7区:順位速報/2019東日本実業団駅伝


7区順位速報

1着:コニカミノルタ 野口拓也(37:43/3:41:52)
2着:Honda 服部翔大(37:53/3:42:30)+00:38
3着:JR東日本 寺田夏生(38:09/3:43:55)+2:03
・・・
17着:富士通 松枝 博輝(38:49/3:48:50)+6:58

🔗 富士通陸上競技部HP★2019東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


レースレポート 第6区:大森澪選手/2019東日本実業団駅伝


第6区 17位 3:10:01/大森澪 33:10(10.6km・区間20位)

昨年に引き続き第6区を走るのは、2年目を迎える大森澪選手。5区の石井秀昂選手から、前方の11位NDソフトと28秒差の12位で襷を受けた大森選手は、序盤から前に出るべくペースをあげる。すると、区間中盤に差し掛かった4.5km付近で、大森選手にトラブルがあったのか脚をひきずりながら失速。13位前後に後退する。苦痛に顔をゆがめながらも足を前に進める大森選手。なんとか全く走れないような状態は抜けるも、明らかに問題を抱えた様子で残り6km。厳しい戦いを強いられる。後ろから来たプレス工業、コモディイイダ、埼玉医科大学Gにも抜かれてさらに順位は後退していった。

最終的に6区は1位コニカミノルタ、2位Hondaが28秒差、3位ヤクルトが1:29秒差。富士通の大森選手はなんとか最後まで走り切り、先頭と5:52秒差の17位。ニューイヤー駅伝の出場権を得る、12位コモディイイダまで1:25秒差となった。

🔗 富士通陸上競技部HP★2019東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


6区→7区:第6中継所 順位速報/2019東日本実業団駅伝


第6中継所順位速報(確定)

1着:コニカミノルタ 大山憲明(30:01/3:04:09)
2着:Honda  原法利(29:51/3:04:37)+00:28
3着:ヤクルト 髙久龍(30:07/3:05:38)+1:29
・・・
17着:富士通 大森澪(33:10/3:10:01)+5:52

🔗 富士通陸上競技部HP★2019東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


レースレポート 第5区:石井秀昂選手/2019東日本実業団駅伝


第5区 12位 2:36:51/石井秀昂 23:05(7.8km・区間10位)

4区の坂東悠汰選手から、先頭と1:47秒差の12位で襷を受けた5区石井秀昂選手。引き続き、29秒差で前を行く11位SUBARU、10位カネボウを追いかける展開。必死の走りを見せる石井選手だが、巻き返しのきっかけをつかむことができずに、序盤から中盤へ。視界になんとかとらえられる程度の距離を保ちつつも、順位を上げきれない状況が続く。

最終的に1位はコニカミノルタ、2位Hondaが先頭と38秒差、3位JR東日本が44秒差と続く。続いて上位に小森コーポレーション、GMOアスリーツ、日立物流。富士通の石井は12位で通過。先頭と2:43秒差、前方の11位NDソフトと28秒差、10位SUBARUと34秒差で6区へ望みを託す。

🔗 富士通陸上競技部HP★2019東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


5区→6区:第5中継所 順位速報/2019東日本実業団駅伝


第5中継所順位速報(確定)

1着:コニカミノルタ 山本浩之(22:09/2:34:08)*区間新記録
2着:Honda 上野渉(22:37/2:34:46)+00:38*区間新記録
3着:JR東日本 其田健也(22:39/2:34:52)+00:44*区間新記録
・・・
12着:富士通 石井秀昂(23:05/2:36:51)+2:43

🔗 富士通陸上競技部HP★2019東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP