高瀬慧コメント/第68回全日本実業団陸上200m予選


200m予選2組 4位:21秒71

高瀬 慧コメント

2週間前の富士北麓ワールドトライアルで感じた課題を受けて練習を重ねてきました。ただ今思うと課題を克服しようと、ちょっとやりすぎた部分があって、今日は足の踏み込みが100%ではありませんでした。決勝へ向けてアップもしましたが、思うように動けず、これでは勝負にならないと判断。次の日本選手権のことも考え、大事をとって棄権することになりました。今考えているのは足首の使い方。柔らかくクッションのようになっているので力が伝わりにくいんです。もう少し硬くしてバネを使えるようにしたいと思っています。日本選手権では決勝に残り、そこで勝負するのが目標。あと2週間、やることは決まっているので、あとはやり遂げるだけです。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


石川周平コメント/第68回全日本実業団陸上110mH決勝


  110mH決勝 2位:13秒69

石川周平 競技後コメント

日本選手権の前哨戦と考え、決勝では13秒4台を出すのが目標でした。スタートから前半は体がスムーズに動き、イメージ通りに走れていましたが、6台目のハードルでやや体が浮いてしまい、7台目でぶつかりバランスを崩してしまいました。レース展開は想定通りで、後半うまく追い上げたいと思っていたので、悔しい結果となりました。ただ課題としている体を立てたままスムーズにハードルを超える動きが前半はできたので、手応えは感じています。日本選手権では、勝負にこだわりたいと思っています。タイムはその日のコンディションに左右される部分があるので、とにかく勝負にこだわり勝つのが目標。勝てばタイムもついてくる、強い気持ちを持って走ります。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子110mハードル決勝/全日本実業団陸上2020


男子110mハードル決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:高山峻野(ゼンリン)13秒51
2位:石川周平(富士通)13秒69
3位:藤井亮汰(三重県スポーツ協会)13秒78


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


豊田将樹コメント/第68回全日本実業団陸上400mH決勝


400mH決勝 3位:50秒63

豊田将樹 コメント

自己ベストに近いくらいのタイムを狙っていましたが、思うようなレースができませんでした。やりたかったのは13歩を使うこと。これまでは14歩でしたが、練習での13歩が好調で「これなら試合でも使える」と、スタートラインに立った時にも13でいくつもりだったんです。けれど条件も悪く、イメージ通りに体も動きませんでした。次は日本選手権です。今日は上手くいきませんでしたが、このままでは終われません。限られた時間でベストな状態に持っていけるように調整し、優勝争いがしたいと思っています。「こういう日もある」と、気持ちを切り替えて、次につなげたいです。

 


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子400mハードル決勝/全日本実業団陸上2020


男子400mハードル決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:安部孝駿(ヤマダ電機)49秒38
2位:小田将矢(豊田自動織機)50秒18
3位:豊田将樹(富士通)50秒63


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP