1990年、それまで全国各地の事業所で活動する精鋭と全国で活躍していた新卒者を迎え、
オール富士通として集結し「富士通陸上競技部」が発足。

富士通陸上競技部1992年のバルセロナ1992オリンピックに3選手が出場したのを皮切りに、
2016年のリオデジャネイロ2016オリンピックまで7大会連続して日本代表選手を輩出。
また、元日の風物詩となっている「ニューイヤー駅伝」においても、創部11年目の2000年大会初優勝、
2009年には2度目の優勝を果たし、名実ともに日本陸上界をリードするチームとなった。

特に、2008年北京2008オリンピックでは、日本代表選手とし
4×100mリレーでは塚原直貴選手と髙平慎士選手が
銅メダルを獲得(男子トラック種目史上初のメダル、2018年12月銀メダルに繰り上がり)。
また、2015年3月には男子20km競歩にて鈴木雄介選手が
世界記録を樹立(男子陸上界では50年ぶり、競歩種目では初)。
2016年のリオデジャネイロ2016オリンピックでは、
男子棒高跳で澤野大地選手が7位入賞(同種目で64年ぶりの入賞)。

1990年、それまで全国各地の事業所で活動する精鋭と
全国で活躍していた新卒者を迎え、
オール富士通として集結し「富士通陸上競技部」が発足。

富士通陸上競技部1992年のバルセロナ
1992オリンピックに3選手が出場したのを皮切りに、
2016年のリオデジャネイロ2016オリンピックまで
7大会連続して日本代表選手を輩出。
また、元日の風物詩となっている
「ニューイヤー駅伝」においても、
創部11年目の2000年大会初優勝、
2009年には2度目の優勝を果たし、名実ともに
日本陸上界をリードするチームとなった。

特に、2008年北京2008オリンピックでは、
日本代表選手とし4×100mリレーでは
塚原直貴選手と髙平慎士選手が
銅メダルを獲得
(男子トラック種目史上初のメダル、
 2018年12月銀メダルに繰り上がり)。
また、2015年3月には男子20km競歩にて
鈴木雄介選手が世界記録を樹立
(男子陸上界では50年ぶり、競歩種目では初)。
2016年のリオデジャネイロ2016オリンピックでは、
男子棒高跳で澤野大地選手が7位入賞
(同種目で64年ぶりの入賞)。

トラック&フィールド競技からマラソン・駅伝・競歩まで
幅広い種目にわたる強化と実績が評価され、
2008年には、JOCスポーツ賞「トップアスリートサポート賞」で
最優秀団体賞を受賞。2015年、2016年には、2年連続で
実業団陸上of The YearにおけるTeam of The Year賞「経団連会長杯」を受賞。
これからも日本陸上界をリードし、全選手が日本代表として
世界で戦えるような選手を育ててまいります。

トラック&フィールド競技から
マラソン・駅伝・競歩まで
幅広い種目にわたる強化と実績が評価され、
2008年には、JOCスポーツ賞
「トップアスリートサポート賞」で
最優秀団体賞を受賞。2015年、2016年には、2年連続で
実業団陸上of The Yearにおける
Team of The Year賞「経団連会長杯」を受賞。
これからも日本陸上界をリードし、
全選手が日本代表として
世界で戦えるような選手を育ててまいります。

ATHLETE

結果を出し続ける
スペシャリスト集団とは。

FAN CLUB

ファンクラブ会員限定特典で、
もっと身近にチームをサポート。