今村コーチ 試合後コメント


今村文男コーチ コメント
この大会は、世界陸上競技選手権の男女20km競歩代表選考の最重要大会だったので、そういう意味では、優勝する、もしくは上位に入ることが最大の目標でした。さらに、それぞれの自己記録を更新するということにも、重きを置いていました。

そういう意味では、鈴木選手と大利選手がこれで内定したので、この後世界選手権まで、どのレースに出て、どういう練習をしていくのか、一緒に考えたいと思います。また、森岡選手については、50kmでの代表内定を目指して、川崎選手も世界選手権出場に向けて、どのようなプランで行くか、この後、相談したいと思います。

20km競歩ではライバルと気象条件が一番重要になってきます。その条件がすべてが揃わないと難しいということを前提に、一人ひとりの課題と収穫を上げるとすると、まず鈴木選手は、前半から積極的なレースを進め、後続を突き放し、中間地点(10km)では日本記録とほとんど大差ないスピードで行ってました。あとは前半のいい流れを後半も維持し、自己記録更新さらには、その上を行ってほしい、と期待しています。

森岡選手については、50kmで世界選手権を目指すと決めていますので、今日はスピード、持久力などをチェックすることを念頭に置いてました。課題は残りましたが、50kmに向けて、気づきができたのは大きかったです。この後、50kmの大会に向けて、エンジンをかけていきたい。

大利選手は、中盤から後半にかけて、積極的に自分でレースを作りながら、前に行き、自己記録を大幅に更新したので、世界選手権がますます楽しみになった。今日のレースを通じて、今までより一皮むけたのではないかと思っています。

川崎選手も、ようやくアジア大会の不調から回復傾向にあるので、この後うまく調整を行えれば、次につながってくるはずなので、期待したいです。

あとは個々人の状況を見て、それぞれの持ち味をいかに引き出し、足りない部分を埋めていくか、だと思います。1人ひとり見ていくと、時間は4倍かかりますが、その分結果が出れば、4倍以上の喜びを味わえるので、この後もしっかりと選手と向き合い、練習を積んでいきたいですね。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


スタートまであとわずか!


第94回日本陸上競技選手権 男子・女子20km競歩大会、男子スタートまであと20分、女子スタートまであと40分となりました。

今日は曇り空ですが、微風で、コンディションとしてはまずまずという印象です。

すでにジュニアのほうは競技が始まっていて、女子ジュニアは続々とゴールをしています。男子ジュニアも白熱したレースを展開しています。

富士通選手出場まであとわずか!
ぜひみなさん、ご声援のほど、よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP