BLOG

ブログ

Share on twitter
Share on facebook

越えてゆく、みんなで、きっと

レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは。

レッドウェーブにとって5年ぶりとなるセミファイナルが終わりました。

レッドウェーブ 58-61 トヨタ自動車アンテロープス

悔しい。
ただただ悔しい。
今はそんな思いです。

選手たちはよく頑張ったと思います。
ボックスアウトも前日よりはできていたと思います。

ディフェンスもハードに遂行しました。

トランジションバスケットだって……

ただ、相手を上回ることはできなかった。
それは事実。
受け入れなければならない事実。

でもやはり言いたい。
レッドウェーブはステキなチームなんだと。
笑顔の似合ういいチームなんだ。

ベンチも元気。

あ、こんなシーンもありましたよ。

終盤、疲れているであろうにも関わらず、走りきった#11シィ(篠崎)をねぎらう#10ルイ(町田)の表情。

先ほどとは逆にタフなシュートをバスケットカウントにした#11シィ(篠崎)を起こす#8リツ(内野)。
シィの笑顔がいい。

そして何より、みんなでつないで決めたときの#11シィ(篠崎)の後ろ姿はいつもかっこいい。

そんなレッドウェーブを支えてくださったファンのみなさんにもお礼を申し上げます。
コロナ禍、かつ平日にもかかわらず、赤い波を作ってくださったみなさん、

会場には来られなかったけれども、それぞれの場所で応援してくださったみなさん、

本当にありがとうございましした!

書いていたら、泣けてきました。

本当に悔しいです。

でも「悔しい」だけで終わっていてはいけませんよね。
すぐには切り替えられないけど、レッドウェーブはみんなでこの悔しさを越えていきます。
彼女たちなら、いや、彼女たちだからこそできる。
そう信じています。

トップの写真と、最後の写真を迷いました。
でも悔しさを忘れないためにトップに試合終了の写真を。

そして最後の写真は、もう一度この舞台に、いや、今シーズンよりもひとつ高い舞台に戻ってくることを誓って――

2020-2021シーズンの熱い応援、温かいご声援をほんとうにありがとうございました!