【ニューイヤー駅伝】コース紹介vol.4 第3中継所:絹織物で栄えた「伊勢崎市」


第3中継所 通過予想時間 10:43

3区は玉村町を通り、第3中継所のある伊勢崎市役所へと進みます。伊勢崎市は人口約21万人。桑の栽培に適した土地で養蚕が盛ん。絹織物の街として知られています。そしてこの伊勢崎の商人たちが上京した際に持ち帰って、名物になったと言われているのが「伊勢崎もんじゃ」。子供のおやつとして親しまれています。特徴はイチゴシロップを入れた「アマ」と、カレー粉を入れた「カラ」というメニューがあること。両方入れた「アマカラ」もあります。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP