【東日本実業団駅伝】レースレポート 第2区:福井誠


第2区 9位 1:22:57/福井誠 46:26(15.1km・区間9位)

強豪揃いのエース区間2区。第1中継所では、わずか10秒の間に10チームがひしめく混戦の中で福井選手は3番手でタスキを受ける。あっという間に縦に長い列になり、5位集団の後ろの9番手につける。そして、9位のままタスキはワウエル選手へ。

福井選手
「納得はいってませんが、悔やんでもしょうがない。レース全体で言うと、本当に“なんだったんだろう”って感じですね。前に何人かいたんですが、対応できなかったというか、詰めることもできずズルズルといってしまう形になってしまいた。向かい風だったので、走って体が温まってくれば大丈夫かなとも思ったのですが、体がついてこなかった。体と心が全然合ってなかった感じですね。流れを悪くしてしまったのは申し訳ないですけれど、後半で巻き返せるようなチームでないと強いチームとは言えない。ニューイヤー駅伝では、いやでも優勝チームとして注目されると思うので、完成度の高いチームで臨みたいと思います。もちろん優勝は狙っていきますが、自然体で臨んで、いい経験の舞台になればいいなと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP