GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2020年9月19日(土)

第22回Wリーグ

vsENEOS 第2戦 - 結果

会場:大田区総合体育館(東京都大田区)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


23

Q2


22

Q3


9

Q4


15

TOTAL


69







ENEOS

23

14

24

19

80







NO選手名PTS2P3PFTFREBASTSTLBLKTOMIN
8内野 智香英931035030029:02
10町田 瑠唯5110261010632:12
11篠崎 澪1943224421035:42
25内尾 聡菜511034210038:59
99オコエ 桃仁花1642244010124:09
3岡田 英里420000000207:48
13谷口 二千華000001010005:19
14田中 真美子511023100010:58
18藤本 愛妃602021000015:51
2星田 美歩          DNP
7王 昕          DNP
16栗林 未和          DNP
トータル69161141931179112200:00

BOX SCORE

第 1 クォーター


開幕戦を黒星でスタートさせたレッドウェーブの第2戦。スタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#25内尾、#99オコエ。レッドウェーブが#99オコエの3ポイントシュートで先制すると、ENEOSに返されながらも、#25内尾の速攻や#8内野のゴール下で得点を重ねていく。中盤には#11篠崎の連続3ポイントシュートと1対1の3連続得点も決まるが、なかなかENEOSを突き放せない。逆に連続失点でリードを奪われるが、#18藤本が3ポイントシュートを決め、さらに#3岡田の速攻でリードを奪い返す。#14田中の3ポイントシュートでリードして終わるかと思われたが、終了のブザーとともにシュートを決められ、【23-23】で第1Qを終える。

第 2 クォーター


立ちあがり、#10町田の3ポイントシュート、#14田中のジャンプシュートでレッドウェーブが一歩抜け出すが、ENEOSのタイムアウト明けから4連続失点をおかしてしまう。オフェンスも停滞し、タフショットを重ねる。苦しい時間帯だったが、今度はレッドウェーブのタイムアウト明けから5連続得点。#3岡田のドライブ、#99オコエの合わせ、#25内尾と#8内野の連続3ポイントシュート、最後は#10町田から#11篠崎へと繋ぐホットラインの速攻でリードを広げる。ENEOSのタイムアウト明けにも#8内野が速攻を決めてリードを保つ。終盤には#11篠崎の3ポイントシュートも決まり、【45-37】で前半を折り返す。

第 3 クォーター


後半の立ち上がり、いきなり3連続失点をすると、BTテーブスヘッドコーチがすかさずタイムアウトを取る。落ち着きを取り戻したレッドウェーブは#10町田から#8内野に繋がるプレーで得点をあげるが、そこからバスケットカウントによる3ポイントプレーを含めて5連続失点。その間、レッドウェーブのシュートはことごとく外れ、リズムを取り戻すことができない。終盤、#99オコエの3ポイントシュート、町田の速攻などが決まるが、ファウルトラブルから思いきったディフェンスができず、【54-61】で第3Qを終える。

第 4 クォーター


何とか逆転への流れを作りたいレッドウェーブだったが、ENEOSが高さと強さを生かして、レッドウェーブの急所を突いてくる。レッドウェーブも#11篠崎のシュート、#18藤本の3ポイントシュートで対抗を試みるが、単発な得点に終わり、なかなか流れを作り出すことができない。それでも終盤、#99オコエが3連続で得点をあげると、#11篠崎も積極的に攻めて、得点を重ねる。しかし高さと強さで押し込んでくるENEOSを止めきれずに【69-80】で敗戦。開幕は連敗スタートとなった。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

敗れはしましたが、昨日よりはいいゲームができたと思います。特に前半はレッドウェーブが目指しているバスケットを展開でき、リードをして折り返すことができました。しかしハーフタイムで「ENEOSは第3Qの出だしが強い。最初の3分を頑張れ」と伝えたのですが、いきなりの3連続失点で流れを失いました。オフェンスもアウトサイドからの攻撃がうまくいかず、チームの流れを作れませんでした。また3ポイントシュートも守られていたので、攻撃のチャンスがどんどん減っていきました。せっかくのチャンスも自分たちのミスで潰してしまうなど、悪循環でした。いつも完璧なゲームをすることはできませんが、当たり前のことを徹底しなくてはいけません。もちろんディフェンスは悪くなかったです。やはり69点が問題です。特に後半は昨日に続き、20分で24点ですから。そこを修正しつつ、来週の新潟戦はプレッシャーディフェンスを徹底して、速攻でしっかり得点を重ねていきたいと思います。

今日は何よりも私のファウルトラブルがすべてだと思います。チームに大きなダメージを与え、結果として後半、ENEOSのインサイド陣に失点を重ねたことが敗因になりました。それでもチームとしては、昨日は相手に走られましたが、今日はレッドウェーブが走れたので前半にリードを奪うことができました。これは収穫です。ただやっぱり後半、相手に押し込まれたのは私のファウルトラブルが原因なので……私がもっと頑張らなければいけませんでした。来週は新潟との連戦になります。どんな相手でも120%の力を出して戦います。今週は連敗しましたが、次回ENEOSと当たるときにレベルアップできているよう、どんな相手も圧倒する気持ちで戦います。勝つことだけでなく、内容にもこだわりたいです。たとえ今日のようにファウルが重なっても、そこは自分との戦いなので、しっかりと気持ちを切り替えて、チームを勝利に導きたいと思います。