GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2021年12月12日(日)

Xリーグ2021 秋季リーグ

X1 Super SEMI FINAL vs オービックシーガルズ戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:横浜スタジアム
観衆:3,919人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


7

Q2


3

Q3


7

Q4


0

TOTAL


17







オービックシーガルズ

3

7

0

0

10







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


オービック

1

4:58

FG

#12山﨑

22










富士通

1

9:20

RUN

#2ニクソン

4

KICK

#11西村

G










富士通

2

5:11

FG

#11西村

24










オービック

2

7:05

RUN

#43望月

13

KICK

#12山﨑

G










富士通

3

4:09

PASS

#18高木→#85松井

24

KICK

#11西村

G










第 1 クォーター


RB30金が25yリターンし始まった注目の一戦。そのオープニングシリーズは、WR9宜本へ連続してパスを成功させるも、サードダウンで投じたロングパスに失敗。パントとなる。直後のディフェンスは、シーガルズにラン中心に攻め込まれ、ゴール前12yでファーストダウンを更新される。その後、5yまで迫られるがシーガルズのパスを失敗に終わらせ、FG3点に抑えた。2度目のオフェンスでフロンティアーズがタッチダウンを奪う。自陣25yからのシリーズは、RB2ニクソンのランやWR85松井へのパス、さらにゴールまで18yと迫ったサードダウンでは、QB18高木がタックルされながらもWR9宜本へパスを通し、ファーストダウンを更新。最後は、RB2ニクソンが持ち込んで、7−3と逆転に成功する。続くシーガルズの攻撃を抑え、フロンティアーズが攻撃権を得ると1Qが終了した。

第 2 クォーター


2Q最初のオフェンスがパントとなると、ディフェンスがチャンスを作った。シーガルズ陣27yからのシリーズは、DB34樋田のパスカットやシーガルズの反則、さらにはOL#0マシスのロスタックルがファンブルを誘い、フォースダウンでボールはシーガルズ陣内の2yに。エンドゾーンからのパントをWR9宜本が15yリターンすると、敵陣35yからと絶好のフィールドポジションに。WR85松井へ、タッチダウンパスが決まったかに見えた際どいプレーもあったが、最後はK11西村のFG10-3とリードを広げる。直後のシリーズでシーガルズにタッチダウンを決められ同点に追いつかれた後、前半残り214秒で、敵陣28yで攻撃権を得て再びチャンスをつかむ。しかし、ホールディングの反則が出るなど、スコアできず。前半は10−10の同点で終えた。

第 3 クォーター


後半最初のシーガルズの攻撃を抑えると、フロンティアーズのテンポの良いオフェンスが見られた。自陣33yからのシリーズは、RB2ニクソンの連続ランでファーストダウンを更新すると、WR4サマジーへ18yWR19小梶へ14yを投げゴール前へ。最後はエンドゾーン中央に走り込んだWR85松井へ24yのタッチダウンパスを決め、17−10と勝ち越しに成功する。その後は、一進一退の攻防が続く。OLB44趙、DL53高橋のタックルなどでシーガルズの攻撃を抑えるも、フロンティアーズオフェンスにも反則やファンブルが出るなど、両チームのディフェンス陣が本領発揮。パントを蹴り合い、シーガルズオフェンスがフロンティアーズ陣内31y、フォースダウン残り1yとしたところで、3Qが終了した。

第 4 クォーター


フロンティアーズの7点リード、ワンポゼッション差の最終Qは、最後の最後まで目の離せない展開だった。開始早々、シーガルズがフォースダウンギャンブルに成功し優勢になるかと思われたが、直後のプレーでLB6徳茂がパスインターセプト。フロンティアーズもターンオーバーを奪ったものの、攻撃は3&アウトのパントに抑えられてしまう。続くシーガルズオフェンスは、ゴール前10yでファーストダウンを更新し決定機を作る。だが、DB40アディヤミのロスタックルなどで、サードダウンは残り11yに。ランプレーで再びゴールまで7yに迫るが、フォースダウンでタッチダウンを狙ったパスは失敗に終わる。試合時間残り442秒となり、攻撃権を得たフロンティアーズは、ランプレー中心に攻めるも、132秒を残してシーガルズへと攻撃権が移る。自陣18yからドライブを開始したシーガルズが、フロンティアーズ陣内25yまでボールを進めると、残りは11秒。タッチダウンを狙ったパスは僅かにオーバー。残り2秒、フロンティアーズがタイムアウトを取って挑んだラストプレー。エンドゾーンに投げ込まれたボールは、DB7藤田がキャッチ。ファンを釘付けにするドラマティックなゲームだった。

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

勝利できたことは素直に嬉しいですね。選手たちがよくやってくれたと思います。シーガルズとの試合は、リーグ最終戦も、昨年のXボウルも厳しい試合で、今日も楽な展開にはならないと思っていました。ここまでもつれるのは予想していませんでしたが、最後はディフェンスがよく踏ん張ってくれました。とにかく自分たちのやるべきことにフォーカスし、シーガルズを研究してきたことが、得点に関わるプレーでの結果につながったと思います。次戦はライスボウルでインパルスと戦います。自分たちのやるべきことに徹し、必ず勝利をつかみ取ります。

大事なゲームで、立ち上がりは少し緊張していましたが、(宜本)潤平さんをはじめ周りの選手のプレーを見て「とにかくオフェンスを前に進めたい」と、上手く気持ちを切り替えられたのが大きかったですね。タッチダウンのシーンは、「この状況では絶対に取りたい」と強く思っていました。相手のディフェンスに対して有効なサインを高木さんからもらい、アジャストできたのが良かったです。昨季勝てなかったシーガルズと連戦が決まった時は、少し不安がありましたが、タフな試合に連勝したことで、自分にとっても、チームにとっても自信になりました。次は今季1度負けているインパルス。2度目は負けられないという思いは皆が持っています。得点を取ってチームの勝利に貢献します。