NEWS

ニュース

Share on twitter
Share on facebook

【新チーム始動インタビュー 内尾聡菜】
「ディフェンスだけじゃない」レッドウェーブのフォワードはキラでいいんだ

—昨シーズンを振り返って、今オフに取り組んでいることを教えてください。

昨シーズンは後半になるにつれて、私が求められているディフェンス以外の部分、つまりシュートの面で向上があったと実感しています。しかしプレーオフのセミファイナルなど、大切な試合で力が発揮できず、悔しい思いをしました。今シーズンも継続してシュートの精度を上げることと、ドライブをもっと増やしたいと考え、基礎であるボールハンドリングを一から見直しています。

—練習が再開して2ヶ月くらいが経ちました。取り組んでいることの手応えはいかがですか?

ボールハンドリングはまだまだですが、オフェンス面でもできることは増えてきていると思います。

—今シーズンは同じポジションに即戦力の選手が移籍してきました。どのような意識で日々の練習に取り組んでいますか?

以前ウィルさん(山本千夏)がいたときにも同じポジションで競争していたので、競争する環境の大切さは理解しています。実力のある移籍選手が加わったことは、楽しみでもありますし、一方で危機感もあります。ただ、試合に出る時は、見ている人が納得できるように、「レッドウェーブのフォワードはキラでいいんだ」と思ってもらえるように頑張りたいと思っています。

—新人や移籍選手が入ったことで、チーム内は活性化していますか?

ウィルさんたちが抜けて、ここ数年、練習中に声を出す選手が多くありませんでした。しかし今はニニさん(中村優花)がよく声を出してくれるので、私たちも「移籍してきたニニさんばかりに任せちゃいけないな」という意識になってきています。

 
—今シーズンのキラ自身の目標はどこに置いていますか? プレー面でもいいですし、メンタル面でも構いません。

今シーズンは数字に残る選手にならなければいけないなと思っています。というのも、昨シーズンのセミファイナルで、シィさん(篠崎澪)が孤軍奮闘しているときに、私自身は試合の途中からずっとベンチでそれを見ているだけでした。それまでの私はどこかで「ディフェンスを頑張ればいい」と思っていたところがありました。しかしあの試合で「それではダメだ」と気付いたんです。いくらディフェンスがよくても、得点を取れなければ、リーグの上位で戦うには厳しいと思ったので、今年はスタッツに残る数字にもこだわりたいと思っています。

—今シーズンは昨シーズンよりも広いエリアでゲームをします。全国のファンに向けてメッセージをお願いします。

日本代表クラスの移籍選手が加入してきて、これまでのレッドウェーブとは異なる、よりレベルの高いバスケットができると思います。ファンのみなさんにはぜひ楽しみにしていてもらいたいです。そのなかで私自身も「ディフェンスだけじゃない」というところをお見せしますので、今シーズンも応援をよろしくお願いいたします。

内尾聡菜プロフィールページはこちら