GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年11月17日(日)

Xリーグ2019 秋季リーグ

X1 Super 第7節 vs オービックシーガルズ - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:4,183人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


0

Q2


13

Q3


0

Q4


3

TOTAL


16







オービックシーガルズ

7

0

0

7

14







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


オービック

1

11:28

RUSH

#3スカイラー

7

KICK

#49星野

G










富士通

1

04:45

RUSH

#3バードソン

8

KICK

#11西村

NG










富士通

2

05:56

PASS

#3バードソン
→#29グラント

17

KICK

#11西村

G










オービック

2

01:40

RUSH

#30地村

20

KICK

#49星野

G










富士通

4

09:49

FG

#11西村

23










第 1 クォーター


2019年11月17日(日曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、オービックシーガルズ(以下、シーガルズ)とのXリーグ第7節が富士通スタジアムで行われ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。キックオフのボールをフェアキャッチし、自陣25yから始まったフロンティアーズのオープニングシリーズ。ファーストダウンを更新するものの、自陣でパントを蹴って、シーガルズ陣内10yで攻守交代に。そのファーストプレーでDB(ディフェンスバック)#21大貫がロスタックルを決めるも、ランプレーを中心にジワジワと攻め込まれる。フロンティアーズ陣内に入ると、25ヤードのパスを通され、最後はQB#3スカイラーに7yを持ち込まれて先制を許した。直後のキックオフでWR(ワイドレシバー)#13高津佐が32yリターンし、RB(ランニングバック)#29グラントのランで2yをゲインしたところで、第1Qが終了。あっという間の12分だった。

第 2 クォーター


RB#29グラントの12yのランで2Qが始まると、WR#81中村へのパス、RB#29グラントのラン、サードダウンでQB(クォーターバック)#3バードソンのランでゲインするも、フォースダウンで1yが残った。一度はプレーをするかと思われたが、5y下がってパントを選択する。自陣10yからのシーガルズのシリーズは、DL(ディフェンスライン)#53髙橋のロスタックルで5y戻すなど、3アンドアウトのパントとして、敵陣37yの好ポジションで攻撃権を獲得する。QB#3バードソンとRB#29グラント、2人がそれぞれ14yを走り、ゴール前8yとすると、再びバードソンがボールをキープしタッチダウン。ポイントアフターのキックに失敗し6-7とする。続くディフェンスは、DL#90藤谷がQBサックすると、セカンドダウンでDL#10神山のタックルがファンブルを誘い、フロンティアーズがカバー。敵陣17yで攻撃権を得ると、QB#3バードソンからショートパスを受けたRB#29グラントが、相手ディフェンスを飛び越えるド派手なプレーでタッチダウン。K#11西村のキックも決まり13-7と逆転に成功する。その後は互いにパントを蹴り合い前半を終えた。

第 3 クォーター


フロンティアーズのキックで試合が再開すると、シーガルズは自陣22yから攻撃を開始。プレーを重ねフロンティアーズ陣内に攻め込むも、サードダウンのパスをOLB(アウトサイドラインバッカー)#45鈴木のプレッシャーなどで失敗に終わらせる。続くフロンティアーズは自陣15yからオフェンススタート。RB#29グラントとQB#18高木の連続ランプレーで敵陣へ。しかし、その後はQBサックをもらい、ロングパスにも失敗。15ヤードが残ったサードダウンでWR#81中村へパスを決めるも、ファーストダウンを更新できず、フォースダウンでパントを選択する。このパントがタッチバックとなって攻守交代すると、シーガルズが粘り強くゲインを重ね、フィールド中央まで攻め上がったところで3Qが終了した。

第 4 クォーター


フロンティアーズの6点リードで迎えた勝負の最終Q。フィールド中央からのディフェンスは、連続ランプレーでファーストダウンを更新されると、22yのロングパスを通されレッドゾーンに。直後に20yを走られタッチダウン、13-14と逆転を許す。残り10分、自陣25yからのオフェンスは、2プレー目にインターセプトを喫し、一転ピンチに。だが、セカンドダウンでシーガルズに反則が出ると、サードダウンでLB(ラインバッカー)#35竹内のQBサックが飛び出し、フォースダウンのFGは43yの距離に。このキックが失敗に終わり、無失点で切り抜ける。続くフロンティアーズオフェンスは自陣26yから。敵陣に入るとRB#29グラントへの24y、11yのランなどで、ゴール前8yでファーストダウンを更新。しかし、タッチダウンには至らず、K#11西村のFGで3点を追加する。 残り2分11秒、リードしているものの点差は2点。FGで逆転可能な展開だ。キックオフのボールを28yリターンしたシーガルズは、ゲインを重ねフロンティアーズ陣内に入ると、23yのパスを通しゴール前10yへ、FGが確実な距離へとボールを進めた。残り2秒、運命の26yのキックは、DB#34樋田がブロック。スタンド総立ち、フロンティアーズが劇的な勝利を飾った。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

チームを勢い付ける劇的な勝利、とにかく結果を残せたのが良かったですね。フィールドの選手がいいところで、最高の仕事をしてくれました。試合前には、ロースコアの展開を予想し「1点が大切になる」と、しっかりとスコアすることをチームで確認していました。結果的に前半のトライフォーポイントで出たミスが響き、修正点だと感じています。一方でバックアップメンバーがしっかりと仕事をしてくれたのが勝因です。誰が出てもゲームプランを変えることなく、高いレベルのプレーが出来ています。次戦もしっかりと準備をして挑みたいです。

『とにかく止めてやる!』、最後のプレー前はそれしか頭になかったですね。直前にロングパスを通されましたが、FGになって「まだ勝てるチャンスが残っている」と再び集中することができました。練習通りのプレーで、ブロックができた時は、本当に嬉しかったです。今季は自らの怪我と若手の台頭で出場機会が減っています。しかし、どんな状況でもフィールドに立てば、大切な1プレー。やるべきことに集中するのは変わりません。まだまだ成長できる部分もたくさんあります。次戦も勝利を目指してプレーに集中していきたいです。