GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2021年12月16日(木)

第88回皇后杯

vsトヨタ自動車​ - 結果

国立代々木第二体育館(東京都渋谷区)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


5

Q2


23

Q3


14

Q4


20

TOTAL


62







トヨタ自動車

15

15

7

18

55







NoS選手名PTS3P FG2P FGFTFREBOUNDSTOASSTBSMIN
MAMAMAORDRTOT
2 星田 美歩000000000000000DNP
3 岡田 英里20211001000101008:42
8 内野 智香英62201001011010112:15
9 赤木 里帆000000000000000DNP
10*町田 瑠唯172457131044462036:09
11*篠崎 澪1514614001123141035:09
12 奥 伊吹000000000000000DNP
14 田中 真美子00000001011200003:22
18 藤本 愛妃000000000000000DNP
22 中村 優花31103002257202017:05
23 渡邊 悠000000000000000DNP
25*内尾 聡菜20213002156120022:20
52*宮澤 夕貴2021400211011201432:27
77 栗林 未和000000000000000DNP
99*オコエ 桃仁花1502712122134160432:31
HC / TEAM00000  04482    
合計6261921452513103545161979200

BOX SCORE

第 1 クォーター


皇后杯・ファイナルラウンドの準々決勝。トヨタ自動車アンテロープスと対戦するレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#25内尾、#52宮澤、#99オコエ。立ち上がりから硬さの取れないレッドウェーブはいきなり3連続失点をしてしまう。#10町田のドライブでようやく初得点をあげるが、その後も得点をあげることができない。ただし失点はするもののディフェンスを高い質で遂行し、またリバウンドも簡単には取られず、ギリギリのところで持ちこたえる。2-15で迎えたラスト15秒、#10町田のパスを受けた#8内野が3ポイントシュートを決めて、5-15で第1Qを終える。

第 2 クォーター


反撃に出るしかないレッドウェーブは#10町田の3ポイントシュートで第2Qをスタートさせる。一度は失点するが、ゴールに走り込んだ#25内尾がパスを受けてレイアップシュートを決めると、#10町田も2本目となる3ポイントシュートで続いて、4点差に詰め寄る。トヨタ自動車のタイムアウト後に3ポイントシュートを決められるが、#11篠崎のフローターシュート、#99オコエのドライブなどで食らいついていく。終盤、ミスから失点し、流れが変わるかと思われたが、#10町田の11やバスケットカウント、#52宮澤のジャンプシュートなどで息を吹き返し、最後は残り1秒、#10町田のドライブが決まって、28-30で前半を折り返す。

第 3 クォーター


3Qはレッドウェーブが大きな波をつかむ。立ち上がりこそ得点が止まってしまうが、その間、ディフェンスの質を落とさず、失点もゼロに抑える。#99オコエのリバウンドシュートで先に得点を動かすと、#11篠崎が11で続いて、逆転に成功。トヨタ自動車にタイムアウトを取られるが、#11篠崎がつかんだ波はそれをものともせず、さらに連続で11を決める。その波に#99オコエも乗ってドライブを決める。終盤、連続失点をする場面もあったが、#3岡田がスティールから、状況をよく見て速攻を決めると、#8内野のハンドオフを受けた#99オコエもゴールにアタック。42-37で第3Qを終える。

第 4 クォーター


最終Qは失点からのスタートとなるが、#99オコエがミスマッチを突いてすぐに得点を返す。さらに#22中村が3ポイントシュートを決めると、#11篠崎もスティールから速攻を決めて、トヨタ自動車の粘りを上回る粘りでリードを保っていく。中盤には#99オコエがターンシュートを決め、#11篠崎も3ポイントシュートで続く。終盤、3ポイントシュートを2本決められるが、#99オコエから#11篠崎への連係プレーや、#10町田の11で反撃のチャンスを与えない。最後までタフなゲームだったが、序盤のビハインドを、質の高いディフェンスと粘り強いオフェンスで逆転したレッドウェーブが62-55で勝利し、皇后杯・セミファイナル進出を決めた。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

今シーズンは40分間を通して、質の高いディフェンスをやり通すことができていませんでしたが、今日はプランどおりにそれができました。ディフェンスの波がなかったことが勝因でしょう。第1Qに得点をあげられなかったときは少し焦りましたが、落ち着いて、やるべきことをやろうと伝えたところ、少しずつ変化していきました。その間、#10町田が積極的に得点を取りに行ってくれたことはよかったです。第2Q以降は改めてチームディフェンスを意識することで、レッドウェーブらしい、攻守に切り替えの速いバスケットはできたと思います。またリバウンドで負けなかったことも大きいです。#22中村がケガからの復帰明けにもかかわらず、それを感じさせないプレーを見せてくれましたし、#11篠崎も後半、うまく切り替えてくれました。チームの勝利です。明後日のデンソー戦も質の高いディフェンスをチーム全員で遂行したいと思います。

立ち上がりに得点が伸びず、苦しい時間帯もありましたが、ディフェンスで粘って、リバウンドをしっかり取って、我慢して、我慢して自分たちのペースに持っていけたことが勝因だと思います。そこは昨シーズンよりも成長したところです。個人的には前半2得点しかあげられていませんでしたが、ハーフタイムにヘッドコーチから「#10町田のアタックに頼りすぎるのはよくない」と指摘され、後半は私の役割であるアタックをし続けよう、たとえシュートが外れたとしてもアタックし続けようと思っていました。それが得点につながってよかったです。準決勝はデンソーとの対戦になります。相手の戦術に対応することも大切ですが、自分たちの武器であるディフェンスをよりアグレッシブにして、速い展開のバスケットで勝利につなげたいと思います。そしてこのメンバーで皇后杯の優勝に向けて、しっかりと戦い抜きます。