HOW TO ENJOY
BASKETBALL

バスケットボール観戦を楽しむためのルールガイド

 基本のルール

 試合時間

1クォーター(ピリオド)10分×4、計40分間で行われる。クォーターインターヴァル2分、ハーフタイムのインターヴァル15分、または20分が設けられ、第4クォーター終了時点で勝敗が決まらない場合には、延長戦(5分とし、インターヴァルは2分)を行ない、決着するまで繰り返す。
また、反則やタイムアウト、フリースローの際には試合時間が止められ、次のプレイが始まると同時に再スタートとなる。通常、シュート成功時には試合時間は止まらないが、第4クォーターと延長戦の残り2分間は、シュートが成功したら、時間を止める。

 ジャンプボール

ジャンプボールは、第1クォーターの開始時のみ行なわれる。第2・第3・第4クォーターおよび各延長時限の開始時やヘルド・ボールなどジャンプボールとなる状況(ジャンプボール・シチュエーション)では、スローインでゲームが再開される。 ジャンプボールに代わるスローインは、第1クォーターを始めるときの ジャンプボールで最初にボールをコントロールしたチームの相手チームに与えられる。その後、ジャンプボール・シチュエーションごとに交互に与えられる。 第2・第3・第4クォーター開始時のスローインもこの順序に従うものとし、センターラインの延長線上からスローインを行う。

 タイム・アウト

各チームは、前半(第1・第2クォーター)を通じて合計2回、後半(第3・第4クォーター)を通じて合計3回のタイム・アウトが認められる。各延長時限には、従来どおり各チーム1回ずつのタイム・アウトが認められる。使わなかったタイム・アウトを後半または延長時限に持ち越すことはできない。 タイム・アウ トは1回につき60秒間とする。

 24秒ルール

チームは、ボールをコントロールしてから24秒以内にシュートをしなければならない。24秒以内にシュートできなかったり、シュートのボールがリングに触れなかったりした場合はヴァイオレーションが成立し、相手チームのボールとなる。ただし、シュートされたボールが空中にある間に24秒の合図が鳴っても、 ボールがバスケットに入った場合は得点が認められる。 また、バスケットに入らなくても、ボールがリングに触れたときやリングに触れなかったボールを相手チームのプレイヤーが明らかにコントロールすることができると審判が判断したとき試合は続行される。

 8秒ルール

オフェンスは、8秒以内にバックコートからフロントコートへボールを運ばなければならない。

 5秒ルール

1.オフェンスは、スローインを5秒以内にしなければならない。
2.プレイヤーは、パスもドリブルもしないで5秒を超えてボールを保持してはならない(1m以内に近接されて防御されている場合に限る)。
3.フリースローの際は、審判からボールを受け取ってから5秒以内にシュートを打たなければならない。

 3秒ルール

オフェンスは、相手チームのゴールの、フリースローラインの長方形のエリアに、3秒を超えて入っていてはならない。

 ノーチャージ・セミサークル・エリア

フロントコートで、ノーチャージ・セミサークル内にいるディフェンスに対して、ボールをコントロールしてゴールに向かった攻撃の中で接触してもオフェンス側のパーソナルファウルにはならない。

 得点

得点には3種類あります。3ポイントラインの外側からのゴールは3点、ラインの内側からなら2点、フリースローでの得点は1点となります。

 反則

 バイオレーション

(スコアに記録されない反則)

イリーガル・ドリブル(ダブルドリブル)、トラベリング、バックパス、時間制限など(3秒、5秒、8秒、24秒など)

 ファウル

(スコアに記録される反則)

 ポジション

1番と呼ばれます。攻撃のときはボール運びを行い、他の選手に指示を出すなどゲームをコントロールする、チームの司令塔的役目を果たす重要なポジションです。

2番と呼ばれます。ガードのサポートのみならず自らも攻めるフォワード的な要素も兼ね備たポジションであり、ドリブルの技術やスピードが必要となります。

3番と呼ばれます。得点をとるだけでなく、リバンドをとる等なんでもこなす万能的なポジションです。

4番と呼ばれます。CF は名前通り、アウトサイドでのプレーも必要でありセンターとフォワードの中間的な役割を果たします。そのため、得点力はもとよりオールラウンドなプレーが求められます。

5番と呼ばれます。ゴール下のプレー、リバウンドなど、攻守共にゴール下を支配するポジションです。背の高い選手が多く、パワープレーや様々な技が見所です。