レースレポート 第7区:佐藤佑輔選手/ニューイヤー駅伝2019



7区(15.5km) 4位 4:53:17/佐藤佑輔  00:47:23(区間23位)

最終区間は、全長100kmのコースを締めくくる7区。富士通のアンカーを務めるのは、キャプテンの佐藤佑輔。ベテランらしい走りで意地を見せたい。6区から1位旭化成、2位MHPS、そして15秒遅れの3位でたすきを受けた佐藤。後ろのトヨタ自動車は突き放したが、スタートから3㎞。旭化成とMHPSの2チームが力強い走りで歩みを進める中で、徐々に後退。2チームとの差が大きく広がっていく。

7㎞地点、序盤のペースが脚に来たかスピードが少しずつなくなっていく富士通の佐藤。ついにトヨタ自動車に交わされて、4位へと後退した。前方では、変わらず旭化成とMHPSの2チームが優勝争い。それを追いかけるトヨタ自動車。富士通は再び、最後の巻き返しのチャンスを伺う。しかし、7区最終チェックポイント、残り4.5㎞地点の順位はトップから1分19秒差の4位で通過となった。

ついに決着の時を迎えた、ニューイヤー駅伝2019。最終結果は、ゴール前のスプリント勝負を制した旭化成が4時間51分27秒で3年連続優勝。2位には4秒差でMHPS、3位にトヨタ自動車。富士通は4時間53分17秒でフィニッシュとなり、4位でレースを終えた。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ
🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP


6区通過順位(確定)/ニューイヤー駅伝2019



第6区の順位/タイムをお届けします。

1位:旭化成 4:05:39
2位:MHPS 4:05:41
3位:富士通 4:05:54


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 ファンクラブの入会はコチラ
🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP


レースレポート 第6区:横手健選手/ニューイヤー駅伝2019



6区(12.1km) 3位 4:05:54/横手健  00:36:21(区間2位)

6区、風の強さに対抗するパワーと技術が求められるこの区間は、負傷から復活した横手健が走る。トップと42秒差の4位でたすきをうけた横手は、5位マツダ引き離して前方グループに合流。トヨタ自動車、旭化成、富士通での2位争いを展開する。スタートしてから3㎞過ぎでトヨタ自動車の窪田忍選手がペースアップ。他を引き離しにかかった。

1位MHPSが徐々に失速し、2位との差が少しずつ詰まっていく展開。残り5㎞となって、首位と2位の差はついに15秒。富士通の横手も、3位をしっかりキープして逆転のチャンスを伺う。残り3㎞となり、2位グループから旭化成が抜けだす中、富士通は3位をキープ、トヨタ自動車は4位へ。縦に並びが広がる中で、勝負は区間最終盤へ。中継地点直前、ついに旭化成はトップをとらえて首位へ躍り出た。

結果的に1位は旭化成、2秒遅れて2位MHPS、そして15秒遅れの3位で富士通、24秒遅れでトヨタ自動車。勝負は最後のアンカーに託されることになった。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP


5区通過順位(確定)/ニューイヤー駅伝2019



第5区の順位/タイムをお届けします。

1位:MHPS 3:28:51
2位:旭化成 3:29:25
3位:トヨタ自動車 3:29:26
4位:富士通 3:29:33


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP


レースレポート 第5区:星創太選手/ニューイヤー駅伝2019



5区(15.8km) 4位 3:29:33/星創太  0:46:29(区間5位)

風の変化に対して、柔軟な対応が求められる5区。ここに富士通はベテランの星創太を配置した。4区からトップと35秒差の2位、後ろに3位旭化成が8秒差と迫る中でたすきを受けた星。冷静にスタートを切ったが、スタート直後からダントツのスピードで前に出ていく旭化成の村山謙太選手に交わされ、3位へと後退する。

中間地点過ぎ、首位はMHPS。2位グループは下がった旭化成を吸収し、富士通とマツダの3チームで展開。そのすぐ後ろからトヨタ自動車、SUBARUが追いかける。まもなく、SUBARUも参加し、2位争いは4チームへ。そして5区11㎞地点、松原橋チェックポイント。2位~5位までタイム差なしの大混戦で、2位争いは終盤を迎える。

残り3㎞で2位争いは、旭化成、トヨタ自動車の服部勇馬選手が抜け出す。富士通は4位をマツダと争う展開。最後は、変わらずMHPSが1位通過。そして2位は旭化成、3位はトヨタ自動車。富士通はトップと42秒差の4位でたすき。後方の5位マツダとの差は5秒となった。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP