第4区:星 創太選手 競技後コメント


第4区 星 創太 1:05:55(22.0km・区間24位)

今日は少し体が重かったので、無理してペースを突っ込むよりも、22㎞というトータルの距離を考えてレースを進めれば良かったなと、今になれば思います。意気込みが空回りしてハイペースになってしまい、後半つぶれてしまったので、もう少し冷静な判断力が必要だなと感じました。

前、前という気持ちだけしかなく、区間新の選手のペースについていってしまったので、最後で力を出せなくなってしまいました。調子が良ければ、その人について粘れたと思うのですが、それは大会に向けて調整しきれなかった部分だと思います。優勝を狙っていたのに逃してしまって悔しいですが、これも駅伝。若いチームにとって今大会は貴重な経験になりますし、来年も同じようなメンバーで走る可能性があるので、この悔しさは優勝という目標に近づくための力に変えたいと思います。

今後は怪我をしないように練習をしっかりこなして、その積み重ねを点ではなく線にしていきたいと思います。そうすれば長い距離でも走れるスタミナがつくと思いますし、まだスピードも磨けると思っているので、両方強化していきたいです。後は、もっと冷静にレースを展開できるようになって、来年また頑張りたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第57回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP