GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2020年12月15日(火)

Xリーグ2020 秋季リーグ

JAPAN X BOWL vs オービックシーガルズ 戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:晴れ
会場:東京ドーム
観衆:6,113人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


0

Q2


7

Q3


0

Q4


0

TOTAL


7







オービックシーガルズ

7

6

0

0

13







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


オービックシーガルズ

1

10:39

PASS

#29李

1

KICK

#12山﨑

G










オービックシーガルズ

2

07:26

PASS

#29李

7

KICK

#12山﨑

NG










富士通

2

10:56

PASS

#3バードソン
→#85松井

12

KICK

#11西村

G










第 1 クォーター


フロンティアーズのレシーブで試合がはじまると、立ち上がりは互いに様子を見るように、パントを蹴り合う展開。試合が動いたのは、フロンティアーズ2度目のオフェンスだった。QB(クォーターバック)#3バードソンの24yのランや、RB(ランニングバック)#29サマジーへの10yのパスなどで、敵陣22yでファーストダウンを更新。しかし、続くプレーでWR(ワイドレシーバー)#86森田に投じたパスは、わずかにタイミングがズレてキャッチできず。弾いて宙に浮いたボールをシーガルズが取り、インターセプト。敵陣22yで攻守交代となる。ビッグプレーで流れをつかんだシーガルズに、43yのロングパスを通されるなど、このシリーズで先制を許してしまう。続く、フロンティアーズのオフェンスは思うようにランプレーが出ず、パントを蹴ると1Qが終了した。

第 2 クォーター


2Qに入ると両チーム積極的に得点を狙う姿が見られた。2Q最初のシーガルズオフェンスはフロンティアーズ陣内に入ると、一気にタッチダウンを狙ったロングパスを続ける。しかし、2度目のロングパスはDB(ディフェンスバック)#23奥田がインターセプト。自陣31yで攻撃権を得ると、WR#85松井へ連続してロングパスを投じるも失敗に終わり、パントを蹴って攻守交代に。続くディフェンスシリーズでは、際どいプレーが続いた。LB(ラインバッカー)#43井本のファンブルリターンタッチダウンと、LB#35竹内のファンブルフォース。いずれもビデオ判定でフィールド上の判定が覆り、このシリーズでタッチダウンを奪われてしまう。前半残り5分を切ってからのオフェンスシリーズは、フロンティアーズらしさが見られた。RB#29サマジーの連続ランでファーストダウンを更新すると、WR#85松井、#29サマジー、#85松井と連続でパスを成功させ、ゴールまで15yに迫る。最後はエンドゾーンに走り込んだ#85松井へタッチダウンが決まり、フロンティアーズの7−13、ワンポゼッション差で前半を終えた。

第 3 クォーター


フロンティアーズのキックで試合再開。開始早々のシーガルズオフェンスでは、DB#23奥田のロスタックル、自陣に攻め込まれてからはDL#90藤谷、LB#47山岸などのタックルでロングゲインを許さず4thダウンに追い込むと、シーガルズは45yのFGを選択。2QのトライフォーポイントでDL#98南がブロックしていたことが影響したのか、キックは失敗に終わる。自陣28yからオフェンスをスタートさせたフロンティアーズは、WR#22岩松へ5yと7yのパスを連続で決めると、RB#29サマジーも連続して9yをゲイン。しかし、この後のプレーが続かず敵陣38yでパントとなってしまう。続くディフェンスでは、36yのランと23yのパス、2つのロングゲインを許したが、LB#35竹内の3yのロスタックル、OLB#2ニクソンの11yのロスタックルが決まり、3rdダウン残り24yとして3Qを終えた。

第 4 クォーター


3Qから続いたシーガルズの攻撃がパントになると、その後も互いにパントを蹴り合った。残り8分、自陣39yからのオフェンスは、WR#81中村へ16yのパスを通すなどして、ゴール前11yでファーストダウンを更新する。1stダウンはWR#85松井へ2yのパス、2ndダウンはRB#29サマジーのランで2yゲイン。3rdダウンはQB#3バードソンがランで5y奪い、4thダウンはゴール前2y、ファーストダウン更新まで1yとなった。タイムアウトを取って、勝負に出たフロンティアーズは、#3バードソンのランを選択。しかし、0.5yファーストダウンに届かず、攻守交代となってしまう。直後のシーガルズオフェンスに1度はファーストダウンを更新されたものの、1分33秒を残しオフェンスへとつなぐ。RB#29サマジー、WR#81中村へとパスが決まり連続でファーストダウンを更新。その後は3連続でパスに失敗し、4thダウン残り10yとなるが、#3バードソンが14y走りフレッシュ。さらに、WR#9宜本へ14y、WR#85松井へ17yのパスを決め、ゴールまで6yに迫ると残りは2秒。逆転を狙ったラストプレー、エンドゾーン右奥に走り込んだ#9宜本にはわずかに届かず、大熱戦に終止符が打たれた。

文・写真 / FUJITSU SPORTS

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

最後の最後まで競ったゲーム。序盤から思うようなオフェンスができず、要所でスコアすることができませんでした。何とかオフェンスのテンポを取り戻そうと、プレーコールを考えましたが、ランもパスもプレーの精度が低く、力を出し切ることができませんでした。シーガルズのプレッシャーが強く、抑えきれない部分がありました。徐々にアジャストできていましたが、QBのランプレーの後が決めきれませんでした。5連覇を目指したシーズンでしたが、このような結果になりとても悔しい気持ちです。いま足りないものは何か、次に向かってしっかりと考えたいと思います。今季もたくさんのご声援をいただきありがとうございました。

5連覇を目指してやってきたので、今日の敗戦はとても悔しいです。2年目の僕にとっては、いい意味で5連覇のプレッシャーがなく、若手らしく思い切ったプレーをしようと試合に挑みました。タッチダウンなど、良いプレーもありましたが、それ以上に負けたプレーがある。勝負どころでほとんど取れず、シーガルズディフェンスのレベルの高さ、また自分の力のなさを痛感しています。接戦になるだろうと、1minutesオフェンスの練習もしてきましたが、想像以上にプレーが通りませんでした。この悔しさ、経験を必ず次につなげたい。いまはさらに上手くなりたい気持ちが強いです。今シーズンもスタンドから熱い応援をいただきありがとうございました。