GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2022年1月3日(月)

Xリーグ2021 秋季リーグ

RICE BOWL vs パナソニックインパルス戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:東京ドーム
観衆:14,610人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


0

Q2


14

Q3


0

Q4


10

TOTAL


24







パナソニックインパルス

0

11

7

0

18







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


パナソニック

2

2:58

FG

#16佐伯

34










富士通

2

5:45

RUN

#18高木

2

KICK

#5納所

G










富士通

2

10:55

PASS

#18高木→#85松井

11

KICK

#5納所

G










パナソニック

2

11:48

PASS

#18ローレンス→#88木戸

7

PASS

#88木戸→#18ローレンス

G










パナソニック

3

8:22

PASS

#18ローレンス→#2レオンシャ

6

KICK

#16佐伯

G










富士通

4

1:06

RUN

#18高木

2

KICK

#5納所

G










富士通

4

8:40

FG

K#5納所

29










第 1 クォーター


コイントスに勝ったインパルスが前半のレシーブを選び、フロンティアーズのキックで試合が始まった。そのインパルスのオープニングシリーズは、12プレー、3分25秒をかけ攻められ、ゴール前6yでファーストダウンを更新される。だが、ファーストダウンでDL(ディフェンスライン)#0マシスがQBサックすると、その後のタッチダウンを狙ったパス、そしてフォースダウンのFGも失敗に。ディフェンスが踏ん張り、無失点で切り抜けた。自陣20yからのフロンティアーズ最初のオフェンスは、フィールド中央までボールを運ぶもパントに。続くディフェンスでは、DB(ディフェンスバック)#7藤田がパスインターセプト。自陣40yで攻守交代となったがスコアできず、1Qは両チーム無得点に終わった。

第 2 クォーター


2Qに入ると試合が動き出す。1Q同様、インパルスにじわり攻められゴール前にボールを運ばれたものの、OLB(アウトサイドラインバッカー)#20池田のロスタックル、DL#53高橋の激しいプレッシャーでFGの3点に抑えると、フロンティアーズに流れが傾き始める。直後のオフェンスの1プレー目、QB(クォーターバック)#18高木からWR(ワイドレシーバー)#85松井へ56yのパスを決めて一気に敵陣へ入ると、RB(ランニングバック)#2ニクソンのランと、WR#85松井へのパスで、ゴール前4yでファーストダウンを更新。WR#85松井へのパス、QB#18高木のラン、サードダウンのRB#2ニクソンのランが止められ、フォースダウンとなるも、最後はQB#18高木が大きく右サイドに走ってエンドゾーンへ。7-3と逆転に成功する。8分過ぎのオフェンスでも、WR#85松井への37yのロングパスを皮切りに敵陣へ攻め込み、最後もWR#85松井へ11yのタッチダウンパスを決めた。終了間際にインパルスにタッチダウンを返されたが、14-11とリードして前半を終えた。

第 3 クォーター


後半も両チームの拮抗した戦いが続いた。後半のスタートとなったフロンティアーズオフェンスは、フィールド中央までボールを進めたものの、フォルススタートの反則が出るなどしてパントとなる。一方インパルスは、12プレー、4分30秒をかけて87ヤードをドライブしタッチダウン。その後のキックも決めて14-18、FGでは追いつけない4点差とする。直後のキックオフをRB#1三宅が30yリターンすると、RB#2ニクソンの3連続ランはファーストダウンまでわずかに足りず、自陣40yでフォースダウンギャンブルへ。再び#2ニクソンへボールを預けるとファーストダウンを更新。さらに、WR#81中村へ19yと14yの連続パスを決め敵陣へ。しかし、その後は思うようにゲインできず、インパルス陣内21y、フォースダウン残り6yとなって、FGユニットがフィールドへ入ると3Qが終了した。

第 4 クォーター


4点を追う最終Q。一度はFGを蹴るかと思われたが、フィールドに立ったのはオフェンス陣だった。6yが残ったフォースダウン、ボールを受けたQB#18高木がスクランブル発進。見事にファーストダウンを更新すると、WR#19小梶に12yを投げてゴール前2yに。最後は再びQB#18高木が走ってタッチダウン。21-18と逆転に成功する。直後のインパルスは早いテンポで、29yと25y、2つのロングパスを通すなどして、ゴール前10yでファーストダウンを更新する。続くプレーでRBがボールをキャリーし、ゴール前へ切れ込むが、DB#43井本のタックルがファンブルを誘い、DB#7藤田がエンドゾーンでカバー。タッチバックとなり攻守交代。ゴール前のピンチを無失点で凌いだ。6分過ぎのオフェンスで追加点を挙げ6点リード迎えた最終盤。残り3分20秒からのディフェンスでは、ファーストダウンでDL#95宇田が7yをロスさせるQBサック、フォースダウン残り1yからはLB#47山岸の4yのロスタックルで守り抜く。残り時間1分45秒、再びインパルスに攻撃権が渡るも、最後までディフェンスが奮闘。フロンティアーズが2年ぶり6度目の頂点に立った。

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

新しい形式となったライスボウル。今までとは違った緊張感で、準備を進めてきました。勝利という結果が伴うことができ、本当に良かったと思っています。力のあるインパルスとの対戦は、厳しい展開になるのはわかっていました。少ないチャンスをものにしたオフェンス、序盤から粘り強く守り失点を防いだディフェンス、課題だったフィールドゴールを含め、スペシャルチームの踏ん張りも勝因だったと思います。試合時間残り2分を切ってからのフォースダウンギャンブルは取りきりたかったのですが、その後ディフェンスが守り切り勝てたのも大きな収穫。シーズン当初からチーム内の怪我人が多く、不安な部分もありましたが、フィールドに立った選手が力を発揮し活躍してくれました。チーム一丸となって掴んだ日本一です。

5連覇がかかった昨シーズンは、決勝で敗れました。主将となった最初のシーズンで、自分の役割が果たせなかったと後悔した部分がありました。ですから、今年は「何としても日本一になる」と強い思いを持っていたんです。今日こうして、結果が残せたことを嬉しく思っています。リーグ戦で負けたインパルス相手で、厳しい展開を想定していました。試合中はスコアを気にせず、目の前のプレーに集中。1つ、2つロングゲインをされても、そこから切り替えて粘り強くやろうと、最後まで気持ちを切らさなかったのが良かったと思います。ファンの皆さんの熱い応援も大きな力になりました。今季もご声援いただき、本当にありがとうございました。