GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年5月18日(土)

第41回パールボウルトーナメント

東京ガスクリエイターズ - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:曇り
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:1,272人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


3

Q2


10

Q3


7

Q4


14

TOTAL


34







東京ガスクリエイターズ

0

0

0

7

7







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

09:58

FG

#11西村

29










富士通

2

02:41

FG

#25大塚

23










富士通

2

10:00

PASS

#3バードソン →#85松井

2

KICK

#11西村

G










富士通

3

08:02

RUSH

#30金

1

KICK

#11西村

G










東京ガス

4

02:00

RUSH

#22尾花

1

KICK

#19関根

G










富士通

4

06:24

PASS

#7藤田 →#89福井

6

KICK

#25大塚

G










富士通

4

11:55

PASS

#12平本 →#83柴田

2

KICK

#11西村

G










第 1 クォーター


2019年5月18日(土曜日)、第41回パールボウルトーナメント・Aブロックの第3試合が富士通スタジアム川崎で行われ、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、東京ガスクリエイターズ(以下、クリエイターズ)と対戦。1,272人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。オープニングシリーズは2つのランプレーでサードダウン残り1ヤードに迫るも、ファーストダウン更新を狙ったランはノーゲインに抑えられ、パントで攻守交代。一方のクリエイターズもサードダウン残り1ヤードとしてランを選択するも、DL(ディフェンスライン)#69山﨑が2ヤードのロスタックル。同じような立ち上がりとなった。フロンティアーズ2度目のオフェンスは自陣22ヤードから。RB(ランニングバック)#33高口のランやWR(ワイドレシーバー)#85松井、WR#13高津佐へのパスで敵陣へ攻め込むも、ゴール前12ヤードでサードダウンのパスに失敗しFGを選択。K(キッカー)#11西村が29ヤードを決めて先制を果たした。

第 2 クォーター


ゴール前18ヤード、セカンドダウン残り6ヤード。フロンティアーズのオフェンスではじまった2Q。フォースダウンで1ヤードが残りギャンブルを選択。RB#30金が中央突破しファーストダウンを更新すると、続くプレーでエンドゾーンに走り込んでいたTE(タイトエンド)#89福井へパス。一度は胸に収まったかに見えたが、タックルを受けてパス失敗。K#25大塚が23ヤードのFGを決めて3点を加えた。一度は自陣に入られるも、フィールド中央まで押し戻す安定したディフェンスを見せた直後のシリーズでタッチダウンを奪った。ファーストプレーでQBサックを受けたものの、QB(クォーターバック)#3バードソンの23ヤードのランが飛び出し敵陣へ入ると、WR#13高津佐へ3連続パスが決まりゴール前へ。最後はWR#85松井へ2ヤードのタッチダウンパスを決めてみせた。前半残り44秒、自陣46ヤードからのシリーズではFGのチャンスを作ったが、キックは失敗。前半を13ー0で終えた。

第 3 クォーター


フロンティアーズのキックで試合が再開すると、両チームのアグレッシブなオフェンスが見られた。自陣22ヤードから攻撃を開始したクリエイターズは、ファーストダウン更新までボール1個分程度となったフォースダウンでギャンブルに成功。フロンティアーズ陣内に入った48ヤード地点でも1ヤードを残して再びギャンブルに。しかし、ここはディフェンスが止め、攻守交代。RB#30金のランでファーストダウンを更新すると、WR#19小梶へ15ヤードのパスを通し、ゴール前25ヤードに迫るとRB#30金の連続ランであと前1ヤードに。タッチダウンを狙ったWR#19小梶へのパスは失敗となるも、フォースダウンギャンブルでBR#30金が中央突破。タッチダウンを決める。

第 4 クォーター


3Qから続いたクリエイターズのオフェンスにタッチダウンを決められ、20ー7となった最終Q。フロンティアーズも2つのタッチダウンを奪った。自陣30ヤードからのシリーズでは、QB#18高木が6本のパスを決めてゴール前に迫るも、罰退もあってフォースダウンでFGを選択する。そのプレーではスナップが乱れたが、DB(ディフェンスバック)#7藤田から大きく右サイドへ走ったTE#89福井へのタッチダウンパスが決まった。残り3分17秒からのシリーズでは、RB#30金の連続ランでファーストダウンを更新すると、QB#12平本からWR#15成田へ3本のパスを決めるなどしてゴール前へ。残り11秒、最後はWR#83柴田へタッチダウンパスを決めて試合終了。最終スコア34ー7でフロンティアーズが勝利した。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

結果だけみれば、点差がついたゲームでしたが、内容は反省すべきところが多いですね。特にオフェンスは34点をとったものの、ミスが目立ちました。いまはベーシックなプレーを、より正確にプレーすることがテーマ。もっと自分たちのプレーをすることが必要です。ただ、リズムが作れなかったなりにもハーフタイムで修正し、後半に活かせたのは収穫でした。一方のディフェンスは精度の高い安定したプレーを見せてくれました。次戦は2週間後。急激な変化ではなく、一つひとつのプレーの精度が上げられるように取り組んでいきたいです。

初のタッチダウンでしたが、ボールを取ることができて、少し自信になりました。また今日は飛んできたボールをすべて取れたのも良かった点。ここから毎試合「タッチダウンを取る」くらいの気持ちでやっていきたいです。チームには多くのレシーバーがいるので、自分の役割を果たしたいと思っています。オフェンスを進めるために、ブロック、キャッチ、アサイメント、すべてのプレーにこだわっていきたいです。次戦も新人らしい思い切ったプレーで、チームに勢いをつけたいです。