MEMBER

選手特設ページ

日付

競技時間

対戦相手

区分

結果

メディア情報

2021年7月27日
(火曜日)

10:00〜12:00

フランス

予選
(グループB)

NHK Eテレ
(生放送)
9時50分~

2021年7月30日
(金曜日)

13:40〜15:40

アメリカ合衆国

予選
(グループB)

NHK BS1
(録画)
21時40分~

2021年8月2日
(月曜日)

10:00〜12:00

ナイジェリア

予選
(グループB)

・NHK 総合
(生放送)
9時5分~
・NHK BS1
(録画)
15時00分~

2021年8月4日
(水曜日)

17:20〜19:30

ベルギー

準々決勝

・テレビ東京
(生放送)
17時20分〜
・NHK BS1
(録画)
22時50分〜

2021年8月6日
(金曜日)

20:00〜22:00

フランス

準決勝

・NHK総合
(生放送)
20時00分~
・NHK BS1
(生放送)
19時50分〜

2021年8月8日
(日曜日)

11:30〜14:00

アメリカ合衆国

決勝

・テレビ朝日
(生放送)
11時15分~
・NHK BS1
(録画)
13時00分~
・NHK Eテレ
(録画)
15時30分~

大会にむけて

町田瑠唯です。日本代表ではチームの目標である金メダルを目指し、チームに貢献できるよう、しっかり自分の役割を果たしたいと思います。応援よろしくお願いします。

大会後インタビュー

――町田選手にとっては2度目のオリンピックでした。まずは大会全体の感想を聞かせてください。

今回はコロナ禍で無観客でしたし、リオデジャネイロ2016オリンピックや他の世界大会とも異なる、不思議な感覚でした。宿泊場所が選手村ではなかったこともあって、いい意味でいつもどおりだったんです。もちろんアリーナに行けば、至る所にオリンピックのロゴがあり、出場国の国旗も並んでいて「オリンピックだな」と感じましたが、それ以外の場所ではオリンピックの特別感がなかったので、普段どおりの国内での試合という感覚でした。

――そのいつもどおりが日本バスケット史上初の銀メダル獲得につながったのかもしれませんね。今大会の結果や内容をどのように感じていますか?

目標が金メダル獲得だったので、負けて終わったことに対しては悔しい思いがあります。しかしメダルを獲得できたことは日本バスケット界初のことですし、銀メダルであってもすごいことなんだと改めて感じています。今回の女子日本代表は本当に1つのチームとして戦っていたように思います。誰かに頼るのではなく、一人ひとりが自分の役割をしっかりと果たして、それが1つになって、チームになりました。そうして戦えたことが強さの要因だと思いますし、試合をするごとにチームが強くなっていったという印象があります。

――ご自身の結果についてはどのように感じていますか? オリンピックの1試合でのアシスト記録を塗り替え、アシスト王にもなり、「オールスター5」にも選ばれました。

アシストでオリンピックの歴史の名前を残せたことは素直にうれしいですし、オールスター5に選んでいただいたこともすごくうれしいです。ただ、いつもどおりのコメントで申し訳ないんですけど(笑)、アシストにしても、オールスター5にしても、チームみんなで獲ったアシスト王とオールスター5です。自分がみんなのプレーを生かしたというより、自分のプレーをみんなが生かしてくれたという感覚です。だから本当にみんなに感謝しています。その言葉しかありません。

――大会後、さまざまな取材を受けていると思いますが、まだ未公開の裏話はありませんか? チームオフィシャルサイトに初出の話があれば教えてください。

そうですね……これまでの私は女子日本代表でずっと2番手か3番手のガードでした。「吉田亜沙美さんのあとは町田だろう」と言われながらも、結果としてはそうならずに、藤岡麻菜美選手や本橋菜子選手になって、なかなかスタメン起用されることはありませんでした。私個人としてはスタメンに固執していなかったんですけど、やはり家族や応援してくださる方々は期待してくださるわけです。「次の大会こそは町田が日本の正ポイントガードだろう」と。その期待をずっと裏切り続けてきたことについて、自分の中で申し訳ない気持ちをずっと抱いていました。それが今回のオリンピックでスタメンに起用されて、結果も残せて、やっと家族や応援してくださっていた方々に胸を張って「やったよ」と伝えられることはよかったなと思います。特に家族にはずっと待たせていたので、まだ旭川に帰ることが出来ていませんし、チームの練習もあるから今のところ帰る余裕もなさそうですが、早くメダルを見せてあげたいと思っています。

――今シーズンは町田選手自身も、もちろんチームも例年以上に注目されると思います。そんななかで、オリンピックでの経験を踏まえて、バスケットボール女子の日本リーグをどのように戦っていきたいと考えていますか?

世界と日本では戦い方が異なります。世界ではスピードが通用しますが、日本だと対戦相手に速い選手も多く、お互いが粘るバスケットをしてくると思います。それほど簡単には抜けないでしょうし、当然アジャスト(対応)もされると思います。それに対して自分もどのようにアジャストしていくか。オリンピックでは自身の役割であるドライブを忠実に遂行しましたが、国内ではドライブは警戒して守られると思います。なので、3ポイントシュートを決めるなど、相手の対応を上回るようにして、これまで以上に、もっと守りにくい選手になっていければと考えています。

――最後に応援してくださっているファンのみなさんにメッセージをお願いします。

オリンピックでの応援、本当にありがとうございました。オリンピックを通して、バスケットの魅力がたくさんの方に伝わったと思うので、国内大会でもう一度、バスケット界を盛り上げられるように頑張っていきたいと思います。次はレッドウェーブとして優勝を目指して頑張っていきますので、これからも引き続き、応援をよろしくお願いいたします。