GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2020年10月17日(土)

第22回Wリーグ

vs日立ハイテク 第1戦 - 結果

トッケイセキュリティ平塚総合体育館 (神奈川県平塚市)

Share on twitter
Share on facebook

チーム名


富士通レッドウェーブ

Q1


11

Q2


11

Q3


20

Q4


21

TOTAL


63







日立ハイテク

17

18

23

16

74







No選手名PTS2PM-A3PM-AFTM-AFOFFDEFTOTASTSTLBLKTOMIN
*8内野 智香英31-30-31-12134200118:06
*10町田 瑠唯72-21-20-01022210229:22
*11篠崎 澪52-80-31-22112200231:16
*25内尾 聡菜61-11-31-20022021024:34
*99オコエ 桃仁花204-94-80-04145122131:12
2星田 美歩30-01-20-00011000001:31
3岡田 英里00-10-20-02011310212:55
13谷口 二千華123-52-70-03011120020:22
14田中 真美子72-51-20-02178100023:34
18藤本 愛妃00-10-00-01000000207:08
7王 シン            00:00
16栗林 未和            00:00
チームスコア00-00-0 0336000000:00
トータル6315-3510-323-51772532128310200:00

BOX SCORE

第 1 クォーター


東地区3位のレッドウェーブは、同2位の日立ハイテククーガーズと平塚で対戦。スタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#25内尾、#99オコエ。立ち上がりから日立ハイテクにリードを奪われ、苦しい展開となる。レッドウェーブはシュートがなかなか決まらず、タイムアウトも功を奏さない。中盤、#11篠崎の1対1で初得点をあげるが、後が続かない。苦しい展開が続いたが、終盤#10町田が速攻からジャンプシュートを決めると、#99オコエがスティールからの速攻を決め、#25内尾は#8内野のアシストから3ポイントシュートを決める。最後は#99オコエがドライブを決めて4連続得点。【11-17】で第1Qを終える。

第 2 クォーター


第2Qもなかなかシュートが決まらない展開で試合が進んでいく。粘り強くディフェンスをするが、じわりじわりと点差をつけられていく。中盤、#14田中がディフェンスに守られながらもシュートをねじ込むが、流れを変えるには至らない。タイムアウトでも流れは変わらない。点差が開いていくなか、残り3分で#10町田が#99オコエのスクリーンを受けて3ポイントシュートを決めると、その#99オコエも3ポイントシュートで続く。さらには#8内野がドライブからバスケットカウントを決め、ボーナススローもきっちり沈める。しかしターンオーバーや失点が止まらず【22-35】で前半を折り返す。

第 3 クォーター


反撃に出たいレッドウェーブは#99オコエの1対1で後半をスタートさせる。しかしディフェンスで踏ん張れず、またミスも続いて失点を重ねてしまう。タイムアウトで立て直すと、#10町田の速攻、#8内尾のスティールから#99オコエが3ポイントシュートを決めて、追い上げ態勢に入る。さらに#99オコエから#25内尾へのコンビプレーも決まる。しかし今日は相手のインサイドを中心にしたオフェンスを守りきれず、波に乗ることができない。終盤には#13谷口の3ポイントシュートやドライブ、#14田中の合わせ、3ポイントシュートが決まるが、やはり失点を抑えきれず【42-58】で第3Qを終える。

第 4 クォーター


第4Qは失点からスタートしたものの、#99オコエ、#11篠崎の連続得点で食らいつく。#13谷口も積極的にアタックを仕掛けるが、なかなか得点につながらない。中盤、#99オコエと、#14田中のオフェンスリバウンドから#13谷口が連続で3ポイントシュートを沈めるが、日立ハイテクのタイムアウトで流れを断ち切られてしまう。終盤には#11篠崎のアシストを#99オコエが3ポイントシュートで応え、#13谷口も意地の連続ドライブを決める。最後は#2星田がブサービーターの3ポイントシュートを決めるが、序盤からのビハインドは大きく【63-74】でレッドウェーブが3敗目を喫した。

コメント


ヘッドコーチ BTテーブス

今週のポイントは日立ハイテクのインサイドをどう守るかでした。これまでの試合を見ると鈴木選手と谷村選手でチームの総得点のうち40%をあげているからです。しかし今日もその2人に41得点、24リバウンドを取られてしまいました。完敗です。ここまで何もできなかったことは久しぶりだと思います。それでも後半は少し持ち直しましたし、#13谷口も20分の出場でいい仕事をしてくれました。あとはこういう大事な試合でベテランが力強く引っ張ってくれると、流れがまた変わるような気がします。明日も相手のインサイド陣をいかに守るかにフォーカスします。また相手のインサイドプレーに対しては、こちらがアウトサイドシュートで返さなければいけません。ディフェンスを立て直して、よいオフェンスにつなげていきます。

出だしから攻守ともにレッドウェーブらしいバスケットができませんでした。シュートも単発でしたし、インサイドを守ろうと話していたディフェンスを徹底できませんでした。また速攻を出すこともできず、なかなかリズムに乗れませんでした。私自身は立ち上がりこそマッチアップしていた選手にやられましたが、ディフェンスそのものはけっして悪くなかったと思います。ただインサイドへのパスを入れさせてしまったので、明日はドライブをさせてでも、パスはさせないくらいのプレッシャーをかけたいと思います。オフェンスについては積極的にと思っているのですが、してはいけないミスがまだまだ多いので、そこを修正していきたいと思います。明日もやはり相手のインサイドをどう守るかがカギになります。出だしから強度の高いディフェンスをして、レッドウェーブらしく速い展開に持ち込みたいと思います。