BLOG

ブログ

Share on twitter
Share on facebook

2021年度FFFC卒業イベント〜前編〜

今年もフロンティアーズ傘下のフラッグフットボールチーム、FFFC(富士通フロンティアーズフラッグフットボールクラブ)の卒業イベントとして、現役フロンティアーズ選手とのフラッグフットボールのガチンコ試合を開催しました!

前編では、中学生チーム「ジュニアフロンティアーズ(以下、ジュニア)」との試合模様をお届けします🏈

今回のイベントでフロンティアーズチームのキャプテンを務めたのは、FFFC出身のDB#15髙岡。
「OBとして自分が巣立ったチームに恩返しがしたいと、気合を入れて準備してきました。お世話になったコーチをギャフンと言わせます!!」と試合前から意気込んでいました!!

昨年は大激戦の末、26対26の引き分けで終わった試合。
今年は決着がつくのか?!
まずは、フロンティアーズの攻撃から試合開始!

最初の攻撃はFFFC出身の2人のホットライン!新人QB#15野沢よりWR#13高津佐へのパス。しかしまだ上手く連携が取れていないのか、惜しくもパスは失敗。
C(センター)はキャプテンのDB#15髙岡が務めるも、スナップミスが続きあっという間に攻守交代に…先行きが怪しいスタートとなったが、この後挽回できるのか…?!

ジュニア最初の攻撃は#19南選手からのロングパスなどが繰り出されたが、惜しくもパス失敗。その後のプレーではフロンティアーズDB#1渡辺がインターセプトします。
フロンティアーズでもDBを務めるいわゆる「本職」渡辺を試合に出す、大人気ないフロンティアーズ!

フロンティアーズ2回目の攻撃は、最初の攻撃でミスを連発していたC(センター)をキャプテンのDB#15髙岡から、FFFC出身のWR#84神に交代!新人QB#15野沢からのパスは通るも、エンドゾーン目前にして、ジュニアの#5柳選手にインターセプトをされてしまいます。

攻守交代となり再びジュニアの攻撃となったが、1プレー目でDB#36吉井がインターセプト!両チームディフェンスの「やられたら、やり返す!」熱い戦いが繰り広げられます!

激しい戦いが続く中、先制したのはフロンティアーズ!
新人QB#15野沢からWR#84神へのロングパスが成功し、見事タッチダウン!
しかし、喜びも束の間。直後のFFFCの攻撃では#19南選手から#5柳選手へのパスが成功、ランアフターキャッチではフロンティアーズのDEFをすり抜け、タッチダウンを奪われあっという間に同点にされてしまいます。

その後もジュニアの#19南選手からのパスを#5柳選手や#26河合選手、#48岩村選手、そして#81新見選手がキャッチし、華麗な走りで好プレーを連発されます。
的確なプレーで着々と得点を重ねられ、21-7でジュニアに大量リードを奪われます!
試合時間も残りわずかとなり、ジュニアにこのまま逃げ切られてしまうのか?!
試合会場は大いに盛り上がります。

試合終盤のフロンティアーズの攻撃で、新人QB#15野沢からFFFC出身のDB#32近田へのロングパスが成功しタッチダウン!
21-14と追い上げるものの、続くジュニアの攻撃で#19南選手から#5柳選手へのロングパスが成功しタッチダウン!またもや点差を広げられてしまいます。

お互い最後の攻撃は激しい守備でフロンティアーズの攻撃は#48岩村選手が、そしてジュニアの攻撃ではDB#14高口がインターセプトし、試合終了!

27対14でジュニアの勝利となりました!
前半戦では、FFFC出身のフロンティアーズ5名の選手の活躍が光った試合となりました!
後半戦である、小学生チーム「キディフロンティアーズ」との対戦の結果は後編としてお届けします🏈
お楽しみに!