【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第4区:堺晃一選手


第4区(22.3km) 4位 2:41:15/堺晃一 1:03:26(区間2位)

各チームのエースが走る、レース最長区間の第4区。22.3kmにわたるこの区間を、富士通はチーム2年目の堺晃一選手に託した。

8位で襷を受けた堺選手は、序盤からペースを上げてトップを追走。2人を抜いて8km地点を通過すると、10km地点ではトップと1:14秒差の6位で通過。中継地点でのトップとの差1:27秒を10秒以上も縮める力走を見せた。

前半をかなりのハイペースで飛ばした堺選手。それだけに後半のスタミナが気になるところだが、トップを走るトヨタと日清食品グループの2人を視界にとらえつつ、約350m以内の差をキープ。区間終盤の残り4kmもペースを落とすことなく素晴らしい走りを披露。最終的に富士通は、ゴール前で5位のコニカミノルタを交わし4位で第5区へ。堺選手は、区間2位となる1:03:26秒で4区を走りきり、トップとの差を48秒まで縮める大活躍を見せた。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP