TOPICS

特集記事

Share on twitter
Share on facebook

富士通フロンティアーズ 新人紹介

 社会人でもフットボールが続けたくて、日本一を目指す環境が整っている場所だと思い入社しました。大学時代にライスボウルで2度対戦した際には、本当に強いチームという印象を持ちました。仕事とフットボールを両立し、応援される選手であり続けることも、これまでとは違った刺激があると思っています。
 中学からはじめたフットボール。スピードを活かしたランニングバックとして頑張ってきたので、これからもスタイルを変えずに活躍できたらと思っています。まだ体が細いのでトレーニング筋トレや食事の管理をして、体を大きく、自分のパフォーマンスを十二分に発揮できる状態にしたいと思っています。
 フロンティアーズにはリーグを代表するサマジー選手やニクソン選手がいます。憧れの選手と一緒に練習して、自分の成長につなげたいと思っています。将来的には、「三宅にボールを預けたらタッチダウン」というくらい信頼される選手になります。

 大学からフットボールを始め、当初はディフェンスラインをやっていました。3年からコーナーバックになりましたが、勝ち負けが如実にあらわれるこのポジションにやりがいや楽しみを感じています。今までより上のレベルで「どこまで自分が通用するのか」、そういう意味でフロンティアーズでのプレーを非常に楽しみにしています。
 入社した理由は、同じポジションにアディヤミ選手がいることです。身体能力の高さに目がいきがちですが、ファンダメンタルやフィールド以外の取り組みもスゴい選手と聞いています。また、大学時代に関わりのあった トムコーチ(トーマス カウマイヤー)の存在も大きく、厳しい練習の中にも楽しさを忘れない素晴らしいコーチです。このように高いレベルの選手やコーチがたくさんいるフロンティアーズなら、「自分自身をもっと磨いていけるのでは」と思っています。  今年はまず試合に出場して活躍すること、そしてやる以上はより高いレベルを目指し、海外にも挑戦したいと思っています。そのために毎試合結果を残すことを意識し練習に励みます。アスリートとして、日々高い意識を持って取り組んでいきます。

フットボールも仕事も、高いレベルで、偏ることなくやりたいと思っていたので、その環境が整っている富士通に入社しました。両立することは簡単ではないと思いますが、先輩方 も頑張っているので、いまは楽しみの方が強いです。
 ポジションはセーフティーで、フィジカルを活かした力強いプレーが特徴です。当たり負けせずに、ランニングバックを止める姿を見せていきたいです。そのためには、クイックネスとスピードを上げることが課題です。Xリーグはプレースピードが速く、フィールドを広く使う外国人クォーターバックにも対応しなければならないと思っています。
 今年は、早く試合に出られるレベルに自分を上げることが目標です。気持ちは人一倍強いタイプです。がむしゃらにやっていきます。高いレベルの先輩に追いつき、追い越していきたいです。

 「まだまだフットボールがしたい、それもより高いレベルで。」そう考えていたのでフロンティアーズで日本一を目指せるのはとても嬉しいです。
 小学1年からフットボールをはじめましたが、知れば知るほど好きになるのがこの競技の魅力。本当に奥深いスポーツです。チームによって作戦が違ったり、海外からの戦略だったり、またその時々の流行など、いつも新たな発見があります。社会人のラインバッカーは、速い、強い、大きいと3大要素が揃っている選手が多いですが、私は大きさがない分、速さを磨きたいと思っています。またアグレッシブさも自分の持ち味です。
 試合に出場したら、ハードタックル、ハードヒットで試合の流れを一気に変えるようなプレーがしたいです。たとえ流れが悪くても、チームメイトが「ここからだ!」と思えるような闘志あふれるプレーをします。応援よろしくお願いします。

 入社した理由は、自分を必要としてくれるところだと思ったからです。それが社会人でもプレーを続けようと思った動機です。
 ポジションはオフェンスラインです。左のタックルで、スピードが持ち味なので、ランニングバックのルートを作るプレーが得意です。高校でフットボールをはじめた時はディフェンスライン、大学に入ってオフェンスラインになりましたが、はじめはネガティブな気持ちでした。しかしながら、やっていくうちに仲間から信頼が得られるポジションであることに今は大きな魅力を感じております。
 誇りを持って日本一に貢献できるよう精進します。是非オフェンスラインを、そして#71に注目してください。応援よろしくお願い致します。

 高校からフットボールを始め大学でもプレーしましたが、一度も優勝することができず、やりきることができませんでした。フロンティアーズは常に上を目指し続けるチーム、その一員として日本一になりたいと思っています。
 大学時代はオフェンスラインでタックルでしたが、フロンティアーズではガードにも挑戦する予定です。ガードは力強さが求められるポジションです。フィジカル強化に取り組んでいきます。また、今までフィーリングでやってきたことも、しっかりとルール化されているのが、フロンティアーズの凄さ。覚えることも多いですが、考えてプレーできるのが私の長所なので意識して課題に取り組んでいきます。
 まずは試合に出場して、相手を圧倒する、強い気持ちを持ってプレーすることを目標にしています。同じポジションの先輩方とも切磋琢磨し、自分がどこまでできるか、常に挑戦していきたいです。

 私は、フロンティアーズ傘下のフラッグフットボールクラブ出身で父がXリーグの元選手でした。自分にもやれる力があるなら挑戦したいと思っていました。また大学4年間で日本一になれなかった悔しさも、社会人でフットボールを続けたいと思った要因です。
 ポジションはワイドレシーバーです。身長をいかした競り合いで、球際に強いのが私の長所です。課題はアジリティで、細かい部分まで洗練されている選手が多いフロンティアーズの環境下で伸ばしていきたいと思っています。
 試合に出場して、チームの日本一に貢献することが目標です。オフェンスで盛り上がるのは、やっぱりタッチダウンのシーンです。ぜひとも決めます。競争が激しいポジションで、試合に出るのは簡単なことではありませんが、出場した際には自信を持ってプレーをします。そんな自分をみてください。しっかり力をつけていきます。応援よろしくお願いします。

 入社した理由は、社会人になってもフットボールと仕事を両立したいことです。その環境が整っているのがフロンティアーズでした。日本一になるために近道はありませんが、フットボールと仕事、どちらも全力で取り組める環境だと思っています。
 ディフェスラインとしては小柄ですが、それをカバーするスピードが持ち味です。学生の頃に極真空手をやっており、体の動かし方や使い方など、空手の経験がフットボールにも役立っています。体が小さいが故に、ヒットされると弱いと思われがちですが、それを上回るスピードと、フィジカル面を強化し、社会人のレベルで通用する選手になりたいと思っています。 
 今年の目標は、「スターターに選ばれること」です。ビッグプレーメーカーになって、チームに流れを引き寄せるプレーをしたいと思っています。日本一になることはもちろん、選手として、また社会人として、目標とされる人になります。

社会人でもフットボールが続けたくて、日本一を目指す環境が整っている場所だと思い入社しました。大学時代にライスボウルで2度対戦した際には、本当に強いチームという印象を持ちました。仕事とフットボールを両立し、応援される選手であり続けることも、これまでとは違った刺激があると思っています。

中学からはじめたフットボール。スピードを活かしたランニングバックとして頑張ってきたので、これからもスタイルを変えずに活躍できたらと思っています。まだ体が細いのでトレーニング筋トレや食事の管理をして、体を大きく、自分のパフォーマンスを十二分に発揮できる状態にしたいと思っています。

フロンティアーズにはリーグを代表するサマジー選手やニクソン選手がいます。憧れの選手と一緒に練習して、自分の成長につなげたいと思っています。将来的には、「三宅にボールを預けたらタッチダウン」というくらい信頼される選手になります。

大学からフットボールを始め、当初はディフェンスラインをやっていました。3年からコーナーバックになりましたが、勝ち負けが如実にあらわれるこのポジションにやりがいや楽しみを感じています。今までより上のレベルで「どこまで自分が通用するのか」、そういう意味でフロンティアーズでのプレーを非常に楽しみにしています。

入社した理由は、同じポジションにアディヤミ選手がいることです。身体能力の高さに目がいきがちですが、ファンダメンタルやフィールド以外の取り組みもスゴい選手と聞いています。また、大学時代に関わりのあった トムコーチ(トーマス カウマイヤー)の存在も大きく、厳しい練習の中にも楽しさを忘れない素晴らしいコーチです。このように高いレベルの選手やコーチがたくさんいるフロンティアーズなら、「自分自身をもっと磨いていけるのでは」と思っています。

今年はまず試合に出場して活躍すること、そしてやる以上はより高いレベルを目指し、海外にも挑戦したいと思っています。そのために毎試合結果を残すことを意識し練習に励みます。アスリートとして、日々高い意識を持って取り組んでいきます。

フットボールも仕事も、高いレベルで、偏ることなくやりたいと思っていたので、その環境が整っている富士通に入社しました。両立することは簡単ではないと思いますが、先輩方も頑張っているので、いまは楽しみの方が強いです。

ポジションはセーフティーで、フィジカルを活かした力強いプレーが特徴です。当たり負けせずに、ランニングバックを止める姿を見せていきたいです。そのためには、クイックネスとスピードを上げることが課題です。Xリーグはプレースピードが速く、フィールドを広く使う外国人クォーターバックにも対応しなければならないと思っています。

今年は、早く試合に出られるレベルに自分を上げることが目標です。気持ちは人一倍強いタイプです。がむしゃらにやっていきます。高いレベルの先輩に追いつき、追い越していきたいです。

「まだまだフットボールがしたい、それもより高いレベルで。」そう考えていたのでフロンティアーズで日本一を目指せるのはとても嬉しいです。

小学1年からフットボールをはじめましたが、知れば知るほど好きになるのがこの競技の魅力。本当に奥深いスポーツです。チームによって作戦が違ったり、海外からの戦略だったり、またその時々の流行など、いつも新たな発見があります。社会人のラインバッカーは、速い、強い、大きいと3大要素が揃っている選手が多いですが、私は大きさがない分、速さを磨きたいと思っています。またアグレッシブさも自分の持ち味です。

試合に出場したら、ハードタックル、ハードヒットで試合の流れを一気に変えるようなプレーがしたいです。たとえ流れが悪くても、チームメイトが「ここからだ!」と思えるような闘志あふれるプレーをします。応援よろしくお願いします。

入社した理由は、自分を必要としてくれるところだと思ったからです。それが社会人でもプレーを続けようと思った動機です。
 ポジションはオフェンスラインです。左のタックルで、スピードが持ち味なので、ランニングバックのルートを作るプレーが得意です。高校でフットボールをはじめた時はディフェンスライン、大学に入ってオフェンスラインになりましたが、はじめはネガティブな気持ちでした。しかしながら、やっていくうちに仲間から信頼が得られるポジションであることに今は大きな魅力を感じております。

誇りを持って日本一に貢献できるよう精進します。是非オフェンスラインを、そして#71に注目してください。応援よろしくお願い致します。

高校からフットボールを始め大学でもプレーしましたが、一度も優勝することができず、やりきることができませんでした。フロンティアーズは常に上を目指し続けるチーム、その一員として日本一になりたいと思っています。

大学時代はオフェンスラインでタックルでしたが、フロンティアーズではガードにも挑戦する予定です。ガードは力強さが求められるポジションです。フィジカル強化に取り組んでいきます。また、今までフィーリングでやってきたことも、しっかりとルール化されているのが、フロンティアーズの凄さ。覚えることも多いですが、考えてプレーできるのが私の長所なので意識して課題に取り組んでいきます。

まずは試合に出場して、相手を圧倒する、強い気持ちを持ってプレーすることを目標にしています。同じポジションの先輩方とも切磋琢磨し、自分がどこまでできるか、常に挑戦していきたいです。

私は、フロンティアーズ傘下のフラッグフットボールクラブ出身で父がXリーグの元選手でした。自分にもやれる力があるなら挑戦したいと思っていました。また大学4年間で日本一になれなかった悔しさも、社会人でフットボールを続けたいと思った要因です。

ポジションはワイドレシーバーです。身長をいかした競り合いで、球際に強いのが私の長所です。課題はアジリティで、細かい部分まで洗練されている選手が多いフロンティアーズの環境下で伸ばしていきたいと思っています。

試合に出場して、チームの日本一に貢献することが目標です。オフェンスで盛り上がるのは、やっぱりタッチダウンのシーンです。ぜひとも決めます。競争が激しいポジションで、試合に出るのは簡単なことではありませんが、出場した際には自信を持ってプレーをします。そんな自分をみてください。しっかり力をつけていきます。応援よろしくお願いします。

入社した理由は、社会人になってもフットボールと仕事を両立したいことです。その環境が整っているのがフロンティアーズでした。日本一になるために近道はありませんが、フットボールと仕事、どちらも全力で取り組める環境だと思っています。

ディフェスラインとしては小柄ですが、それをカバーするスピードが持ち味です。学生の頃に極真空手をやっており、体の動かし方や使い方など、空手の経験がフットボールにも役立っています。体が小さいが故に、ヒットされると弱いと思われがちですが、それを上回るスピードと、フィジカル面を強化し、社会人のレベルで通用する選手になりたいと思っています。
 今年の目標は、「スターターに選ばれること」です。ビッグプレーメーカーになって、チームに流れを引き寄せるプレーをしたいと思っています。日本一になることはもちろん、選手として、また社会人として、目標とされる人になります。