GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年9月21日(土)

Xリーグ2019 秋季リーグ

X1 Super 第3節 vs ノジマ相模原ライズ戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:曇り
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:1,280人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


14

Q2


14

Q3


14

Q4


7

TOTAL


49







ノジマ相模原ライズ

0

10

7

2

19







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

04:16

RUSH

#29グラント

54

KICK

#11西村

G










富士通

1

08:09

PASS

#3バードソン →#86森田

8

KICK

#11西村

G










富士通

2

01:03

FR

#92高谷

3

KICK

#11西村

G










ノジマ相模原

2

04:34

FG

#35佐々木

39










ノジマ相模原

2

10:45

PASS

#85八木

2

KICK

#35佐々木

G










富士通

2

11:28

PASS

#18高木→ #29グラント

18

KICK

#11西村

G










富士通

3

03:08

PASS

#18高木 →#86森田

11

KICK

#11西村

G










富士通

3

05:33

INT

#40アディヤミ

69

KICK

#11西村

G










ノジマ相模原

3

10:00

RUSH

#32小林

6

KICK

#35佐々木

G










富士通

4

00:10

PASS

#18高木 →#83柴田

29

KICK

#11西村

G










ノジマ相模原

4

10:38

Safety










第 1 クォーター


2019年9月21日(土曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、ノジマ相模原ライズ(以下、ライズ)とのXリーグ第3節が富士通スタジアム川崎で行われ、フロンティアーズのキックで試合がはじまった。フロンティアーズの最初の攻撃は自陣35ヤードから。ファーストダウンを2度更新したものの、敵陣43ヤードで迎えたサードダウン残り10ヤードでパスに失敗、パントに終わってしまう。続くライズの攻撃を3アンドアウトに抑え、迎えた自陣46ヤードからのシリーズで先制を果たす。1プレー目にボールをキャリーしたRB(ランニングバック)#29グラントは、中央突破すると大きく右サイドに展開。一度はディフェンスにつかまったかに見えたが、振り切って今度は左サイドへ。ブロックの間を走り抜けて、54ヤードのタッチダウンランを決めた。直後のライズは36ヤードをリターンすると、フォースダウン残り2ヤードとなってギャンブルを選択。しかしOLB(アウトサイドラインバッカー)#44趙のタックルが決まり攻守交代。そのドライブでQB(クォーターバック)#3バードソンからWR(ワイドレシーバー)#86森田へのタッチダウンパスが決まり追加点を上げた。

第 2 クォーター


2Qはディフェンスの得点で幕を開けた。パーソナルファウルがあって自陣10ヤードからとなったライズの攻撃。その2プレー目に、OLB#44趙がQBをタックル、ファンブルしたボールをエンドゾーン内でDL(ディフェンスライン)#92高谷がカバーしタッチダウン。21-0とする。直後のライズにロングパスを通されるなど、ゴール前14ヤードまで攻め込まれたが、LB(ラインバッカー)#14太田のロスタックルやLB#45鈴木のQBサックでFGに抑える。互いにパントを蹴り合い迎えた残り1分39秒、自陣10ヤードのからのオフェンスでインターセプトを奪われ、ライズに1本返され21-10と追い上げられる。だが、残り1分15秒からのシリーズで、QB#18高木からWR#81中村へ46ヤードのパスが決まると、最後はエンドゾーンに走り込んだRB#29グラントのタッチダウンパスが決まり28-10、再びリードを広げて前半を終えた。

第 3 クォーター


ライズのキックで試合が再開すると、WR#19小梶が自陣22ヤードまでリターン。左サイドのWR#86森田へ33ヤード、右サイドのWR#81中村へ13ヤードとQB#18高木が左右にパスを投げ分け、連続でファーストダウンを更新。その後も、RB#29グラントとWR#81中村へ短いパスを決め、ゴール前11ヤードとすると、最後はWR#86森田へタッチダウンパスを決める。直後のシリーズでは、ディフェンスがこの2つ目のタッチダウンを奪った。連続ランプレーでフロンティアーズ陣内まで攻め込まれるも、続くパスで相手選手が弾いたボールをDB(ディフェンスバック)#40アディヤミがキャッチ。緩急をつけた走りで相手を翻弄すると、69ヤードを走り切ってタッチダウン。42-10とする。直後のフロンティアーズは、オンサイドキックに成功するもQBサックを受けるなど得点には至らず。反対にライズにタッチダウンを奪われ、42-17と追い上げられた。

第 4 クォーター


3Qから続いたフロンティアーズの攻撃は、敵陣29ヤードとなってQB#18高木からWR#83柴田へのタッチダウンパスが決まり、再びリードを広げる。その後は試合をコントロールしようとするフロンティアーズと、力を出し切ろうとするライズとのぶつかり合いが続いた。ディフェンスではDL#69山崎のロスタックルやOLB#20池田のQBサックが飛び出す一方で、オフェンスは思うようなプレーができず、終了間際にパントをブロックされて2点を奪われた。ゲームはそのままタイムアップ、最終スコア49-19でフロンティアーズが勝利。ビッグブルー、インパルス、ライズと続いた開幕3連戦を連勝で飾った。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

オフェンス、ディフェンス、スペシャルチームと、全てでできていることとそうでないプレーがありました。勝利したこととは別に、もっと各チーム、そして個人のレベルを上げていかないと、この先の戦いは厳しくなると感じています。急遽出場したQB高木も、良いプレーが目立ちましたが、彼ならもっとできると思える点も少なくなかったと思います。どんな展開になっても、誰が出場しても勝利できるように、チームとしての底上げが大切だと痛感した試合でした。次戦もしっかりと準備をして挑みたいです。

いつでもプレーできるように準備していたので、突然の出番にも冷静に対応できたと思っています。ただ、いざフィールドに立つと、独特の雰囲気や相手のプレッシャーなど、想像を上回るものがあり、思うようにできなかった部分もあります。前半終了間際のタッチダウンは、とにかく得点することだけを考えていました。反則が出ていたのに気づいたクラークさんとのプレーが大きかったですね。直前にサックされた分も取り返そうと、最後は気持ちを切り替えて、仲間を信じて投げられたのが良かったと思います。今日の経験を活かして、次戦はさらに成長したプレーを見せたいです。