【競技結果】男子5000m決勝/2017全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレースの競技結果をお知らせいたします。

◆3組
1位:Jonathan Ndiku (日立物流)  13分24秒07
2位:横手 健 (富士通) 13分41秒30
3位:市田 宏 (旭化成)  13分45秒40

◆2組
1位:ABAYNEH DEGU (安川電機)  13分34秒48
2位:MACHARIA NDIRANGU(愛知製鋼)  13分34秒75
3位:田口 大貴(日立物流)  13分50秒91
・・・
16位:松枝 博輝 (富士通) 14分15秒86

◆1組
1位:LEDAMA WESLEY (SUBARU)  13分33秒72
2位:BEKELE SHIFERAW (マツダ)  13分34秒54
3位:ジョン カリウキ (セキノ興産)  13分36秒77
4位:ジョン マイナ (富士通) 13分46秒15

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


長田拓也選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子100m決勝 6位:長田 拓也(富士通)10秒49

スタートは良かったのですが、行けると思った矢先に足が絡まって、後半はバラバラになってしまいました。昨日の200mで足を痛めて、今日も痛みが残っている状態での強行出場でしたが、それも実力のうち。あの最後に沈んでるとダメなので、もったいないというか情けないレースでした。

本当は200mを頑張りたくて、シーズンベストを狙うつもりで来たのですが、全部ダメになって、リレーも走れず申し訳ない気持ちです。とりあえず国体では、10秒20台を出したい。しっかり走る、自分の力を出し切ることを念頭に置いて、力は後からついてくると思って、やっていきたいと思います。

Q.高平選手の引退に寄せて
僕が中学校1年生・2年生の時に大阪の世界選手権や北京があり、高平選手はすでにスター選手でした。短い間でしたけど同じチームで走れて、色々なアドバイスや面倒を見てもらえて、嬉しかったです。
すごく憧れていて、せっかくバトンをもらえる位置にいたのに、自分でそれを手放したのは悔やんでも悔やみきれません。少しでも一緒にできたのは今後の糧になると思うので、今後もアドバイスをもらいながら関わっていきたいと、自分は思っています。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


橋元晃志選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子4×100mリレー予選 高瀬 橋元 高平 嶺村男子4×100mリレー予選 2位:富士通(高瀬、橋元、高平、嶺村) 40秒60

怪我でリレーの予選出場だけでしたが、軽度のものだと思うので、おそらく大丈夫だと思います。今大会は、春・夏と順調に練習を積んで、記録も順位もしっかり狙うつもりだったので、ひとつ目のレースで脚に支障をきたしてしまったのは本当に残念でした。

今シーズンはおそらく終了となりますが、まだ日本代表になれていないので、冬期を終えて来年のアジア大会でしっかり世界に出られるように、練習していきたいと思います。

Q.高平選手の引退に寄せて
僕が小学校・中学校の時から第一線で活躍していたのが高平さんで、その引退に立ち会えて、光栄でした。リレーも予選でバトンを渡せて光栄でした、本当は決勝でもバトンを渡す予定だったのに怪我をしてしまって残念です。一緒に何本か走らせてもらえたことは、今後競技をやっていくうえで糧になると思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


佐藤拳太郎選手コメント/2017全日本実業団陸上


脚を痛めたので、今回は競技に参加せずサポートに回る形になりました。世界選手権ではかなり悔しい想いをしたので、個人的には何か変えなければいけないと考えているのですが、ハマってこないところです。今は1か月ぐらい陸上競技から離れて、一から体を作り直そうかなと考えています。

走りこみメインではなく、例えば水泳や全身運動とか、他の種目を取り入れてみて、自分にあうものを探してみつつ、また走りたいなと思っています。

400mはまだ45秒台がアベレージで出せるわけではないので、来年は安定して出せるようになって、1本は44秒台で走りたい。そして次の世界選手権で44秒台でしっかり走れるようにしたいと思います。

Q.高平選手の引退に寄せて
目標でも憧れでもあり、自分にとっては遠くにいる選手でした。少しの時間でも一緒のチームになれて、競技人生の中でも幸せな時間を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。自分もこれからの陸上を背負っていく存在になって貢献できるように、競技を続けていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


松永大介選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子10000m競歩決勝 2位:松永大介(富士通) 39分03秒25

今回は、世界選手権がああいう形に終わってしまった後の最初のレースだったので、“今まで応援してくれた人たちに元気になった姿を見てもらうレース”であると意識して、序盤から積極的なレースをしました。今回も最後で高橋選手に離されたので、対策がまだまだだなと思いました。ただ、この1か月間の状態を踏まえて考えると、サードベストの記録が出せたのでまずまずの結果だったと思います。

世界選手権から帰ってきて、お医者さんから熱中症・脱水時症状ということで1週間ぐらい練習しないように言われました。その後、練習を再開したのですが、いつもなら力を使わずに歩けるペースでもついていけないぐらいに、なってしまっていました。立て直すのに難しさも感じましたが、9月に合宿に参加させていただいたりして、ここまでなんとかうまく持ってこれた感じです。今回、ここまでの結果が出ると思わなかったので、上出来だと思います。

今後は2週間後に国体があるので、神奈川県の代表として今回負けた高橋選手に挑む形になるので、倒すつもりでがんばりたいです。その先はアジア大会の選考になるので、勝てるレースをして代表に選ばれたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]