MEMBER

選手特設ページ

日付

競技時間

対戦相手

区分

結果

メディア情報

2021年7月27日
(火曜日)

10:00〜12:00

フランス

予選
(グループB)

NHK Eテレ
(生放送)
9時50分~

2021年7月30日
(金曜日)

13:40〜15:40

アメリカ合衆国

予選
(グループB)

NHK BS1
(録画)
21時40分~

2021年8月2日
(月曜日)

10:00〜12:00

ナイジェリア

予選
(グループB)

・NHK 総合
(生放送)
9時5分~
・NHK BS1
(録画)
15時00分~

2021年8月4日
(水曜日)

17:20〜19:30

ベルギー

準々決勝

・テレビ東京
(生放送)
17時20分〜
・NHK BS1
(録画)
22時50分〜

2021年8月6日
(金曜日)

20:00〜22:00

フランス

準決勝

・NHK総合
(生放送)
20時00分~
・NHK BS1
(生放送)
19時50分〜

2021年8月8日
(日曜日)

11:30〜14:00

アメリカ合衆国

決勝

・テレビ朝日
(生放送)
11時15分~
・NHK BS1
(録画)
13時00分~
・NHK Eテレ
(録画)
15時30分~

大会にむけて

宮澤夕貴です。日本代表では3ポイントシュートとリバウンドでチームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします。

大会後インタビュー

――宮澤選手にとっては2016年のリオデジャネイロ大会に続く、2大会連続でのオリンピック出場でした。まずは日本開催でのオリンピックの感想を聞かせてください。

無観客開催だったこともあって、オリンピックという感覚は前回よりも薄かったように思います。もちろん前回大会を経験していたからかもしれませんが、割とリラックスして臨めました。前回は「わぁ、これがオリンピックか! すごい!」と思っていましたが、今回は「リオデジャネイロ大会とはここが違うな」と、別の視点で大会を見つめられていた気がします。。銀メダルという結果についても、前回大会を経験している選手がいたことは大きかったと思います。

――バスケット界初のオリンピック銀メダル獲得については、どう感じていますか?

金メダルを目標に掲げていたので、途中でケガ人が続出したときには、その目標は厳しいのではないかと感じたのは事実です。それでもトム・ホーバスヘッドコーチが目標を変えることなく、「金メダル」と言い続けてくれたおかげで、それを信じることができました。もちろんその後も難しい局面がなかったわけではありません。ただ大会前の国際強化試合を繰り返すなかで、チームが完成されていく感覚が強くあり、選手たちも自信を持てるようになっていきました。予選ラウンドの初戦、フランス戦で「いける」と思いましたし、「金メダルも目指せる」と思えるようになりました。私だけがそれを感じるのではなく、みんながそう思えたからこそ、金メダルには届きませんでしたが、銀メダル獲得という結果を残せたのだと思います。

――個人のパフォーマンスについてはどう感じていますか? 大会前は右肩のケガで少し出遅れている感じもしましたが、オリンピックではさすがの働きをしていました。

肩はオリンピックに向けて治ってきていて、調子も徐々に上がっていました。国際強化試合のときも、結果として数字には表れませんでしたが、シュートタッチなどはよくて、オリンピックは大丈夫だろうと思っていたんです。

――その感覚どおり、大会では精度の高い3ポイントシュートを沈めていました。5年前のリオデジャネイロ大会ではベンチにいる時間が長く、悔しい思いをしていましたが、今回は手応えも大きかったのではないでしょうか?

実を言うと、リオデジャネイロ大会が終わってから東京大会に向けての個人的な目標は、オールラウンドにプレーすることでした。単なるシューターではなく、ドライブもできて、アシストもできる選手として東京大会に出たいと考えていました。実際にWリーグではシューターとしての役割を確立できていたので、そこからもうワンステップしたかったんです。でもそれができなかった。調子もリオデジャネイロ大会直後の2年は好調を維持していましたが、そこからの2年はケガなどもあってやや低迷していて、5年目でやっと好調時の自分に戻ってきた感覚でした。だからこそ、リオデジャネイロ大会と比べれば成長しているんですけど、個人的にはもっと変わっていたかったし、東京大会ではもっといろんなことをしたかったです。そういう意味では壁にぶつかった感じですが、少なくともシューターとしての仕事はきっちりできたなという感覚です。

――そうした経験を踏まえて、今シーズンはレッドウェーブの一員として、どのようなシーズンにしたいと考えていますか?

もちろんルイ(町田)さんからのアシストを受けて3ポイントシュートを決めたいという思いもありますし、それがすごく楽しみでもあります。そこに高校の先輩でもあるシィ(篠崎)さんも加わって3人の動きだったり、モニカ(オコエ)やニニ(中村)、それ以外のチームメイトともプレーすることがすごく楽しみです。それらすべてが自分にとっては新しいチャレンジになります。選手として、今までよりもっとプレーの幅を広げなければいけないと思っています。

――最後に応援してくださったファンのみなさんのメッセージをお願いします。

オリンピックでの応援、本当にありがとうございました。SNSで「レッドウェーブに来てくれてうれしいです」や「神奈川に戻ってきてくれてうれしいです」、なかには「ルイ(町田)&アース(宮澤)を楽しみにしています」といったメッセージもいただきました。今もそうしたメッセージが絶えないほどです。それほど多くの方が応援してくださっていると肌で感じますし、その期待に応えたいと思っています。今、女子バスケットが注目され、ルイさんも注目され、レッドウェーブファンもさらに多くなると思います。Wリーグが観客をどうするか今のところはわかりませんが、もし見に来てくださるのであれば、それほどうれしいことはありません。私はみなさんに「楽しい」と思ってもらえるようなバスケットをしたいと考えています。ぜひぜひ、これからも応援をよろしくお願いいたします。