BLOG

ブログ

Share on twitter
Share on facebook

男子35km競歩 松永選手・荒井選手/試合後コメント
男女20km競歩 高橋選手・岡田選手/試合後コメント

■第106回日本陸上競技選手権大会・35km競歩
兼 オレゴン2022世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会
兼 杭州2022アジア競技大会日本代表選手選考競技会
輪島市・道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コース・日本陸連公認競歩コース(1周1kmの往復コース)
4月17日(日曜日)

男子35km競歩
1位 川野将虎(旭化成) 2時間26分40秒 オレゴン世界選手権代表内定
2位 松永大介(富士通) 2時間27分09秒
3位 野田明宏(自衛隊体育学校)2時間27分18秒

8位 荒井広宙(富士通)2時間32分51秒

《特別レース》
男子20km競歩
1位 池田向希(旭化成) 1時間18分53秒 オレゴン世界選手権代表内定
2位 髙橋英輝(富士通) 1時間19分16秒
3位 諏方元郁(愛知製鋼)1時間23分46秒

女子20km競歩
1位 藤井菜々子(エディオン)1時間29分29秒 オレゴン世界選手権代表内定
2位 岡田久美子(富士通) 1時間29分31秒 オレゴン世界選手権代表内定

【男子35㎞競歩】
 20㎞競歩でオレゴン世界選手権代表が内定している松永大介。大会前、「前半から他の選手がついていくか迷うような速いペースで入りたい」と語っていた通り、序盤から積極的なレースを展開した。スタート時点で風もほとんどなく気温10度と絶好のコンディション。1㎞を3分53秒のハイペースで先頭に立つと5㎞を過ぎてから後続を引き離しはじめ、20㎞を1時間21分34秒で通過。この時点で2位に1分34秒差をつけた。だが23㎞をすぎてペースが落ち始めると、後ろとの差は徐々に縮まり、31㎞過ぎに川野将虎選手に逆転され、2位でレースを終えた。「20㎞競歩の試合が続いていてそのイメージが抜けず、最初の1㎞は想定より10秒くらい速いペースでした。20㎞で足に疲労が来ていたので、抜かれるのは仕方ないと考え、3位狙いに切り替えました。結果には満足しています」と振り返った。
 また荒井広宙は序盤から単独歩を選択。派遣設定記録ペースで進めて、落ちてくる選手を拾い、後半に上げていくプランだったが、こちらも20㎞からペースを落とし、8位でレースを終えた。近年は故障を防ぐ狙いから、フォームをコンパクトにしながら出力を出す試行錯誤を続けてきたが、この日本選手権の数週間前に以前に近い、ストライドの大きなフォームづくりへと着手したばかり。オレゴン世界選手権出場の可能性は遠のいたが、さらなる進化を求めて取り組みを続けていくと話した。

【特別レース男子20㎞競歩】
 2月の日本選手権20㎞競歩で優勝し、オレゴン世界選手権代表を決めている髙橋英輝。国際審判員が配される今回のレースは世界基準のライバルとハイペースへの対応力を確認するために出場した。序盤から池田向希選手と並走でレースを進めたが、13㎞付近から後退し、2位。大会前は「世界選手権を見据え、レース中の他の選手の動きに瞬時に反応する感覚を試したい」と話していたが、今日はフォームを崩し、それができなかったことを悔やむ。
 しかしそれでも1時間19分16秒のタイムでまとめたことは明るい材料だ。「ここで課題が明確に分かったと捉え、推進力のある動きを取り戻せるように修正していきます」と明るい声で前を向いた。

【特別レース女子20㎞競歩】
 2月の日本選手権女子20㎞競歩を制している岡田久美子は4月に入社し、これが富士通のユニフォームを着て挑む初レース。世界選手権派遣設定記録、1時間30分00秒を狙って挑んだ。序盤にペースを落とした場面があったものの、藤井菜々子選手と並走しながら流れをつくり、1時間29分31秒の2位で世界選手権代表内定を決めた。「天候にも恵まれ、落ち着いてスタートラインに立てました。序盤にペースと感覚が一致しない場面がありましたが、慌てずに歩けたと思います」と振り返った。
 これまではコーチを置かずに自分で練習を考えて競技を行っていたが、入社後は今村文男コーチにつき「もっとスピード練習を入れていくべき」とのアドバイスを受けたことで、さらなる成長への手ごたえが生まれたと話す。「2月の日本選手権からこの大会に向け、練習を詰め込んできましたが、代表が決まったので、ここからは落ち着いて強化ができます」とこちらも明るい声で先を見据えた。

松永大介コメント
 序盤のハイペースで他の選手の体力を削れた点は狙い通りですが、最後まで自分の足が残りませんでした。しかし目標としていた3位以内が達成できたので良かったと思います。タイムは想定よりも悪くて、あと2、3分は速く行きたかったというのが本音です。今回の経験は20㎞競歩にも生きると思いますし、今後、35㎞競歩と20㎞競歩のどちらの種目をメインにしていくにしても収穫のあったレースでした。

荒井広宙コメント
 練習の流れからはもっといけても良かったとは思いますが、これが現状の力です。20㎞からきつくなって、最後はなんとかまとめる形になってしまいました。悔しさと仕方ないなという気持ちと半々の心境です。これで世界選手権出場はなくなりましたが、今村コーチとともにフォームの改善に着手したばかりですので、気持ちを切り替えて、それを形にするように練習を続けていきます。

髙橋英輝コメント
 課題がはっきりと出たレースでした。池田選手に離される前からフォームが崩れていて、タイミングを合わせてなんとかごまかしていたのですが、無理に上げようとして2度、警告も受けてしまいました。ただその課題がここで確認できてよかったです。世界選手権での目標は入賞、そしてメダルなので、そこに向かい、ひとつずつ課題を改善していきたいと思います。

岡田久美子コメント
 世界選手権代表が内定し、ホッとしています。今日は藤井選手がいて、力強く前に出てくれたので終盤まで安定してペースを刻むことができました。入社してから今村コーチの指導のもとで練習をしていますが、スピードからのアプローチでアドバイスを頂き、もう一段階強くなれると感じています。世界選手権は前回のドーハ大会が6位でしたので、連続入賞ができるようにここからまた頑張っていきます。