BLOG

ブログ

Share on twitter
Share on facebook

大会3日目
男子110mH 予選・準決勝 石川周平選手
女子100mH 田中佑美選手/コメント
男子400mH 豊田将樹選手・岸本鷹幸選手/コメント
男子棒高跳 江島雅紀選手/コメント
男子3000m SC 潰滝大記/コメント

■第106回日本陸上競技選手権大会
兼オレゴン2022世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会
大阪市・ヤンマースタジアム長居

6月11日(土曜日)

男子110mH予選2組(-0.1m)
2着 石川周平(富士通) 13秒46 準決勝進出

男子110mH準決勝2組(-0.4m)
1着 石川周平(富士通) 13秒48 決勝進出

女子100m H決勝(+0.8m)
1位 福部真子(日本建設工業) 13秒10
2位 青木益未(七十七銀行) 13秒28
3位 田中佑美(富士通) 13秒35

男子400mH決勝
1位 黒川和樹(法政大) 48秒89
2位 川越広弥(JAWS) 49秒72
3位 豊田将樹(富士通) 49秒85
‥‥
4位 岸本鷹幸(富士通) 49秒99

男子棒高跳決勝
1位 江島雅紀(富士通) 5m60
2位 柄澤智哉(日本体育大) 5m50
3位 石川拓磨(東京海上日動CS) 5m40

男子3000m SC決勝
1位 三浦龍司(順天堂大) 8分14秒47 大会新記録
2位 青木涼真(Honda) 8分20秒09
3位 山口浩勢(愛三工業) 8分23秒29
‥‥
4位 楠康成(阿見AC) 8分25秒70
5位 潰滝大記(富士通) 8分26秒61

【男子110mH予選】
 男子110mH予選に石川周平が登場。予選2組を13秒46の2着で通過し、続く準決勝1組では後半に抜け出し、13秒48の1着と危なげなく決勝進出を決めた。「今日は2本とも前半に落ち着いて入って、リズムアップするイメージで臨みました。いい状態でレースを展開できたと思います」と納得の表情。それでも準決勝は中盤にやや力んだ点があるという。決勝に向けて「これから動画を見直して、もう一度、動きを確認します。そして世界選手権の標準記録(13秒32)を突破して上位に入り、代表を決められれば」と気を引き締めていた。
【男子400mH決勝】
 男子400mH決勝は岸本鷹幸が6レーン、豊田将樹が9レーン。序盤から岸本がハイペースでレースを展開し、豊田も同様に攻める。しかしホームストレートに入った段階で黒川和樹選手(法政大)が抜け出しており、2人はそれを追う形に。豊田が49秒85で3位、4位に岸本が49秒99で入った。
 豊田は10台目を越えてから岸本をかわし、2年ぶりの表彰台だ。「なんとか最低限の走りはできました」と取材エリアで安堵の表情。今季はレース後半がうまく走れており、その粘りをここでも発揮した。予選で好調な走りを見せていた岸本はレース後、開口一番に「まだまだですね」と悔しげ。世界選手権標準記録である48秒90の突破で優勝を目指していただけに落胆の表情を見せた。レースの進め方などにミスはなく、「力不足ゆえの結果」と静かに振り返った。
【女子100mH決勝】
 女子100mH決勝、田中佑美は8台目を過ぎてから順位を上げ、13秒35での3位。日本選手権で初めて表彰台に乗った。「昨日の準決勝から踏み切りを改善し、それが後半にいきました」と振り返った。一方で「過去最高順位ですが、記録も内容も反省点が残るレース」と喜びを爆発させることはなかった。決勝もスタートで出遅れており、その点を今後、レースを重ねる中で改善していきたいという。予選で13秒12の自己ベストを出し、決勝では初の表彰台と2日間ともに好走。しかし「タイムや順位も大切ですが反省する材料はありますので今回のレースも見直して、もっと上を目指します」と真剣な表情でさらなる飛躍を誓った。
【男子3000mSC決勝】
 男子3000mSC決勝には潰滝大記が出場。スタート直後から三浦龍司選手(順天堂大)が先頭にたちハイペースでレースを進める。1000mの通過は2分45秒台。その直後から潰滝は3番手まで位置を上げて追撃体制をとるが、2000mを前に後退してしまう。しかし最後まで崩れることなく粘り切り、8分26秒61のセカンドベストで5位に入った。
「最悪でも3位に入りたいと思っていましたし、(世界選手権標準記録の)8分22秒00を目指していたので悔しい結果です」。5月のセイコーゴールデングランプリの後もいい練習が積めており、調整もうまくいっていたというだけに3大会連続の入賞にも笑顔はない。「この日本選手権に合わせて来ましたが、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(6月22日、北海道深川市)もあるので、最後まで諦めずに頑張ります」と世界選手権出場に向け、引き続き挑戦したいと話した。
【男子棒高跳決勝】
 男子棒高跳決勝は江島雅紀が5m30から試技を開始。それを1回で成功すると5m40をパスし、5m60、5m60と続けて1回目でクリア。ここで優勝を決めると、自己記録となる5m71を1cm上回る5m72へとバーを上げた。1回目は失敗。2回目に失敗し落下した際に左足首に痛みがあり、試技を終了。これで日本選手権優勝は3回目となる。「故障明けで挑んだ大会。不安はありましたが、今日は1回目でバーをクリアしていこうと思い、その通りになったことは自信になりました」と取材エリアで笑顔を見せた。3月から数えて、これで5m60を4回クリアとかつてないハイアベレージを残している。「目指すのは(世界選手権標準記録の)5m80です。まだこれから試合もあるので狙います」とさらに高みを目指していきたいと語った。

●男子400mH

豊田将樹選手
 試合前の調子を考えると十分な結果だと思います。自分は6台目くらいからリズムアップしていくのですが、今日はその時点で他の選手が来ていなかったので、いけるかなと思ったのですが、最後に上げられなかった点は残念です。練習はできているのでもっとタイムを出せると思いますし、黒川(和樹)選手と戦える強さを身につけたいと思います。

岸本鷹幸選手
 まだまだですね。とにかく前半から突っ込んでいこうと思っていたのですが、思った以上に体が動かなかったです。後半にもう少しうまくまとめられればよかったのですが、これが実力だと思います。ここで足踏みしていられませんので、課題を整理し、また次に向けて頑張ります。

●女子100mH

田中佑美選手
 準決勝からプラスで拾われ、最下位での決勝進出でしたので、今日は自分のレースに集中しようと思っていました。準決勝ではハードルの踏み切りの瞬間に突っ込んで、うまく加速できていなかったので、決勝では落ち着いて地面を踏みしめて走りました。今日のように結果が残せたことを自信として、さらに上を目指して頑張っていきたいと思います。

●男子棒高跳

江島雅紀選手
 優勝は嬉しいですが、この日本選手権では遠藤日向選手(住友電工)など他種目の同学年の選手が活躍していて励みになっていたので、自分も5m80を飛んで世界選手権の内定をとりたかったです。私もまだ若いほうだと思いますが、今回、大学生の柄澤智哉選手(日本体育大)が2位に入り、とても刺激を受けました。第一人者の澤野大地さん(元富士通所属、現 日本大学陸上競技部 跳躍コーチ)が引退し、一緒に大会に出ていない日本選手権は違和感がありましたが、自分が澤野さんのような存在になりたいという新たな思いも芽生え、いい勉強ができた試合だったと思います。引き続き世界選手権出場に向けて頑張ります。

●男子3000mSC

潰滝大記選手
 序盤からペースが速く、虚をつかれたところはありましたが、世界選手権標準を狙うつもりでしたので、そうした展開は好都合でした。ただそこにくらいつける力が自分には足りなかったように思います。セカンドベストではありますが、悔しい結果としか言えません。この日本選手権に合わせて来ましたが、ホクレン・ディスタンスチャレンジもありますので、最後まで諦めずに頑張ります。