GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年12月16日(月)

Xリーグ2019 秋季リーグ

JAPAN X BOWL vs パナソニックインパルス - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:東京ドーム
観衆:19,984人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


7

Q2


7

Q3


7

Q4


7

TOTAL


28







パナソニックインパルス

0

10

10

6

26







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

11:40

PASS

#18高木 →#81中村

38

KICK

#11西村

G










パナソニック

2

01:29

PASS

#18ローレンス →#15頓花

38

KICK

#11佐伯

G










富士通

2

02:16

PASS

#18高木 →#81中村

29

KICK

#11西村

G










パナソニック

2

06:01

FG

#11佐伯

33










パナソニック

3

01:42

INT

#32小池

39

KICK

#11佐伯

G










パナソニック

3

11:46

FG

#11佐伯

29










富士通

3

11:57

RUSH

#29グラント

75

KICK

#11西村

G










富士通

4

06:33

FUM

#22岩松

KICK

#11西村

G










パナソニック

4

09:20

RUSH

#5ミッチェル

3

PASS

NG










第 1 クォーター


2019年12月16日(月曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、パナソニックインパルス(以下、インパルス)のジャパンXボウルが東京ドームで行われた。19,984人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのキックで試合が開始された。インパルスのリターンをWR(ワイドレシーバー)#15成田が敵陣16yで抑えて始まったオープニングシリーズ。立て続けにファーストダウンを更新されたが、DB(ディフェンスバック)#21大貫、OLB(アウトサイドラインバッカー)#44趙、LB(ラインバッカー)#35竹内、さらにはインパルスの反則もあり敵陣で攻撃を終わらせた。フロンティアーズのファーストシリーズは自陣11ヤードから。10プレー、41yをゲインするもフィールド中央でパントに。続くインパルスの攻撃を抑えると、WR#13高津佐が18yのパントリターン。敵陣42yで攻撃開始となったが、3つのダウンで4yのゲインに留まり、迎えたフォースダウンは6yが残った。だが、フロンティアーズは選んだのはプレー、タイムアウトを挟み挑んだギャンブルで、エンドゾーン中央に走り込んだWR#81中村へ38yのタッチダウンパスが決まり、鮮やかに先制を果たした。

第 2 クォーター


2Q最初のインパルスの攻撃で、18y、15yのロングゲインを許すと、最後は38yのタッチダウンパスを決められ、同点に追いつかれる。直後のキックオフは、リターナの前でバウンドするスクイブキック。だが、落ち着いて反応したWR#13高津佐が47yのビッグリターン。敵陣35yのフィールドポジションをつかむと、その2プレー目に右サイドを駆け上がったWR#81中村へ、この日2つ目のタッチダウンパスを決め、再びリードを7点とする。続くインパルスの攻撃は、自陣19yまで攻め込まれたものの、インパルスの罰退や、LB#35竹内の連続タックルでFGの3点に抑える。互いにパントを蹴り合い、迎えた残り3分11秒からのフロンティアーズのオフェンスは、55yをドライブしゴール前19yに迫ったが、ファンブルが出て攻守交代。前半はフロンティアーズがタッチダウン2本、インパルスはタッチダウンとFGを1本ずつ、フロンティアーズの14-10で終えた。

第 3 クォーター


フロンティアーズのレシーブで再開した後半は、我慢の時間が続いた。タッチバックとなって自陣25yから開始した攻撃は、ファーストダウンを更新するものの、インターセプトリターンタッチダウンを許し、14-17と逆転を許す。続く、攻撃でも、2度のQBサックを受けて自陣でパントを蹴った。残り7分を切ってからのインパルスの攻撃では、ゴール前3yに迫られながら、QBのスクランブルをLB#35竹内がタックル。サードダウンのスペシャルプレーも失敗に終わらせFGの3点に抑えると、直後にビッグプレーが生まれる。3Q残り14秒、これまで思うようなゲインができてなかったRB(ランニングバック)#29グラントがボールをキャリーすると、オフェンスラインの隙間を抜け出し、左サイドを駆け上がる。ディフェンスを寄せ付けないスピードで75yを独走。圧巻の走りで21-20と再びリードを奪った。

第 4 クォーター


最終Qは、最後まで目が離せない展開だった。開始早々のインパルスに77yをゲインされFGを蹴られるも、そのキックはOLB#5マシスが手に触れて失敗に終わらせる。続くフロンティアーズは77yをドライブしタッチダウン。最後はRB#29グラントがファンブルしたものの、WR#22岩松がエンドゾーン内でリカバーしたプレーだった。点差を8点としたが、続くインパルスもサードダウン7yで42yのパスを通すなど気迫あふれるプレーでタッチダウンを奪い、同点に追いつくために2ポイントコンバージョンへ。しかし、ここはフロンティアーズが守りきり、28-26、2点差で残り2分40秒に。ファーストダウンを更新すると勝利が近づくフロンティアーズの攻撃は、1y足らずにパント。残り1分29秒、自陣41yからのインパルスはFGで逆転のシチュエーションだ。だが、サードダウン2yとなったところで、連続してフォルススタートの反則があり合計10yの罰退。強いプレッシャーをかけ、フォースダウンのパスを失敗に終わらせたフロンティアーズが大熱戦を制した。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

リーグ戦で対戦した時とは違う展開になる。そんな想定をして準備をしてきましたが、予想を上回るクロスゲームでした。前半は我々の良いプレーが出ましたが、後半はインパルスに勢いがあった。しかし、劣勢になっても選手たちが動揺せず、目の前のプレーに集中できたのが勝利につながりました。また、最後のシリーズでは、ファンの方のクラウドノイズが我々を後押ししてくれました。選手、ファン、スタッフ、すべてが一体となってつかんだ勝利です。あと1つ、しっかりと準備をして挑みたいです。

今季は怪我でプレーができませんでしたが、プレーしている時よりも精神的にはきつかったですね。勝利が決まった時には勝手に涙が出てくるくらい、安心したんです。。今日の試合では、最初のタッチダウンが決まった時にチーム全員が勢い付きました。後半、接戦となったときも「これまで通り、淡々とやろう!」と声をかけました。その後も我慢強くプレーできたのが、ビッグプレーにつながったと思います。そして最後のインパルスのミスは、会場のクラウドノイズがサポートしてくれたもの。皆でつかんだ勝利だったと思います。