BLOG

ブログ

2020年9月19日(土曜日)

Share on twitter
Share on facebook

高橋英輝コメント/第68回全日本実業団陸上5000mW決勝

5000mW決勝 2位:18分51秒25

高橋英輝コメント

強い山西選手に、どこまでついて行けるか。意識してレースをすることで、自分自身を高められると考えていました。途中、立て続けに注意が出て「自分でコントロールできる範囲の動きに」とフォームを意識したことで、差が広がってしまいました。課題はペースが上がった時にフォームが荒れること。離される1周前にヒザが出るなど、自分の課題に向き合わなければなりません。一方で以前に比べて、飛び跳ねることが抑えられえいるなど、手応えを感じている部分もあります。次のレースは決まっていませんが、来年2月の日本選手権に出場できれば、いいレースをして日本の競歩界を盛り上げたい。そんな勝負ができる位置にいるので、普段の練習から意識を高く持ち続け、取り組んでいきたいです。