GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2020年11月29日(日)

第87回皇后杯

vs 秋田銀行 - 結果

トッケイセキュリティ平塚総合体育館 (神奈川県平塚市)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


31

Q2


24

Q3


32

Q4


23

TOTAL


110







秋田銀行

11

17

7

10

45







NoS選手名PTS3P FG2P FGFTFREBOUNDSTOASSTBSMIN
MAMAMAORDRTOT
2 星田 美歩61312120022012013:02
3 岡田 英里204846003112103024:06
7 王 昕000000000000000DNP
8*内野 智香英154712121189012122:44
10*町田 瑠唯205110021341102020:42
11*篠崎 澪162558000123193122:44
13 谷口 二千華111524440033010017:16
14 田中 真美子10202120257210117:16
16 栗林 未和000000000000000DNP
18 藤本 愛妃80034223325040116:38
25*内尾 聡菜142444000000122022:10
99*オコエ 桃仁花173445002066211023:22
HC / TEAM00000  01340    
合計1101743253891211103545830154200

BOX SCORE

第 1 クォーター


皇后杯ファーストラウンドの初戦は、小滝道仁・前ヘッドコーチが率いる秋田銀行レッドアローズとの対戦。レッドウェーブスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#25内尾、#99オコエ。秋田銀行に先制されるが、レッドウェーブは焦らずに対応。#11篠崎の3ポイントシュートと速攻、#99オコエの3ポイントシュートなどで一気に引き離し、14-4としたところで秋田銀行にタイムアウトを取らせる。それ以降もディフェンスのプレッシャーを緩めずに失点を単発に抑え込むと、オフェンスでは#99オコエの3ポイントシュートが高確率で決まり、さらに#25内尾もインサイドとアウトサイドで得点を重ねていく。終盤には#3岡田が3ポイントシュートを含めた3連続得点をあげてチームに勢いをもたらし、【31-11】で第1Qを終える。

第 2 クォーター


第2Qに入ってもレッドウェーブは気を緩めず、攻守において秋田銀行を圧倒していく。#25内尾のドライブ、#3岡田の3ポイントシュートでリードを広げると、ディフェンスも失点を単発のシュートに抑える。中盤には#8内野の連続3ポイントシュート、#25内尾のスティールからの速攻などでリードをさらに広げていく。途中、得点が伸びていかず、連続失点をする場面もあったが、タイムアウトで修正を加えると、#11篠崎から#10町田につなぐ速攻や、#3岡田の3ポイントシュート、さらに#10町田を起点とした速攻が連続で決まって29点差まで広げる。最後は#18藤本がフリースローをしっかり沈めて【55-28】で前半を折り返す。

第 3 クォーター


後半も秋田銀行に先制されるが、第1Q同様、すぐに態勢を整えて反撃を開始。#8内野の3ポイントシュート、#11篠崎のジャンプシュート、#99オコエの1対1でリードを30点以上にする。勢いに乗ったレッドウェーブは#8内野の3ポイントシュート、#10町田から#11篠崎へとつなぐ速攻などでさらに得点を重ね続ける。ディフェンスもボールマンにプレッシャーをかけ続け、ボールを持っていない選手にはディナイディフェンスで簡単にボールを持たせない。攻めあぐねる秋田銀行に対して、レッドウェーブは#11篠崎の3ポイントシュート、#25内尾の速攻、3ポイントシュートでさらにリードを広げていく。終盤には#3岡田の3ポイントシュート、#18藤本のリバウンドシュートなどが決まり、このQの失点を7に抑えたレッドウェーブが【87-35】で第3Qを終える。

第 4 クォーター


最終Qに入っても自分たちのバスケットを貫くレッドウェーブ。#13谷口のジャンプシュート、#2星田のドライブと3ポイントシュート、#18藤本のターンアラウンドなど多彩な攻撃で、秋田銀行に反撃の糸口さえ与えない。中盤、#18藤本のシュートで得点を100点に乗せると、オフェンスリバウンドを取られたり、連続で3ポイントシュートを決められる場面もあったが、タイムアウトで落ち着かせ、残り約4分は無失点に抑える。逆に最後の3分間は、途中で#2星田のフリースローを挟んたものの、#13谷口が一人で3ポイントシュートやフリースロー、ドライブなどで9得点をあげて、ゲームを締めくくる。ファイナルスコア【110-45】でレッドウェーブが皇后杯ファイナルラウンド進出を決めた。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

いいゲームでした。理想的な出だしで、オールコートのプレッシャーディフェンスと、簡単にボールを持たせないディナイディフェンスが効果的でした。相手がゾーンディフェンスを敷いてくることは予想していましたが、特別な攻撃をすることなく、シンプルなゾーンアタックでしっかり攻略できたと思います。選手たちもしっかりとゴールを見て、自信を持って3ポイントシュートを打ってくれました。それが17本という結果に結びついたのでしょう。ベンチスタートの選手たちもディフェンスでしっかりゲームを作ってくれました。ただ全体的にリバウンドに対する課題は残りました。特にボックスアウトはファイナルラウンドに向けた課題です。また秋田銀行はあまりピックプレーを使わないのですが、数少ないピックプレーに対するディフェンスが徹底できなかったところも気になります。ファイナルラウンドの組み合わせはまだわかりませんが、どこが来てもリバウンドがポイントになるでしょう。もう一度そこを修正して、臨みたいと思います。引き続き、応援をよろしくお願いします。

最近、ゲームの出だしがよくなかったので、今日は出だしからディフェンスを徹底しようと話し合って入りました。そこはきちんとクリアできたと思います。ただリバウンドを取られる場面が多いなど、課題も残ったゲームになりました。個人的にはシュートチャンスが多かったので、とにかく打ち続けて、決めきることもできたのでよかったと思います。また相手のクローズアウトに対してしっかりドライブもできました。ただそのあとのシュートやパスの判断が悪かったので、そこはこれからの課題です。昨年はファイナルラウンドに出られませんでしたが、今年はそこに出るだけでなく、ファイナルの舞台に立つことを目標にしています。今シーズンはWリーグ西地区のチームと一度も対戦していませんが、富士通のバスケットを遂行することで自分たちの力を証明したいと思います。ポイントはリバウンドとフィジカルコンタクトに負けないことです。一戦ずつ自分たちのバスケットを貫いて、そのなかで私自身もシュートとリバウンドで勝利に貢献したいと思います。ファイナルラウンドも応援をよろしくお願いします。