NEWS

ニュース

Share on twitter
Share on facebook

【新チーム始動インタビュー 内野智香英】
スタメン定着を狙えるように、目標であるファイナルにみんなで勝ち上がる

—昨シーズンを振り返って、今オフに取り組んでいることを教えてください。

昨シーズンは、3ポイントシュートの調子そのものはよかったのですが、3ポイントシュートに意識を傾けすぎてしまって、それ以外の、たとえばドライブでの得点などが少なかったと思います。そのため、プレーオフに入って、3ポイントシュートが決まらなかったときには何もできなくなって、チームメイトに頼りすぎていました。今シーズンはその反省を生かして、ドライブのスキルアップと、ペイントエリア内でのフィニッシュのスキルアップを図っています。

—そのためでしょうか、身体が大きくなったように思います。

はい、そうなんです。BTテーブスヘッドコーチからも「パワーアップをしてほしい」と言われていて、ウェイトトレーニングにもしっかり励み、昨シーズンよりも重たいウェイトが上げられるように筋力アップしている最中です。

—成果は出ていますか?

今は午前にスキルアップのワークアウトをしていて、午後のチーム練習のなかでもさまざまなチャレンジをしています。3ポイントシュートとドライブのバランスも、昨シーズンに比べるとよくなっていると思いますが、まだまだ判断の悪さやフィニッシュの雑さが残っているのも事実です。そこはシーズン開幕までに改善できればと思っています。

—今シーズンは同じポジションに即戦力の移籍選手が入ってきました。どのような意識で日々の練習に取り組んでいますか?

同じポジションの2人が移籍で入ってきて、危機感はあります。昨シーズンも若い子たちが力をつけてきて危機感を持っていましたが、さらに実力のある2人が入ってきたので、正直、今年はさらに大変だと思っています。それでも彼女たちにも負けないという気持ちはあるので、今シーズンもスタメン定着を狙えるように頑張っています。

 
—チーム内の活性化は感じられますか?

それはとても感じます。特にニニ(中村優花)は一つひとつのプレーに手を抜かず、全力でプレーする選手です。リバウンドにも必ず入るし、走ること、声出し、基本的な部分を練習から全力で取り組んでいるので、私を含め、全員が刺激を受けているところです。

—リツ自身、移籍して4年目になります。個人的な目標はどこに置いていますか? プレー面でもいいですし、メンタル面でも構いません。

日本代表の選手が抜けている期間は私が最年長になるので、若いチームのなかで私がリーダーシップを取らなければいけません。まだまだ不出来なところもありますが、若い子たちと積極的にコミュニケーションを取って、チームをまとめる役割も担っていければと思います。

—今シーズンは昨シーズンよりも広いエリアでゲームをします。全国のファンに向けてメッセージをお願いします。

今シーズンは新しいメンバーも入ってきて、ファンのみなさんも楽しみにされていると思います。昨シーズンの悔しさをしっかりと晴らせるよう、そして目標であるファイナルにみんなで勝ち上がれるようしっかり頑張りますので、今シーズンも温かいご声援をよろしくお願いいたします。

内野智香英プロフィールページはこちら