GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2020年9月27日(日)

第22回Wリーグ

vs新潟 第2戦 - 結果

会場:アリーナ立川立飛 (東京都立川市)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


27

Q2


19

Q3


29

Q4


28

TOTAL


103







新潟

11

19

19

19

68







NO選手名PTS2P3PFTFREBASTSTLBLKTOMIN
8内野 智香英2435312120023:44
10町田 瑠唯511001920226:12
11篠崎 澪1050013230024:33
25内尾 聡菜931046420034:15
99オコエ 桃仁花911408210220:51
2星田 美歩602001100005:19
3岡田 英里511004300117:20
13谷口 二千華1341200130112:21
14田中 真美子1460203013216:16
18藤本 愛妃840003031019:09
7王 昕          DNP
16栗林 未和          DNP
トータル103281211635231748200:00

BOX SCORE

第 1 クォーター


前日、今シーズン初勝利をあげたレッドウェーブ。新潟とのGAME2のスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#25内尾、#99オコエ。いきなり新潟のリバウンドシュートで始まるが、レッドウェーブも#11篠崎の1対1でしっかり対応。さらに#8内野の連続3ポイントシュート、#11篠崎の速攻で突き放しにかかる。ディフェンスでも24秒ヴァイオレーションを取るなど、新潟の攻撃を単発に抑え込んでいく。中盤には再び#8内野が連続3ポイントシュートを決め、#10町田も3ポイントシュートで続く。その後も攻守において新潟を圧倒したレッドウェーブが【27-11】で第1Qを終える。

第 2 クォーター


ビッグマンを下げ、スモールラインアップでスタートさせた新潟に対し、レッドウェーブは序盤こそややもたつくが、#14田中、#99オコエがフリースローで得点をつなぐ。さらに#14田中のドライブ、#18藤本の速攻などでリードを広げていく。中盤、新潟に3連続失点をする場面もあったが、流れを断ち切ったのは#3岡田の3ポイントシュート。さらに#25内尾が積極的にドライブで仕掛、さらに#14田中もジャンプシュートで続き、【46-30】で前半を折り返す。

第 3 クォーター


立ち上がりこそ新潟に失点するが、そこからレッドウェーブが6連続で得点をあげる。内訳は以下。#8内野、#99オコエの連続3ポイントシュートに続き、チームディフェンスがうまく機能し、#25内尾、#10町田、#11篠崎が4連続で速攻を決める。タイムアウトで流れを断ち切ろうとする新潟に対し、レッドウェーブは#99オコエのインサイドプレー、#25内尾は速攻から3ポイントシュートを決めるなど、新潟に反撃のきっかけをつかませない。終盤には#8内野のポストアップ、#13谷口の3ポイントシュートも決まって【75-49】で第3Q終える。

第 4 クォーター


#13谷口のドライブで第4Qをスタートさせると、そこからレッドウェーブが4連続得点。#25内尾から#18藤本につながる速攻、#14田中のインサイドプレー、最後は#3岡田が速攻でバスケットカウントを決める。中盤以降、ディフェンスのミスから新潟に失点する場面も増えたが、レッドウェーブも#18藤本のドライブ、#13谷口のドライブや速攻などでしっかり返していく。終盤には移籍加入した#2星田が2本の3ポイントシュートを沈め、さらに#14田中の速攻なども決まって、リードを広げたレッドウェーブが【103-68】で今シーズン初の連勝を決めた。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

昨日に引き続き出だしのディフェンスはよかったし、課題のひとつだった第3Q出だしのディフェンスもよかったです。相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪うと攻守の切り替えを早くして、速攻に持ち込むなどレッドウェーブらしいバスケットができました。 ただ、まだまだ全体的にディフェンスの波が激しすぎます。今日のようなゲームで68失点は多すぎます。開幕戦では見られなかったディフェンスでのミスが出て、ゴール下がノーマークになるなど、しっかり修正しなければなりません。またオフェンスでも、チームを引っ張る選手の得点が少ないのが気になります。今後、上位チームと対戦したときに得点が偏るようだと苦しくなるので、そこもしっかり修正していなかければいけません。 来週はシャンソン化粧品との対戦になります。リバウンド、特にボックスアウトと、フィジカルなプレーを今週の練習では求めていきます。チームとして求めるプレーを全員で徹底して、しっかり戦いたいと思います。

昨日はレッドウェーブらしいバスケットができませんでしたが、今日はディフェンスから速攻というレッドウェーブらしいバスケットが展開できたと思います。昨夜、選手でミーティングをして、そこをしっかり改善していこうと話した成果だと思います。個人的には持ち味である3ポイントシュートを決めることはできましたが、出場機会を得たときにもっとよいプレーができるよう、もう少し準備の意識を高めなければいけないと感じました。やはりベンチで見るのと、実際にコートに立って感じることの違いはあります。コートに入ったときに、それまでコートにいた選手たちと同じくらいの運動量でプレーできるよう準備していきます。来週はシャンソン化粧品とのゲームですが、今週以上に激しくリバウンドに来ると思うので、ボックスアウトを徹底して、オフェンスリバウンドにも積極的に入るよう、チームで徹底したいです。個人的にはオフェンスはもちろん、ディフェンスでもチームメイトが少しでも休めるよう、積極的にプレーしたいと思います。