GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年11月3日(日)

Xリーグ2019 秋季リーグ

X1 Super 第6節 vs 東京ガスクリエイターズ - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:曇り
会場:横浜スタジアム
観衆:1,955人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


14

Q2


21

Q3


9

Q4


21

TOTAL


65







東京ガスクリエイターズ

0

0

0

0

0







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

04:27

RUSH

#30金

60

KICK

#11西村

G










富士通

1

10:48

RUSH

#33高口

4

KICK

#11西村

G










富士通

2

02:28

PASS

#3バードソン
→#85松井

7

KICK

#11西村

G










富士通

2

06:57

PASS

#3バードソン
→#19小梶

5

KICK

#11西村

G










富士通

2

10:17

PASS

#3バードソン→#1強

6

KICK

#11西村

G










富士通

3

02:10

INT

#43井本

80

KICK

#11西村

G










富士通

3

10:28

Safety










富士通

4

00:48

RUSH

#33高口

1

KICK

#11西村

G










富士通

4

08:04

PASS

#18高木 →#19小梶

4

KICK

#11西村

G










富士通

4

09:41

RUSH

#30金

21

KICK

#11西村

G










第 1 クォーター


2019年11月3日(日曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、東京ガスクリエイターズ(以下、クリエイターズ)とのXリーグ第6節が横浜スタジアムで行われ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。キックオフのボールをWR(ワイドレシーバー)#84猪熊が自陣43yまでリターンするも、セカンドダウンでファンブルが出てサードダウンで34yが残った。WR#84猪熊へ29yのパスを成功させるも、パントで攻守交代となる。続く、クリエイターズの攻撃をディフェンスが3アンドアウトに抑えると、自陣35yのフィールドポジションを獲得。その2プレー目にビッグプレーが飛び出した。ボールをキャリーしたRB(ランニングバック)#30金が中央突破。ディフェンスを交わし、右サイドを駆け上がり60ヤードを独走。フロンティアーズが先制を果たした。その後、RB#33高口のタッチダウンランで7点を追加したフロンティアーズが14-0で1Qを終えた。

第 2 クォーター


2Qもフロンティアーズが冴えを見せた。開始早々のオフェンスシリーズはWR#1強へ44yと14y、立て続けにパスを決めると、ゴール前9yでファーストダウンを更新。RB#30金の連続ランプレー、サードダウンでパスをするも7yが残ったフォースダウンでプレーを選択。積極的な攻めが功を奏し、エンドゾーン中央に走り込んだWR#85松井にタッチダウンパスを決める。2Q2度目のシリーズもWR#1強へのパスでドライブをつないだ。自陣で11ヤードが残ったサードダウンで13y、敵陣に入ってからはフラッグが飛んだプレーで35yのパスに成功。ゴール前5yでファーストダウンを更新すると、最後はWR#19小梶へのタッチダウンパスを決め28-0とする。一方のディフェンスも順調だった。残り5分となって迎えたクリエイターズのオフェンスを一度はパントに追い込むも、ラフィング・ザ・キッカーの反則を取られ、再び守備につく展開となったが、直後のプレーでDB(ディフェンスバック)#21大貫がインターセプト。敵陣32yで攻撃権を得ると、ドライブを重ね、最後はWR#1強へのタッチダウンパスを決めた。

第 3 クォーター


後半はディフェンスのド派手なプレーで幕が明けた。クリエーターズに35yのロングゲインを許しFG圏内に攻め込まれるも、DB#43井本がパスインターセプト。そのままグングン加速しエンドゾーンへ、80yを走り切りタッチダウンを奪った。さらに、残り4分を切ってからの敵陣7yからのディフェンスでは、ファーストダウンでDL(ディフェンスライン)#99髙橋2yのロスタックル、セカンドダウンはDL#69山崎、サードダウンはDB#34樋田のタックルで、ファーストダウンの更新を許さず。自陣深くからのパントとなったクリエイターズのスナップのミスを誘い、セーフティで2点を上げた。

第 4 クォーター


3Qからのオフェンスシリーズで、RB#33高口のタッチダウンランで51-0とリードを広げたフロンティアーズ。最終Qは、何とかスコアしたいクリエイターズの前に立ちはだかった。初回のシリーズでは、ファーストダウンを更新されたものの、きっちりと敵陣で攻撃を終わらせると、2度目の守備機会はLB#88大橋が1プレー目にインターセプト。残り2分となって迎えた3度目のシリーズも連続ロスタックルでゲインを許さなかった。一方のオフェンスはQB(クォーターバック)#18高木からWR#19小梶へのタッチダウンパス、RB#30金のこの日2つ目のタッチダウンランで得点を重ねた。最終スコア65-0、開幕からの連勝を「6」に伸ばした。次戦は宿敵オービックシーガルズ、勝った方がリーグ戦を首位となる大一番だ。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

前節で出た課題を意識しながら、全員が試合に集中しプレーすることができました。準備していたことを成し遂げ、勝利に結びつけられたのは収穫です。オフェンスでは、各ポジションのわずかなミスで、サードダウンで長い距離が残るシチュエーションが多くなり、さらにプレーの精度を高めていくことが必要だと感じました。次はいよいよシーガルズ戦。とにかく自分たちのプレーをすること、持てる力を出し切ることが勝利には必要です。しっかりと準備し、ベストメンバーで挑みたいです。

久しぶりのスターターで、緊張するんじゃないかと不安もありましたが、落ち着いて出来たのが結果につながりました。最初のタッチダウンはOLがいいブロックをしてくれたのが大きかったですね。自分は持っていっただけ、最後は追いつかれていましたから(笑)。サイドラインに戻って「遅いな」と冗談まじりで声をかけられるのも、まだまだ頑張れると思える瞬間。次はシーガルズ戦、誰かに頼るのではなく、チーム全員が集中し力を発揮し、必ず勝利をつかみたいです。