塚原選手レース後コメント


男子100m決勝 3位(10秒54)

塚原選手コメント
自分で志願したのですが、昨日マイルを走った疲労感がありまして、その影響が大きかったかなと思います。練習もそんなにしてこれていないので、本数はいいのですが、一周はちょっと・・・(苦笑)
この一か月少し、僕の中ではすごく充実していたトレーニングができていて、環境が変わった中で練習した後の再スタートとして、今大会には臨みました。実際に走ってみてやっと楽しくなってきたし、モチベーションが溢れているなという感じです。今までは、気持ちが入らないのに自分で奮い起こしてやっていた時もありましたが、陸上に本当に戻ってこれたかなと。今回は大きな目標は逃しましたが、この楽しい陸上を体にしみこませて、そこからさらに飛躍していきたいと思います。
約一週間後には国体が控えていますので、久しぶりに地元の長野県に戻って貢献してきたいと思います。ここで走ったメンバーがもう一回出てくると思うので“勝ちたい”という気持ちを前面に出して、しっかり勝ちたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


廣瀬選手レース後コメント


男子400m決勝 3位(48秒12)

廣瀬選手コメント
自分で思っていた通りのレースにはなっていたのですが、それでタイムが出せなかったのは、何故なのかなという感じです。悔しいですし、練習してもう一回自分の速かった時期の走りを取り戻すしかないのかなと思います。
タイムが出る時のフォームにはなっているのですが、スピードが遅く、フォームのイメージができていたとしても、うまく走れていた時ほど前には進んでいないという感じです。まだ来年の日本選手権の標準記録をきっていないので、今大会はそれをきることを目標にしていたのですが、今年は調子が悪くて・・・。今年の夏は、去年までの身体能力を戻すためにホッピングやウェイトを使ってトレーニングしていたのですが、力を出すことができませんでした。
今シーズンは春先に怪我した後、崩れてしまったので、最後までいいレースができませんでした。次の大会は国体ですが、本当は自己ベストとかを目標にしたいところなんですけれど、選手権標準をきれるようにやっていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


ダニエル選手レース後コメント


男子1500m決勝 1位(3分42秒69)

ダニエル選手コメント
優勝できてよかったです。後ろがチームメイトの田中選手でしたが、自分の中では余裕を持って優勝できたので、狙っていたとおりの試合ができました。
個人的には外国人記録を狙っていましたが、最初はちょうどいい57秒ペースで走れていたものの、風の影響もあって記録を出せませんでした。そんな風が強い状況の中でも、後ろに差をつけて優勝することができて、とても嬉しいです。
今後については監督と相談することになりますが、ここから東日本駅伝までしっかり練習して、準備していきたいと思います。去年は区間6位だったので、もっといい順位を出せるように、1秒でも2秒でも早く次にたすきを渡して、チームとして東日本から優勝したいと思います。自分ができる限りの力で、チームを支えられるようにがんばっていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


田中佳祐選手レース後コメント


男子1500m決勝 2位(3分50秒85)

田中選手コメント
ダニエルさんにうまく対応して、ついていけたのは良かったのです。ただ、そこまでは納得としても、後半の粘りがもう少しだったかなと思います。あまり1500mの練習もできていなかった中で今回こういうレースをできたというのは、次につながるかなと思います。
今大会は、5000mも含めてトータルで考えて、どれだけまとめて走れるかというのをテーマにしていました。そういう意味では、(予選落ちをしてしまった)5000mは悪かったですが、それなりに1500mはまとめられたかなと思います。
次はおそらく東日本駅伝に向けて、調整していくことになると思います。まわりの方が強いので、そこでメンバーに絡めるように、チーム内の競争を激しくできたらと思います。夏の練習で距離を走って、今回でスピードへの切り替えもうまくやれたので、これを駅伝につなげられるように、もう一回気合いを入れなおしてやっていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP