男子110mHに田野中選手が出場!


男子110mHには、09、10日本選手権連覇の田野中選手が登場!

レース自体は13秒前半の自己ベストを持つライアン・ウィルソン選手(米国)や史 冬鵬選手(中国)の優勝争いだが、日本王者の田野中選手がどこまで食い下がれるかだが・・・

◆男子110mH
1位:ライアン・ウィルソン(アメリカ) 13秒73
2位:史 冬鵬(中国) 13秒78
3位:デクスター・フォーク(アメリカ) 13秒79
・・・
6位:田野中輔(富士通) 13秒89

得意のスタートで少々つまずいた感があった田野中選手は、そこからなかなかトップスピードに乗り切れず、6着でフィニッシュ。
タイム的にもやや悔いの残るレースとなってしまった。しかし、そこはベテラン。落ち込む暇などなく、修正点をすぐに把握し、次レースに向けて頼もしいコメントを残してくれた。

田野中選手コメント
アップしている感じは悪くなかったのですが、ハードルを跳び始めたら、訳が分からない状態になりました。今日はいい天気だったので、気持よく走りたかったのですが・・・。織田記念(4月29日)ではピリっと走れたので、調子自体は良く、それだけにもったいないレースでした。課題はスタートで、初速が出ませんでした。
原因はほぼわかっているので、それほど焦ってはいません。世界陸上の標準記録はこれから出る大会で、狙えるときに狙っていきます。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP