レースレポート 第2区:松枝博輝選手/2018東日本実業団駅伝


第2区 1位 1:18:15/松枝博輝 44:12(15.3km・区間1位、区間新記録)

大会中で最も長い15.3km、エース区間の2区を走るのは松枝博輝選手。タスキをもらってしっかりとトップ集団のペースに乗った松枝選手は、その後も10チーム程度が固まる中で中盤あたりをキープ。コニカミノルタとHondaが先頭を引っ張る中で、落ち着いたレースを展開する。先頭集団がSUBARUなど8チーム程度に絞られる中で、ちょうど中間の7.6kmを過ぎて、先頭集団はコニカミノルタ、Honda、富士通、カネボウ、SUBARUの5チームに。その後もぐっとペースがあがり、カネボウが遅れる中でも、松枝は余裕をもって集団をキープする。

レース終盤、一時的にトップに立った松枝選手。残りほぼ1kmでコニカミノルタがスパートをかけて、SUBARUが2位。3位富士通となるが、ここから松枝選手が本領を発揮。残り800m付近で渾身の走りを見せてトップを取り返すと、さらにペースアップ。2位コニカミノルタをぐんぐん引き離して、1位で3区へタスキをつないだ。松枝選手はこの区間で、6人抜き、44分12秒の区間新記録をマークする力走を見せた。

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


2区→3区:第2中継所 順位速報/2018東日本実業団駅伝


第2中継所順位速報(確定)

1着:富士通 松枝博輝(44:12/1:18:15)*区間新記録
2着:Honda 山中秀仁(44:16/1:18:20)+5*区間新記録
3着:コニカミノルタ 蜂須賀源(44:20/1:18:20)+5

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


レースレポート 第1区:潰滝大記選手/2018東日本実業団駅伝


第1区 7位 34:03/潰滝大記 34:03(11.6km・区間7位)

前年度2位の富士通が挑む、2018年東日本実業団駅伝。遅れが後ろに響く重要区間、第1区を任されたのは潰滝大記選手。潰滝選手はスタート直後から集団の後半について、力を温存。1区中盤を過ぎて以降は、先頭集団の中心に位置取りトップを伺う。レースは終盤、残り1.5kmを過ぎたあたりから急激にペースアップ。コニカミノルタら数チームがスパートをかける中で、潰滝選手もしっかりとついていく。

最終的に1位は最後にペースをあげた日清食品グループ。2位にカネボウ、3位に警視庁。富士通はトップと6秒差の7位で2区に襷をつないだ。

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


1区→2区:第1中継所 順位速報/2018東日本実業団駅伝


第1中継所順位速報(確定)

1着:日清食品グループ 若松儀裕(33:57)
2着:カネボウ 大西一輝(33:59)
3着:警視庁 佐藤達也(34:00)
・・・
7着:富士通 潰滝大記(34:03)

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


選手たちにご声援よろしくお願いします!/2018東日本実業団駅伝


おはようございます!
毎年恒例の11月3日、今年もニューイヤー駅伝の切符をかけた熱き戦い、東日本実業団駅伝がスタートしました。

ゴール地点はこちらもおなじみ、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場。現地に来られない方は、Twitterでも実況中継してまいりますので、是非チェックください!

なお今年現地では、選手の通過にあわせて、下記箇所にて応援用小旗を配布予定です。選手にパワーを送りましょう!

スタート:埼玉県庁付近(7:00頃)
1区  :宮原駅前交差点付近(8:00頃)
2区  :北本駅駅前交差点付近(8:30頃)
3区  :吹上駅入口交差点付近(9:00頃)
4区  :熊谷駅北口筑波交差点付近(9:15頃)
5、6区:籠原駅入口交差点付近(5区 10:00頃、6区 10:30頃)
7区  :熊谷スポーツ文化公園内熊谷ラグビー場付近(10:45頃)
※詳しくは特集ページをご覧ください。

今年も応援、よろしくお願いいたします!

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP