BLOG

ブログ

Share on twitter
Share on facebook

【ニューイヤー駅伝】坂東悠汰インタビューコラム
「どんな状況だろうと、チームにとってプラスになる走り」

――いよいよニューイヤー駅伝が迫ってきました。いまはどんなお気持ちですか。

日本選手権が終わって、ホッと一息つく間もなく、いまは合宿をしています。優勝したという嬉しさがありましたが、気持ちを切り替えて、今はチームの練習に集中しています。

――優勝した実感は出てきましたか。

嬉しかったのは、試合の後、二日間くらい。練習量を少し落として、周りからもお祝いのメッセージをいただいたので、「スゴイことをしたんだ」と実感しました。日本選手権にピークを持っていった反動で、今は疲れがありますが、まだ時間があります。これからしっかりと上げていきたいと思っています。

――レースではどんなところがポイントになると思われますか。

前半区間のどこかで走ることになると思っています。仮に1区ならチームを勢いづける、いい流れを作りたい。他の区間ならいい流れでもらったらその流れをより強いものに、反対に追う展開ならしっかりと切り替えられるように、どちらにしてもチームにとってプラスになる走りがしたいですね。また、個人としては区間賞を目標にしています。監督からも「レースに調子を合わせる」ことができれば優勝が見えてくると言われていますので、しっかりと準備したいです。

――初のニューイヤー駅伝です。大会にはどんな印象を持たれていましたか。

日本のトップ選手が勢揃いするレベルの高い大会だと思っています。その中で、優勝できたとすれば、今後の自信にもなります。昨年は大学時代の同期が走ったので、現地で観戦していました。大学時代は僕がエースで、周りからは応援されることが多かったのですが、出場できなかった昨年は逆の立場。新鮮な感じもありましたが、やっぱり走りたい気持ちが強くなったのを覚えています。なんとなくですが、コースのイメージも沸いているので、2年分の思いをぶつけたいと思っています。

――コースでポイントになりそうなことはありますか。

区間によって特性があって、難しい部分があると思っています。周回コースを走った東日本実業団駅伝とは違って、力の差も出やすい。当日のコンディションによっては、風も重要なポイント。僕は向かい風に苦手意識もないので、そうしたコースの特徴を味方に付け、力にしたいと思っています

――2020年は、どんな一年でしたか。

東京2020オリンピックへの出場の可能性が広がったという意味では、大きな一年でした。怪我をして出遅れた部分がありましたが、目標だった日本選手権優勝と、5000mで1320秒切りを達成することができました。タイムを大きく縮められたのは、松枝さんの影響が大きかったですね。7月のホクレンディスタンスで自己ベストを連発する松枝さんの姿を見て、「自分も狙えるかも」と1320秒から1320秒切りに目標を上方修正。より高いレベルを目指したことで、今年の結果につながったと思っています。

――2020年後半は駅伝とトラックを走りましたが、調整は大変でしたか。

駅伝とトラックを別で考えているわけではないので、調整が大変ということはありません。トラックのスピードは駅伝に、駅伝で踏んだ距離はトラックのスタミナに生きてくる。どっちも大切で両方やることで、さらに高いレベルの走りができると思っています。

――2021年の抱負をお聞かせください。

まずはニューイヤー駅伝で優勝することです。僕に求められるのは区間賞を獲る走りをして、いい位置で襷をつなぐこと。そこに向けて、レースにピークを持っていけるように準備したいと思っています。その後は東京2020オリンピックが控えています。どうやってポイントを重ねていくか、また参加標準記録をどこで狙っていくのか、しっかりと計画を立てて、代表になれるように頑張りたいと思っています。

――最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

ニューイヤー駅伝では目標とする優勝を果たすため、いつも通りの積極的な走りをして区間賞を獲って、チームに貢献したいと思っています。接戦になったら、ラスト1キロが見どころ。並んでいれば、負けずに1番で襷をつなぐところを見せたいと思っています。皆さんと優勝を喜べるように、チーム一丸となって優勝を目指します。応援、よろしくお願いします。

坂東 悠汰

YUTA BANDO

1996年11月21日生まれ。兵庫県出身。
法政大学を卒業し、富士通に入社。2018年のクロスカントリー日本選手権優勝、2018年のクロスカントリー世界選手権日本代表、2020年の日本選手権5000m優勝。自身の自己記録は5000m 13分18秒49、10000m 28分20秒72。