GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2022年7月17日(日)

Wリーグ サマーキャンプ2022 in 高崎

vsENEOS - 結果

高崎アリーナ(群馬県高崎市)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


27

Q2


22

Q3


16

Q4


19

TOTAL


84







ENEOS

16

23

10

13

71







*3岡田 英里103-51-81-20055301437:24
*9赤木 里帆131-43-72-43000540131:52
*18藤本 愛妃135-80-13-523811312235:34
*25内尾 聡菜165-72-30-03178243035:52
*27江良 萌香224-44-62-23022230537:04
12奥 伊吹50-11-42-21011000006:31
23渡邊 悠51-20-13-41022200115:43
10町田 瑠唯            00:00
14田中 真美子            00:00
17山下 詩織            00:00
22中村 優花            00:00
52宮澤 夕貴            00:00
99オコエ 桃仁花            00:00
チームスコア00-00-0 0044000000:00
トータル8419-3111-3013-1913429331712613200:00

BOX SCORE

第 1 クォーター


3年ぶりの開催となったサマーキャンプ2022。初戦で鶴屋百貨店に勝利したレッドウェーブは、2試合目のENEOS戦に挑む。レッドウェーブのスターティングメンバーは、#3岡田、#9赤木、#18藤本、#25内尾、#27江良。いきなり、#18藤本が#3岡田との連携からゴール下を決めると、前日も活躍した新加入#27江良が3ポイントをバスケットカウントで決めて4点プレー。さらにパスを繋いで追加点と、勢いに乗る。連続失点した直後にタイムアウトをとるなど、対応も早いチームはディフェンスで集中。相手の得点を約5分間で1ゴールに抑え、オフェンスでは#18藤本のジャンプシュート、#9赤木、#25内尾の連続3ポイント。さらに、#23渡邊にあわせた#18藤本がジャンプシュートと猛攻。最後は#9赤木が3ポイントを沈め、27-16で第1Qを終えた。

第 2 クォーター


積極的にリングに向かって攻めるレッドウェーブは、#23渡邊のドライブから#12奥が3ポイント。攻撃の手をゆるめない。さらに#3岡田がルーズボールを拾って3ポイント。#12奥と#9赤木のフリースローで得点を追加する。しかし、ここからシュートがなかなか決まらない展開に。狙った3ポイントも外れ、一気に相手に4点差まで詰め寄られた。この状況を#25内尾が打開する。相手のミスを誘って、レイアップを決めて得点を動かすと、#18藤本や#27江良がバスケットカウント、#3岡田もジャンプシュートを沈め、再び10点差として49-39で前半を折り返した。

第 3 クォーター


後半も、出だしで#25内尾が11から決めると、#9赤木も3ポイントで続く。しかし、ここから得点が止まったレッドウェーブは、相手に連続得点を許してしまう。#27江良が3ポイントを返すも、流れを取り戻せないチーム。残り4分でタイムアウトを取ったが、パスミスからのファウルやルーズボールも相手に渡すなど、主導権を握れない。ディフェンスでなんとか踏ん張り、かろうじてリードを守ると、最後残り2分で#27江良が3ポイント。#23渡邊が11からのジャンプシュートをブザービーターで決めて、65-58で第3Qを終えた。

第 4 クォーター


最終の第4QBTテーブスHCが盛んに指示を出す中、レッドウェーブは再び守備からリズムを掴む。スティールから走り込んだ#27江良にパスが渡りファストブレイクを決めると、#18藤本が速攻の2列目に飛び込み得点。さらに#25内尾がパスカットからレイアップ。#18藤本も果敢にオフェンスリバウンドに飛びつくなど気持ちの強さを見せた。すると、#27江良がパスカットから得点、#18藤本のフリースロー、#25内尾の3ポイントなど、それぞれが持ち味を発揮。終盤は落ち着いた攻撃を見せ、最後はゲームをコントロールしたレッドウェーブが84-71で勝利。日本代表メンバー不在の中、それぞれ出場時間も長くなったが、集中したディフェンス、新戦力の活躍などの収穫もあり、サマーキャンプ2連戦を2連勝で飾った。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

昨日の試合より、ディフェンスが良かったです。あと、徹底できていなかったオフェンスとディフェンスは、どちらも遂行できていました。シュート確率も上がって、ルーズボールも頑張っていたと思います。この時期は、多くのメンバーにより学んでもらいたいと思っているので、普段より細かく指示をしています。
選手たちには、このサマーキャンプの経験を自分たちのやるべきこと、反省や集中などに役立てて欲しい。今の時期はどのチームも同じで、いつもと違うメンバー編成になります。だから、プレッシャーを感じず、シーズンが始まってからどんなプレーができるか試して欲しい。練習ではできない力試しを、このチャンスで経験して欲しいし、少しずつ選手たちも成長していると思います。
これから開幕まで、準備は今まで通り行っていきます。練習と試合の繰り返しで選手たちを成長させて、日本代表選手が帰って来たら、パーツを組み合わせてチームを作る。5人だけではなく、それぞれの組み合わせが大事。今のところ、誰が主軸になるか全然わからないので、責任をもってチームを強化していきたいと思います。
まだ完成形ではないですが、5対5の対応もできていない中で、コミュニケーションを取りながら頑張れたと思います。サマーキャンプ2試合を通じて、苦しい時間帯にどれだけ点が獲れるか、どれだけ動けるかをテーマにしていました。レッドウェーブは、ディフェンスからのブレイクが持ち味なので、ディフェンスからどう流れを作り出すかが、まだできていません。そこはリーグ開幕に向けて、修正していきたいと思います。
スティールは意識していて、激しいディフェンスを心がけていますが、まだ自分の中ではうまくハマっていない部分があります。試合を経験する中で、調整していきたいと思います。
ここまでチームは、オフェンスにある程度フォーカスしてやってきたので、ペイントエリアへのアタックなどはできていたと思います。去年主力だった選手が、今シーズンは何人か抜けているので、今の7~8人で実力を底上げして、開幕までにより強いチームを作っていきたいと思います。

#27 江良 萌香

今日の試合は、最初自分たちの流れで進められましたが、途中で相手のリズムになった時に苦しみました。レッドウェーブはディフェンスから頑張るチームなので、そこを徹底して、自分たちのリズムにもう1度戻せたのは大きかったと思います。相手もプレッシャーかけきて、ボールをうまく運べない時も多かったですが、攻撃的に戦えたのは良かったです。
移籍してきて初めての試合でしたが、楽しみなのもありました。自分に求められているのは得点と言われていたので、そこを意識できたのは良かったと思います。
まだ攻撃でもイージーミスがあるので、今後もっと練習しなければいけませんし、ディフェンスリバンドも取れていません。プレッシャーをかけたり細かい点を、開幕までに強化していきたいと思います。