第1区 星 創太選手 試合後コメント


1区(12.3km) 6位 36:06/星 創太 36:06(区間6位)

星創太選手コメント
1区は日本人だけなので、スローペースになると試合前から言われていたので、その中でどれだけ走れるのかをポイントにしていましたが、やはりまだ力がもう一つ足りないなと感じました。2区のダニエルに前が見える位置でたすきを渡すよう、監督に言われていたので、そこは良かったと思います。調子は結構良かったので、あわよくば区間賞をと思っていましたが、仕掛けどころが甘かったです。ラスト1kmで余裕があれば、自分から行こうと思っていました。1秒差の2位は本当に悔しいですね。本当に優勝したかったですが、この1秒は一人一人の1秒だと思って、新年は新しい気持ちで、ケガをせず、一人一人の力を上げていければいいなと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


試合総括


富士通 各区間の成績>
1区(12.3km) 6位 36:06/星 創太 36:06(区間6位)
2区(8.3km)  8位 58:56/ギタウ・ダニエル 22:50(区間9位)
3区(13.6km) 4位 1:37:56/山口 祥太 39:00(区間5位)
4区(22.0km) 4位 2:42:02/藤田 敦史 1:04:06(区間5位)
5区(15.8km) 4位 3:29:00/堺 晃一 46:58(区間4位)
6区(12.5km) 2位 4:05:45/阿久津 尚ニ 36:45(区間1位)
7区(15.5km) 2位 4:51:57/福井 誠 46:12(区間3位)

【総括】
昨年大会で3位と好成績を残した富士通は、2009年大会以来3度目の優勝を目指して、今年のニューイヤー駅伝を迎えた。気温は5度前後、ほぼ無風という好条件の中、レースは2011年1月1日、午前9時10分に群馬県庁をスタート。全長100キロ、7区間にわたる戦いが始まった。

1区を走った星創太選手は、スローペースのレース展開の中できっちりと先頭集団につけた。約25チーム程度が密集する集団に紛れ、力を溜めながらレース全体を見守り、突然のスピードアップにも冷静に対応。最後の1km付近からのスピード勝負にも負けない脚力を見せ、トップから5秒遅れの6位で2区にたすきを渡した。

外国人選手の登録が可能な2区では、注目のルーキー、ギタウ・ダニエル選手が登場。大会中最短8.3kmの距離を、大きなストライドで力強く走る。しかし、実力者揃いのこの区間。先頭集団が驚異的なハイペースでレースを展開したため、先頭との差を縮めることができず、富士通は逆に2チームに交わされ8位に後退。先頭Hondaから33秒差でのリレーとなった。

8位でたすきを受けた3区の山口祥太選手は、序盤で2人を交わして6位に浮上。初出場らしからぬ安定した走りで、先頭を追いかける。4位グループに入った山口選手は、うまく周囲との駆け引きを制して集団をリード。一時は3位まで順位をあげるなど、見事なレース運びで4位を確保し、先頭から46秒遅れで4区につなぐ。

エースが揃う4区には、満を持してキャプテンの藤田敦史選手が登場。藤田選手は最長22kmを走る中で、ベテランらしい頭脳的なレースを展開。11km付近で旭化成に交わされ5位に後退するも、6km近く併走して4位を奪い返すと、残り500mを切ってスパート。先頭との差を20秒近く縮め、4位でたすきをつないだ。

5区を走ったのは、若手成長株のひとり堺晃一選手。ゆるい登りが続くなど、大会中“最も過酷”と言われるこの区間で、堺選手は成長した走りを披露。気まぐれな風を受けながらも我慢のレースを展開し、10km地点でチームスタッフから声をかけられ一気にスピードアップ。4位を争っていた旭化成を引き離し、先頭と26秒差の単独4位で5区を終える。

ここまでの我慢が、大きく身を結ぶこととなった6区。4位でスタートした阿久津尚ニ選手は、ひとりでも安定した走りを見せて、前方の3チームを追走。ラスト3kmで、ついに日清食品グループを交わし3位へ。さらにペースを落とすことなく、残り2km地点でトヨタ自動車を抜いて2位へ。先頭から僅か4秒差の2位で、アンカーにたすきをつなぐ。阿久津選手は、6区を36分45秒と区間1位で走りぬく大健闘を見せた。

アンカーの7区福井誠選手は、スタートから早くも約1kmでトップを捉える。しかし、そのまま抜かずに併走状態で、余力を残しながらレースを進行。中盤からは、富士通、日清食品グループ、トヨタ自動車の三つ巴での優勝争いとなった。3人が仕掛けるタイミングを伺う中、各チームはゴールまで残り500mでスパート。最後は、抜け出したトヨタ自動車に、ゴール残り数十mのところで、並びかけた富士通だが、一歩及ばず。優勝を目前にしながらも、トップと僅か1秒差、4:51:57の2位でフィニッシュした。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


レースレポート 第7区:福井 誠選手


7区(15.5km) 2位 4:51:57/福井 誠 46:12(区間3位)

先頭の安川電機から4秒差の2位で、アンカーの7区福井誠選手にたすきをつないだ富士通。もはやトップとの差はないに等しく、優勝に向けて最後の区間となる。

好位置でたすきを受けた福井選手は、スタートから早くも約1kmでトップの安川電機を捉えた。しかし、そのまま抜かずに併走状態で、余力を残しながらレースを進めていく。さらに4.5kmを過ぎた時点で、先頭2人にトヨタ自動車、日清食品グループの2チームが追いつき、先頭集団は4人に。そして、5km過ぎから遅れ始めた安川電機を除いた3チームが、先頭集団としてレースを作る展開となった。

富士通が優勝を飾った2009年大会と同じく、三つ巴の戦いで優勝を争うことになった今年のニューイヤー駅伝。最終7区のレース中盤は富士通、日清食品グループ、トヨタ自動車の3者が、お互いの出方を伺いながらスパートのタイミングを見計らう状態となった。先頭に立って、レースを引っ張るのは、昨年王者の日清食品グループ。富士通の福井選手は、2位につけて優勝のチャンスをじっと待った。

10 km地点を通過し、3チームの状況も順位も全く変わらず。それぞれのチームが優勝を狙う中で、レース終盤の作戦が最後の鍵となる。残り3kmを迎えようというところで、日清食品グループがスパートをかけたが、誰も離されない。残り2 km、1.5km、1kmを切っても集団に動きはなく、レースはいよいよ決着の瞬間に近づいていく。

日清食品グループを左に見て、2位をずっとキープしていた福井選手は、残り500mで最後のラストスパート。一時は3人が横並びとなったが、一気に抜け出したのは、ずっと集団最後方3位につけていたトヨタ自動車。素晴らしい脚力で、2チームを引き離したがゴールまでスタミナが続かず失速。ここに富士通の福井選手が、持てる全ての力を振り絞ってスパート。ゴールまで残り数十mのところで、ついにトヨタに並びかけた。だが、最後は一歩及ばず。富士通は、トップでゴールテープを切ったトヨタ自動車から僅か1秒差の2位でフィニッシュ。優勝を目前にしながらも悔しい2位という結果で、今年のニューイヤー駅伝を締めくくった。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


最終成績


「ニューイヤー駅伝2011」の最終成績です。

<総合成績>
優勝:トヨタ自動車 4:51:56
準優勝:富士通 4:51:57
3位:日清食品グループ 4:52:05
4位:安川電機 4:52:49
5位:旭化成 4:54:15
6位:中国電力    4:54:31
7位:Honda 4:54:38
8位:トヨタ自動車九州    4:54:39

以上、上位入賞8チーム。

<富士通各区の成績>
第1区(12.3km) 6位 36:06/星 創太 36:06(区間6位)
第2区( 8.3km) 8位 58:56/ギタウ・ダニエル 22:50(区間9位)
第3区(13.6km) 4位 1:37:56/山口 祥太 39:00(区間5位)
第4区(22.0km) 4位 2:42:02/藤田 敦史 1:04:06(区間5位)
第5区(15.8km) 4位 3:29:00/堺 晃一 46:58(区間4位)
第6区(12.5km) 2位 4:05:45/阿久津 尚二 36:45(区間1位)
第7区(15.5km) 2位 4:51:57/福井 誠 46:12(区間3位)

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


速報 第7区:福井 誠選手


7区(15.5km) 2位 4:51:57/福井 誠 46:12(区間3位)

7区、アンカーの福井 誠選手は、最後の最後までトヨタ自動車、日清食品グループと優勝を争う。2009年の再現かのようなデッドヒートの末、惜しくも1秒差の2位でフィニッシュテープを切りました。

<ゴール順位>
1位 トヨタ自動車 熊本 剛 (4:51:56/45:55)
2位 富士通 福井 誠 (4:51:57/46:12)
3位 日清食品グループ 小野 裕幸 (4:52:05/46:01)

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP