GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年12月1日(日)

第86回皇后杯

vsアイシンAW 2次ラウンド - 結果

会場: 京都会場(島津アリーナ京都)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


13

Q2


17

Q3


18

Q4


17

TOTAL


65







アイシンAW

19

14

12

25

70







NoS選手名PTS3P FG2P FGFTFREBOUNDSTOASSTBSMIN
MAMAMAORDRTOT
7 王 シン000000000000000DNP
8*内野 智香英00202002314221020:59
9 村山 翠000000000000000DNP
10*町田 瑠唯162657003235352029:24
11*篠崎 澪31506002033324029:13
12*篠原 恵40123021213100019:22
13 谷口 二千華131344221000000011:09
14 田中 真美子00000001000000001:48
15 山本 千夏183633341235210027:18
16 栗林 未和000000000000000DNP
21 松本 愛美10102120011210010:36
25*内尾 聡菜80237222134022029:33
27 藤永 真悠子000000000000000DNP
99 オコエ 桃仁花20301221022112120:38
HC / TEAM00000  01451    
合計6572917351014141121321514111200

BOX SCORE

第 1 クォーター


皇后杯のセカンドラウンド、アイシン・エィ・ダブリュ ウィングスと対戦したレッドウェーブのスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#25内尾。#12篠原のスクリーンを使った#10町田のジャンプシュートでレッドウェーブが先制。しかしアイシン・エィ・ダブリュの攻守に渡るアグレッシブさで逆転を許すと、リズムに乗れないままゲームは進んでいく。#10町田から#25内尾へとつながるバックドアプレーや、途中出場の#15山本が3ポイントシュートを沈めるが、どれも単発に終わってしまう。終盤、#13谷口が1対1、3ポイントシュートと連続して得点を決めるが、ディフェンスで踏ん張り切れずに【13-19】で第1Qを終える。

第 2 クォーター


アイシン・エィ・ダブリュのリバウンドシュートから始まる嫌な立ち上がり。それでも#10町田から#15山本、#11篠崎から#10町田という2本の3ポイントシュートが決まって徐々に点差を近づけていく。中盤にはディフェンスでボールを奪った#10町田が速攻を決め、#15山本も3ポイントシュートでのファウルを受け、2本のフリースローを決めて1点差とする。しかしそこでまたアイシン・エィ・ダブリュに3ポイントシュートと、3ポイントプレーを決め返され、波をつかまえきれない。終盤にも#13谷口がゴールに走り込む動きで#99オコエのアシストを受け、#15山本は3ポイントシュート、#12篠原も#8内野のパスを受けてジャンプシュートを決めたが、24秒ヴァイオレーションギリギリのところで3ポイントシュートを決められるなど、逆転には至らず【30-33】で前半を折り返す。

第 3 クォーター


後半も立ち上がりはアイシン・エィ・ダブリュのペース。3連続失点でビハインドが9点にまで広がってしまう。しかしそこからレッドウェーブの反撃が始まる。#15山本のステップインをかわきりに、#10町田の3ポイントシュート、さらに#15山本が自らが外した3ポイントシュートのこぼれ球を拾って、ゴール下に飛び込んできた#25内尾にアシスト。アイシン・エィ・ダブリュがタイムアウトで流れを断ち切ろうとするが、#25内尾がドライブでファウルを受けてフリースローを獲得。それを2本とも決めて同点においつくと、#8内野の連続オフェンスリバウンドで得たチャンスを#99オコエがフリースローで得点し、逆転に成功する。アイシン・エィ・ダブリュは3ポイントシュートで粘ってくるが、レッドウェーブは#25内尾がスティールからの速攻を決め、さらに#11篠崎の3ポイントシュート、#13谷口のゴール下なども決まって、第3Qを【48-45】とリードして終える。

第 4 クォーター


#13谷口が連続得点をあげるが、アイシン・エィ・ダブリュの#18宮下にリバウンドシュートを決められ、さらに#14板谷に3ポイントシュートを決められるなど、リードを保てず逆転を許してしまう。またレッドウェーブの根幹ともいうべきディフェンスも、積極的にアタックしてくるアイシン・エィ・ダブリュを守り切れず、フリースローでの失点を重ねてしまう。中盤、#99オコエとの2対2から#10町田がジャンプシュートを決め、さらにドライブも決めるが、その間も連続失点をするなど、攻守がもうひとつかみ合わない。終盤には#15山本のバスケットカウント、#12篠原のポストプレーなどで粘りを見せるが、あと一歩が出ない。最後までリズムをつかめなかったレッドウェーブが【65-70】で敗れ、令和初の皇后杯に幕を下ろした。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

最近の練習を見る限り、チームはすごく良い状態でした。リーグの中断期間もゲーム感覚を失わないよう練習試合をたくさん重ねてきました。しかし、この結果になってしまいました。今日のゲームプランは積極的なディフェンスをして、相手の攻撃を封じることでした。ですが試合開始直後からディフェンスでプレッシャーをかけることができず、レッドウェーブのバスケットがまったくできませんでした。ハーフコートオフェンスも足の止まる時間が長く、ペイントエリアを崩すことができませんでした。そのうえレイアップシュートが外れ、不用意なターンオーバーも増えて、最後はオフェンスリバウンドも相手に取られすぎてしまいました。なぜこんなことになってしまったのか、私自身がもう一度しっかりチェックしたいと思います。ただ、選手たちには“すぐに切り替える必要はない”と伝えました。なぜなら、ファンの方々も私たちと同じくらい苦しんでいると思うからです。年明けのファイナルラウンドで私たちのプレーを見られないわけですから。選手たちにはその痛みをしっかり感じてもらって、そのあとで来週のデンソーアイリス戦に向けて、改めてチーム一丸となってハードに練習したいと思います。

歴史のあるレッドウェーブで19年ぶりに皇后杯のベスト8に入れないという結果に終わったことは、とにかく申し訳ないという気持ちです。年明けのファイナルラウンドを楽しみにしていた応援してくださるファンの方々に本当に申し訳なく思います。ゲームを振り返ると、全体的に軽い感じでゲームに入っていたような印象があります。これが一発勝負の難しさかなと。ただ何よりも自分たちのやりたいことが40分間、まったくできなかったことが大きな敗因だと思います。しかもその自分たちのバスケットができていないときに、チーム全体を通して声が足りていませんでした。中断前はコート上の5人も、ベンチもよく声が出ていたと思うんですけど、今日はコートもベンチも静かで、ミスしたらそれで終わり、シュートを決めても盛り上がっていかない……それを最後まで切り替えることができませんでした。来週からリーグ戦が再開します。今日のゲームで見えたチーム内の軽い感じ、緩さは間違いなく今の私たちの弱点です。昨年度もそれで負けているので、同じ過ちを繰り返さないよう、この負けを糧にして、チームで戦えるよう、もう一度リスタートを切りたいと思います。

#12 篠原 恵

心のどこかで「いつかは逆転できるだろう」という甘さが出てしまったのかもしれません。それは第3Qに一度逆転しながら、そこからもうひとつ乗り切れず、決めてもすぐに決め返されるなど、リードを広げられなかったことにも表れています。それが最終的に逆転された要因かなと。これまでならディフェンスからファストブレイクを出すことで一気に流れをつかんでいたと思うのですが、今日はファストブレイクでの得点がかなり少なかったし、ディフェンスも相手にオフェンスリバウンドを取られるなど、全体的に足も止まって、スピードに乗ったレッドウェーブのバスケットができませんでした。私自身を振り返っても、攻めたプレーが数えるくらいしかなかったので、インサイドでのもらい方を改めて考える必要があると思うし、ヘルプが寄ってきたときの状況判断ももっと早くしなければいけないと改めて思いました。先輩たちが築き上げてきた歴史を途絶えさせてしまったことは本当に悔しいです。練習でのちょっとしたミスが今日のような重大な結果を招いたと思うので、この負けを無駄にしないためにも練習からそうした簡単なミスをしないよう突き詰めた練習をして、来週からのリーグ戦に臨みます。

#15 山本 千夏

出だしから勢いを出すためにもファストブレイクをどんどん出していこうと試合前に話していました。でもその出だしが悪く、そのまま自分たちの持ち味であるディフェンスからファストブレイクという形も出せないまま、試合が終わってしまった印象です。ハーフコートオフェンスでもペイントエリア内にボールが入らなかったので、その分アウトサイドのシュートが苦しい感じになってしまった。私自身はけっしてシュートの感覚も悪くありませんでした。前半もいい形で打てていましたが、後半はドライブも意識するようにして、実際にドライブも行けていたけど、その分、前半よかった3ポイントシュートの感覚が少し鈍ってしまったように思います。長くこのチームに在籍している選手としては、今日の結果には責任を感じます。自分自身も経験したことのない負けだからこそ、「レッドウェーブがこういうところで負けてはいけない」と下の子たちに伝えることも自分の役割だと思うので、気持ちの面でチームを支えていきたいです。皇后杯はこれで終わるので、リーグ戦でファイナルを目指すしかありません。相手に関係なく、まずは一戦一戦、目の前の試合を勝ち切れるようにしたいと思います。