高橋英輝選手 試合後コメント


高橋英輝 1位 1時間18分26秒

今回は自分がレースをひっぱる立場だったので、難しい部分もありましたが、最後までペースを維持できて良かったです。一週間前ぐらいに少し調子を崩して心配はあったのですが、大会前まで良い練習ができていたのもあって、最後まで気持ちを込めたレースができました。

うまくリズムにのれず、ストレスを感じながらのレース展開でしたが、ラストで勝負できればいいと考えて歩けたのが良かったと思います。もう少しスピードにのって最初から最後までいきたかったのですが、そこは次の課題にしていきたいと思います。

体的にも精神的にもきつかったですが、ラストスパートできるだけの力は残していたので、それはうまく調整できたと思います。後ろの2人の選手も最後まで諦めていなかったですし、自分もペースダウンしましたが持ち堪えられた。最後に1位でゴールしたいと考えていましたが、できる確信はなかったので、達成できて嬉しく思っています。

昨年度の世界選手権では悔いの残るレースをしてしまったので、五輪はしっかり自分のなかでイメージして挑みたいと思います。オリンピックは子供のころからの夢だったので、楽しみにしながらレースに臨みたい。今後は、自分の実力を常に発揮できる力が必要ですし、夏にこういったレースをしなければいけないと思うと力不足は感じています。これからは夏場の練習に力をいれていきたいと思います。

今回の日本選手権も、昔は自分が出られる大会だとは思っていませんでしたし、子どものころは全国大会でさえも出られるとは思っていませんでした。そういった意味で、五輪などの大きな大会に出られることを楽しみたいですし、これがスタートラインだと思って、これからもしっかりやっていきたいです。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]