GAME SCHEDULE

試合日程・結果

2020年11月7日(土)

Xリーグ2020 秋季リーグ

X1 Super 第2節 vs IBM BigBlue 戦 - 結果

Share on twitter
Share on facebook

天気:曇り/雨
会場:富士通スタジアム川崎
観衆:788人

チーム名


富士通フロンティアーズ

Q1


14

Q2


7

Q3


7

Q4


13

TOTAL


41







IBM BigBlue

0

14

0

7

21







 得点経過

TEAM


Q


TIME


PLAY


PLAYER(S)


YARD


TFP


PLAYER(S)


G / NG


富士通

1

00:58

PASS

#3バードソン
→#85松井

63

KICK

#11西村

G










富士通

1

11:31

PASS

#3バードソン
→#1強

1

KICK

#11西村

G










IBM

2

02:40

PASS

#3クラフト
→#87松岡

21

KICK

#19佐藤

G










富士通

2

05:54

PASS

#3バードソン
→#19小梶

52

KICK

#11西村

G










IBM

2

10:12

PASS

#3クラフト
→#82白根

3

KICK

#19佐藤

G










富士通

3

04:44

PASS

#3バードソン
→#81中村

10

KICK

#11西村

G










富士通

4

01:17

FG

#11西村

39










IBM

4

01:31

KOR

#85鈴木

99

KICK

#19佐藤

G










富士通

4

06:16

PASS

#3バードソン
→#85松井

4

KICK

#11西村

G










富士通

4

09:55

FG

#11西村

42










第 1 クォーター


意表をつくビッグブルーのグラウンダーのキックで試合スタート。このボールを慌てずにOLB(アウトサイドラインバッカー)#20池田が抑えると、フロンティアーズは自陣47yから攻撃開始。1プレー目のランは10yのロスタックルとなるが、2プレー目にWR(ワイドレシーバー)#85松井へ63yのタッチダウンパスが決まり先制を果たす。直後のキックで、ビッグブルーに44yリターンされたが、DL(ディフェンスライン)#91斉川のタックルなどでノーゲインに抑え、ディフェンスも好調な立ち上がりをみせた。残り8分を切ってからのディフェンスでは、一度は3rdダウンに追い込むものの、際どいプレーでオフサイドの反則を取られ、ファーストダウンを更新される。だが、その後の連続ランプレーをLB(ラインバッカー)#35竹内、LB#44趙、DL#90藤谷らがタックルし3rdダウン残り9yに。ビッグブルーはギャンブルに出るも、そのパスは失敗に終わり、攻守交代となる。残り5分となって迎えたフロンティアーズのオフェンス、一度はパントを蹴るも、ビッグブルーがそのボールをファンブル。RB#33高口がカバーし、ゴール前12ヤードで再び攻撃権を得ると、最後はWR#1強へタッチダウンパスを決め、14−0で1Qを終えた。

第 2 クォーター


雨が降り始めた2Qは我慢の時間だった。1Qから続くビッグブルーオフェンスでは、DB#17海島の3yのロスタックルなどがあったものの、21yのタッチダウンパスを決められてしまう。勢いづくビッグブルーは、オンサイドキックを決め、再びフロンティアーズ陣内41yから攻撃を開始する。そのシリーズでは、一度はファースダウンを更新されるも、ゴールまで28yとなった4thダウンでギャンブルに出たビッグブルーのパスをDB#17海島がカット。攻守交代となる。続くシリーズはフロンティアーズらしいテンポの良い攻撃だった。WR#22岩松への13yパス、RB#2ニクソンのラン、WR#81中村へのロングパスは失敗に終わるも、3rdダウンでWR#19小梶へスクリーンパス。フィールド中央でボールをキャッチした小梶は、ディフェンスを交わすとそのまま独走。50y近いランアフターキャッチをみせ、追加点を上げた。直後のビッグブルーに、65yを4分以上かけて攻められ、21−14と追い上げられる。前半残り1分48秒で攻撃権を得たフロンティアーズは、残り1秒で47yのFGにトライするが、K(キッカー)#11西村のキックはブロックされてしまう。

第 3 クォーター


フロンティアーズの7点リード、ワンポゼッション差で始まった後半。開始早々のビッグブルーの攻撃を、3&アウトに抑えるとフロンティアーズは自陣31yからのオフェンスに。QB#3バードソンのランが出るも、セカンドダウンでパスに失敗し3rdダウンは7yが残る。が、ここでWR#9宜本に35yのパスを通し敵陣に入ると、ビッグブルーの2つの反則でさらに前進。残り10yとなって、中央に走り込んだWR#81中村にパスを投げ込みタッチダウン。28−14とする。続く、ディフェンスでは、一度はパントに追い込むものの、パントしたボールをファンブル、再びビッグブルーの攻撃に。ロングパスを通されフロンティアーズ陣内に攻め込まれたが、LB#44趙が11y押し戻すQBサック、4thダウンギャンブルではLB#88大橋がQBサックを決めて、ビッグブルーの攻撃を断ち切った。

第 4 クォーター


14点差で迎えた勝負の最終Q。序盤に両チームが追加点を上げた。3Qに敵陣1yにパントを蹴り込み、その攻撃をノーゲインに抑えたフロンティアーズは、ビッグブルー陣内24yで攻撃権を奪取する。そのシリーズで、K#11西村が39yのFGを決めて3点を追加。しかし、直後のキックオフでビッグブルーにキックオフリターンタッチダウンを決められて、31−21と追い上げられる。その後、互いにパントを蹴り合い迎えたフロンティアーズオフェンスは、この日ランプレーを抑えられていたRB#29サマジーが50y近いランアフターキャッチをみせ、一気にゴール前4yに迫った。1stダウンのスペシャルプレーは失敗したものの、2ndダウンで左サイドのWR#85松井にタッチダウンパスを決め38−21。17点差とする。追いすがるビッグブルーはパス主体のオフェンスに出るが、DB#23奧田がインターセプトするなど、その後の試合をコントロールしたフロンティアーズが最終スコア41-21で勝利を飾った。

文・写真 / FUJITSU SPORTS

コメント


ヘッドコーチ 山本 洋

早い段階で先制点を上げることができましたが、その後は思うようなオフェンスができませんでした。想定はしていましたが、ビッグブルーのプレッシャーが強く、それにアジャストするのに時間がかかってしまったのが原因です。1対1のパスプロテクションがうまくいかなかったのは、システムの問題だけじゃなく、技術的な部分の修正も必要だと感じています。ディフェンスもプレッシャーが届かなかったり、タックルを外されたり、我慢の時間が続きました。ともにいい課題が見つかったので、次戦までに修正していきたいと思います。

開幕戦では落ち着いてプレーすることができずキャッチがありませんでした。勝利に貢献したいと挑んだ今日の試合で、序盤と終盤の試合のキーになるところで取れたのは嬉しく思っています。1本目は、「最初から狙っていく」というチームの戦略通り、個人的にも練習していたプレーなので絶対に決めたいと思っていました。ディフェンスが前がかりになっていたこともありタッチダウンまでいくことができました。今は球ぎわの強さ、競ってもキャッチすることをテーマにしています。最後までしっかりボールを見ること、また練習ではタイミング良くキャッチすることを意識しています。今日は、チームとしてミスや反則が多かったのが課題です。同じようなミスはしないことが5連覇には不可欠。次戦に向けてしっかりと準備したいです。