GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年11月30日(土)

Xリーグ2019 秋季リーグ

X1 Super SF vs エレコム神戸ファイニーズ - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:1,538人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


14

Q2


3

Q3


7

Q4


7

TOTAL


31







エレコム神戸ファイニーズ

0

0

6

7

13







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

01:17

PASS

#18高木→#81中村

7

KICK

#11西村

G










富士通

1

06:56

PASS

#18高木 →#22岩松

5

KICK

#11西村

G










富士通

2

04:04

FG

#11西村

48










エレコム

3

09:02

PASS

#19ソコール
→#87高尾

8

KICK

#12山崎

G










富士通

3

10:11

PASS

#18高木 →#85松井

11

KICK

#11西村

G










富士通

4

01:30

PASS

#18高木 →#22岩松

16

KICK

#11西村

G










エレコム

4

06:13

RUSH

#22川淵

8

KICK

#12山崎

G










第 1 クォーター


2019年11月30日(土曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、エレコム神戸ファイニーズ(以下、ファイニーズ)とのX1 SUPERXリーグセミファイナルが富士通スタジアム川崎で行われた。1,538人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。 キックオフのボールがタッチバックとなって、自陣25ヤードからの攻撃となったオープニングシリーズ。ファーストプレーで、ビッグプレーが飛び出した。ボールをキャリーしたRB(ランニングバック)#29グラントが、インサイドを突破すると左サイドに展開。WR(ワイドレシーバー)#1強のリードブロックも決まり、70yのビッグゲイン。ゴール前に迫ると、QB(クォーターバック)#18高木からWR#81中村へのパスが決まり、先制を果たした。一方のディフェンスもビックプレーで幕を開けた。自陣まで攻め込まれるも、サードダウン9yのシチュエーションを作ると、DB(ディフェンスバック)#8小椋がインターセプト。23yのリターンを決めチャンスを作ると、WR#22岩松へのタッチダウンパスが決まり、14-0で1Qを終えた。

第 2 クォーター


2シリーズ連続でタッチダウンを奪ったものの、その後は思うようにボールを進められず、パントを蹴り合う展開が続いた。2Q、11分からのファイニーズの攻撃をOLB(アウトサイドラインバッカー)#45鈴木のQBサックで13ヤード戻しパントに追い込むと、そのキックをライン際ギリギリでキャッチしたWR#84猪熊が17yリターン。敵陣47yで攻撃権を得ると、WR#22岩松へ11y、WR#81中村へ5yのパスを決め、FGにトライ。48yと距離はあったものの、K(キッカー)#11西村がきっちりと決めて17-0とリードを広げた。前半残り1分1秒、自陣31yからのシリーズは、QB#18高木のランやWR#22岩松へのパスなどで、敵陣29ヤードまでボールを進めると、残りは3秒。46yのFGにトライしたものの、ボールはわずか左に外れてしまう。

第 3 クォーター


フロンティアーズのキックで試合が再開されると、ファイニーズが持ち味を発揮する。自陣17yから攻撃を開始すると、ジリジリと確実にボールを進め、3度のサードダウンを更新。16プレー、9分以上の時間を使ったドライブでタッチダウンを奪われる。そんな追い上げムードを一蹴したのが、2人のランニングバックだった。直後のシリーズ、ファーストプレーでRB#29グラントが32yをゲインすると、RB#26ウィリアムスも続いて32yを走り、あっという間にゴール前11yに。続くプレーでQB#18高木からエンドゾーンに走り込んだWR#85松井へ、フワリと浮かせたパスが決まりタッチダウン。ビデオ判定となったライン際ギリギリのキャッチで24-6、再びリードを広げた。

第 4 クォーター


フロンティアーズのオフェンスで突入した最終Q。連続ランプレーで敵陣に入ると、残り31yからWR#81中村へ一気にタッチダウンを狙ったロングパスを投じる。このプレーがファイニーズの反則を誘い、さらにボールを進めると、続くプレーで中央に走り込んだWR#22岩松へ投げ込んだパスが決まりタッチダウンを奪う。残り10分30秒、26yをリターンされ始まったファイニーズのオフェンスで、タッチダウンを奪われ31-13と追い上げられる。さらに得点を重ねたいファイニーズは、オンサイドキックを蹴るも、WR#19小梶が抑え攻撃権を死守。その後も試合をコントロールしたフロンティアーズが最終スコア31-13で勝利。4連覇へ王手をかけた。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

オープニングシリーズから続けてタッチダウン奪い、ディフェンスも前半をゼロで抑え、良い形でスタートが切れました。後半もファイニーズの形になりそうなところで、オフェンスがすぐに取り返したのが大きかったですね。次戦はいよいよJAPAN X BOWL。試合を重ねるごとに変化しているインパルスとは、シーズン中とは違った展開になると思っています。いつもとは雰囲気の違う決勝の舞台では、いつも通りのプレーができるかどうかがポイントだと思います。しっかりと準備し勝利を目指します。

リーグ戦で対戦した時の反省を踏まえて、準備してきたことができた試合だったと思います。ただ、後半にタッチダウンを奪われた2つのシリーズは課題が残りました。タックルミス、ショートパス、QBに走られると、失点する時の悪いパターンが続いたんです。もう一度、一人ひとりが自分の役割を果たせるように取り組みたいです。決勝で勝利するには、さらに成長することが不可欠です。しっかりと準備をして、ディフェンスラインで相手を圧倒し、チームに勢いをつけたいです。