しそうな表情をコートで出したらチームの士気に関わると思ったら、逆に表情が変になってしまった」

と笑います。
それだけ嬉しかったんですね。
そして、こう続けます。

「後半は落ち着いたのですが、ファウル以外何もできなかった…」

と今度は神妙な面持ち。

BTヘッドコーチも

「パル(#45名木)にはもっと攻めてもらわないと…彼女から攻めを取ったら、何もないでしょう?」

こちらも笑顔で、復帰してきたスコアラーにエールを送ります。

もちろんチームの根幹であるディフェンスもしっかりやってもらわなければいけませんが、それを上回る攻撃力を期待しているわけですね。

今日の復帰戦は「完全復活」に向けた一歩にすぎませんが、それでもパル(#45名木)が戻ってきたとで、レッドウェーブの役者はそろいました。

ここから改めて頂点目指して、頑張ります。
ファンのみなさんも一緒に戦っていきましょう。
後半戦も熱い応援をお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


リーグ後半戦スタート!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

オールジャパンの準決勝でJX-ENEOSに悔しい負けを喫したレッドウェーブですが、気持ちを切り替えて、今日からリーグ後半戦に挑みます。

その初戦は平塚にアイシンAWウィングスを迎えてのゲームです。
下位にいるアイシンAWですが、アジア競技大会の日本代表選手を抱えるなど、けっして侮れるチームではありません。

しかし、レッドウェーブが目指すのはリーグの頂。
ここでつまづいているわけにはいきません。

気を引き締めて立ち向かいますので、本日も熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP