GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2019年4月21日(日)

第41回パールボウルトーナメント

富士ゼロックスミネルヴァAFC 戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:1,335人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


14

Q2


17

Q3


14

Q4


6

TOTAL


51







富士ゼロックス
ミネルヴァAFC

0

0

0

0

0







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

03:39

RUSH

#33高口

40

KICK

#11西村

G










富士通

1

07:24

PASS

#3バードソン
→#83柴田

19

KICK

#25大塚

G










富士通

2

01:07

INT

#40アディヤミ

63

KICK

#11西村

G










富士通

2

05:50

FG

#25大塚

24










富士通

2

10:51

PASS

#3バードソン
→#86森田

2

KICK

#11西村

G










富士通

3

07:38

PASS

#18高木→
#13高津佐

4

KICK

#11西村

G










富士通

3

11:44

RUSH

#33高口

11

KICK

#25大塚

G










富士通

4

12:00

PASS

#12平本→ #19小梶

20










第 1 クォーター


2019年4月21日(日曜日)、第41回パールボウルトーナメント・Aブロックの第1試合が富士通スタジアム川崎で行われ、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、富士ゼロックスミネルヴァAFC(以下、ミネルヴァAFC)と対戦。晴天に恵まれたスタンドには1,335人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。 キックオフのボールがフロンティアーズの一列目の選手に当たり、跳ね返ったところをミネルヴァAFCが抑え攻撃権を獲得。思わぬスタートとなったが、ディフェンス陣が慌てることなく3アンドアウトに抑えると、フロンティアーズは自陣29ヤードから攻撃開始。WR(ワイドレシーバー)#86森田へのパスでファーストダウンを更新すると、RB(ランニングバック)#33高口へのパスとランで敵陣へ。ミネルヴァAFCの反則もあってファーストダウンを更新すると、ボールをキャリーしたRB#33高口がタックルを振り払う力強い走りで、40ヤードのタッチダウンラン。フロンティアーズが先制を果たす。その後もQB(クォーターバック)#3バードソンからWR#83柴田へのタッチダウンパスが決まり、1Qを14ー0とする。

第 2 クォーター


2Qが始まるとディフェンスにド派手なプレーが飛び出した。ファーストダウンを2度更新されて自陣に攻め込まれるも、DB(ディフェンスバック)#40アディヤミがこの日2つ目のインターセプト。自陣40ヤード付近でボールをキャッチすると、左サイドを駆け上がり、敵陣35ヤード付近ではディフェンスのタックルを交わし、さらに前進。そのままゴールまで持ち込む63ヤードのインターセプトリターンタッチダウンを決めてみせた。直後もディフェンスが躍動する。タッチバックとなって始まったミネルヴァAFCの攻撃で、DL(ディフェンスライン)#91斉川が2ヤード、LB(ラインバッカー)#14太田も10ヤードのロスタックルを決め、パントに追い込んだ。一方のオフェンスもK(キッカー)#11西村のFG、QB#3バードソンからWR#86森田へフワリと浮かせたタッチダウンパスが決まり、前半を31ー0とリードして終えた。

第 3 クォーター


互いにパントを蹴り合いスタートした後半。フロンティアーズのパントがタッチバックとなって、自陣20ヤードからのミネルヴァAFCの攻撃は、フォースダウン残り1ヤードとなってギャンブルを選択。1ヤードを取りに来たランプレーをDL(ディフィンスライン)#99髙橋がタックルし、敵陣24ヤードで攻撃権を獲得すると、RB#26ウィリアムスの3連続ランプレーで、ゴール前10ヤードに。最後はQB#18高木からWR#13高津佐へ4ヤードのタッチダウンパスが決まった。直後のミネルヴァAFCの攻撃では、サードダウンでOLB#44趙のQBサックが飛び出すなどして、またも敵陣で攻撃権を得ると、RB#33高口の2つの目のタッチダウンランで、45ー0とリードを広げた。

第 4 クォーター


点差が開いて迎えた第4Qも、最後までアグレッシブなプレーが見られた。ディフェンスが2度の守備機会を、ゴール前には進ませない安定したプレーを見せれば、オフェンスは敵陣42ヤード、ファーストダウン更新まで残り9ヤードでギャンブルを選択。結果は失敗に終わったものの、残り2分で迎えた2度目のオフェンスでは、WR#19小梶へ31ヤードのパスを通すなどして、ゴールまで20ヤードでファーストダウンを更新する。残り16秒、QB#12平本からエンドゾーンに走り込んでいた#19小梶へのパスが決まり、そのまま試合終了。最後まで攻め続けたフロンティアーズが、2019年シーズン初戦を白星で飾った。

文・写真/ NANO association

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

ヘッドコーチとして迎えた初戦を勝利できたことは、とても嬉しく思っています。春シーズンのテーマは、選手が経験を積んでレベルアップすること。個々が成長することで、チームの総合力を上げたいと思っています。今日の試合では、新人選手も多く出場しました。なかには、想像以上のプレーをする選手も見られました。これに満足することなく、もっともっとプレーのレベルを上げていくことが日本一になるには欠かせません。次戦も、勝利することはもちろん、プレーの質を上げることにもこだわっていきたいです。

2つのタッチダウンは、オフェンスラインとのコンビネーションが良かった上に、自分の持ち味を出せたプレーだったと思います。テーマとしていた「足を止めない」強い走りができ、これを続けていきたいと思っています。昨年は個人的には悔いの残るシーズンでした。1、2年とは違って、もっと「上手く走りたい」と考えたのが、結果的に迷いにつながりました。いまはとにかく、自分の長所を活かすことを考えています。次戦も、がむしゃらに前に強く走ることをテーマに取り組んでいきたいです。