GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年9月7日(土)

Xリーグ2019 秋季リーグ

X1 Super 第2節 vs パナソニックインパルス戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:1,949人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


0

Q2


21

Q3


14

Q4


10

TOTAL


45







パナソニックインパルス

7

0

7

13

27







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


パナソニック

1

06:59

RUSH

#5ミッチェル

1

KICK

#16佐伯

G










富士通

2

05:55

PASS

#3バードソン →#86森田

2

KICK

#11西村

G










富士通

2

10:50

PASS

#3バードソン →#85松井

23

KICK

#11西村

G










富士通

2

11:23

PASS

#3バードソン→#29グラント

25

KICK

#11西村

G










富士通

3

03:58

RUSH

#3バードソン

1

KICK

#11西村

G










富士通

3

08:41

RUSH

#3バードソン

16

KICK

#11西村

G










パナソニック

3

11:28

PASS

#18ロウレンス →#15頓花

8

KICK

#16佐伯

G










パナソニック

4

02:49

RUSH

#18ローレンス

23

KICK

#16佐伯

G










富士通

4

07:21

RUSH

#3バードソン

6

KICK

#11西村

G










富士通

4

09:38

FG

#11西村

24

G










パナソニック

4

10:40

PASS

#18ロウレンス →#15頓花

21

PASS

NG










第 1 クォーター


2019年9月7日(土曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、パナソニックインパルス(以下、インパルス)とのXリーグ第2節が富士通スタジアム川崎で行われ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。 先制を果たしたのはインパルスだった。フロンティアーズのオープニングシリーズがパントに終わると、75ヤードを13プレー、5分30秒を使いドライブ。最後は1ヤードのランプレーでタッチダウンを奪った。直後のフロンティアーズは自陣25ヤードから攻撃をするも、ホールディングの罰退などで思うように攻められない。互いにパントを蹴り合い、フロンティアーズの7点ビハインドで1Qを終えた。

第 2 クォーター


残り8分25秒で迎えた、フロンティアーズ4度目のオフェンスは自陣22ヤードから。RB(ランニングバック)#29グラントのランやQB(クォーターバック)#3バードソンからTE(タイトエンド)#87水野へのパスなどが決まるもフォースダウンで2ヤードが残りパントに。P(パンター)#39吉田が蹴ったボールは、追い風もあって敵陣10ヤード付近まで飛び、インパルスがファンブル。DB(ディフェンスバック)#8小椋がカバーしゴール前10ヤードでファーストダウンを奪う。このチャンスにQB#3バードソンからWR(ワイドレシーバー)#86森田への2ヤードのタッチダウンパスが決まり7-7の同点とする。その後、互いにパントを蹴り合い迎えた前半残り2分から、さらに試合が動いた。自陣39ヤードのからのドライブでQB#3バードソンの29ヤードのランが飛び出すと、WR#85松井へ23ヤードのタッチダウンパスが決まり逆転に成功。続くインパルスの攻撃ではDB#23奥田がファンブルリカバーし、敵陣25ヤードで攻撃権を獲得。絶好の機会に1プレー目で、QB#3バードソンからRB#29グラントへ25ヤードのタッチダウンパスが決まる。21-7と14点リードで前半を終えた。

第 3 クォーター


フロンティアーズのキックで試合が再開すると、インパルスの攻撃は自陣32ヤードから。ランプレーでゲインされるも3ヤードが残ったサードダウンでOLB(アウトサイドラインバッカー)#5マシスがパスカット、インパルスの攻撃をパントに終わらせる。自陣20ヤードからとなった後半最初のオフェンスは、RB#29グラントがショートパスを受けてからのランで39、22ヤードと2つのビッグゲインを奪うなどしてゴール前へ。最後はQB#3バードソンが持ち込んでタッチダウンを決めた。直後のインパルスに自陣39ヤードと、良いフィールドポジションを取られたが、DL(ディフェンスライン)#98南のQBサック、OLB#44趙のロスタックルなどでパントに追い込んだ。3Q残り5分43秒、自陣7ヤードからの後半2度目のオフェンスは、1プレー目にRB#26ウィリアムスに48ヤードのランが飛び出し一気に敵陣へ入ると、サードダウン14ヤードが残るもWR#81中村へパスを通し、最後はQB#3バードソンのランでタッチダウン。その後インパルスに1本返され、35-14で最終Qへと突入した。

第 4 クォーター


フロンティアーズの攻撃がパントに終わると、自陣24ヤードから攻撃を開始したインパルスに、2シリーズ連続のタッチダウンを奪われ14点差に追い上げられる。直後のフロンティアーズは、2度のサードダウンを更新し、最後はQB#3バードソンが、この日3つ目となるタッチダウンラン。77ヤードを10プレー、4分32秒を使って、再び21点差とした。追いすがるインパルスは、直後のオフェンスで10ヤードが残ったフォースダウンでギャンブルに出るも、パスに失敗する。敵陣23ヤードで攻撃を得たフロンティアーズは、FGで追加点。最終スコア45-27でフロンティアーズが開幕2連勝を果たした。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

終わってみれば点差のついた試合でしたが、最後まで気を抜くことができないゲームでした。まずは勝利できたことを嬉しく思っています。一方で、試合の入り方、立ち上がりが良くないのは、初戦に続いての課題となりました。その中でも、流れを引き寄せるプレーができたのは全員が集中していたからだと思います。また、前半終了間際にターンオーバーを奪い、そのチャンスにしっかりと得点できたことが大きかったですね。次戦も、しっかりと準備をして勝利をつかみ取りたいです。

インパルスに勝てたことが、何より良かったですね。その勝利に少しでもプラスになれたことも嬉しく思っています。結果的に流れを変えたキックになりましたが、キッカーとしていつもフラットな状態でプレーしたいと思っています。前後のプレー状況に左右されずに、決められたところにしっかりとボールを落とせるように、今日出た課題を潰していきたいです。開幕から連勝し、チームはいいスタートが切れました。ただ、まだ2つ終わっただけ。次戦もしっかりと集中してチームに貢献していきたいです。